龍谷大学野球部惜敗

| コメント(14)

wakkykenさんがお勤めの龍谷大学の野球部が、第57回全日本大学野球選手権大会に出場を決め、今日がその初戦の日でした。場所は、もう我が家から徒歩5分という東京ドームです。これはもう応援に駆け付けなくては罰があたるというものです(^^;
とうわけで、野球にはさほど詳しくない僕ですが、とにかく「龍谷大学が勝利する瞬間の写真を撮るのだ〜!」とばかりに、カメラを抱えて東京ドームへ...。

試合は、ともに譲らず...という感じでしたが、8回の表までは、龍谷大が3-2でリード。が、その裏、中部大の打者にホームランを浴び、同点に...。そのまま延長に入りました。そして、10回の裏、1死満塁のピンチ。そこで中部大の打者に二遊間を抜かれ、残念ながらサヨナラ負けしてしまいました〜。

というわけで、予定が狂い(^^; 龍谷大学がサヨナラ負けした瞬間の写真をアップするはめになってしまいました(^^; でもね、龍谷大学の野球部の皆さんも、応援団の皆さんも、一生懸命でしたから...。爽やかな負けっぷりに拍手です!

【場所】文京区後楽1丁目です。

コメント(14)

masaさん、どうもありがとうございます!!僕も、授業や会議がなければ応援にいきたいところだったんですが、なんだか替わりに応援していただいたようで、申し訳ありません。本当に、ありがとうございました。心からお礼申し上げます。結果は、masaさんに応援していただいたにもかかわらず、残念なことになりました。う〜ん、この「サヨナラ負け」をこれからにつなげてほしいですね。捲土重来です。しかし・・・http://jp.youtube.com/watch?v=siIW474_LEI

頑張った龍谷大野球部の皆さんに拍手ですね!!
それにしても・・・
http://jp.youtube.com/watch?v=siIW474_LEI
で笑ってしまいました(^^;

masaさん、写真を細かく拝見。これは、サヨナラ負けをした決定的瞬間ですね・・・。う〜ん臥薪嘗胆、、、です!!

>wakkykenさん
はい、代理(^^;のつもりで応援してきました。8回までは、なんとか1点差を守って逃げ切るのでは…と思っていたのですが、裏の一発が痛かったですね〜。残念ですが、清々しい負け戦でしたよ!
http://jp.youtube.com/watch?v=siIW474_LEI
には大笑いさせていただきました!(^^;

>アンさん
何か?と思いきや…ですね。僕も大笑いしました(^^;

>wakkykenさん
そうなんです。サヨナラの場面なんですよ。よ〜く見ますと、センター前に転がっている白球が見えているのですが…。

あっ!!みえた、白球がみえました!!
それにしても、天下の『Kai-Wai散策』を私物化してしまっているようで・・・ファンの皆様には本当に申し訳ないです。masaさん、いろいろお気遣いくださいまして、本当に、ありがとうございました。

>wakkykenさん
見えますでしょ! あれが二遊間を抜けた球なんですよ〜。ところで、て、天下…とは恐れ多いことを…(^^;
他にも、受付をなさっている学生さんや応援団席の写真なども撮ってきましたので、wakkykenさんにお送りしようか?と思ってます。

masaさん、あっ、ぜひ送ってください!!
うれしいな、うれしいな、ルンルン♪
あっ、負けしたんでした・・・(--;;。

>wakkykenさん
了解です! 後ほど…メールにて…です。
でも、決勝戦まで行って負けるより、初戦で…のほうがあきらめがついて良いかも?ですね(^^;

おはようございます。
5つ違いの兄が、30数年来、本郷1丁目(本郷税務署の斜め向かいあたりです)に住んでいます。masaさんのご近所かもしれませんね。
"アキバの墓標"、拝見しました。加害者と同じ世代の子をもつ者として、やるせない気分にさせられる事件でした。かつて深川で覚醒剤中毒の男による通り魔殺人事件がありましたが、今回はどこにでもいるような青年による犯行。われわれの社会の病理が、ここまで深まっていたことに今更ながら驚かされた次第です。昨日、家族の"謝罪会見"があったようですが、家庭内における生育史に原因を求めるような論調にも違和感を覚えています。しばらくの間、ニュース番組は見たくない。そんな気分です。

>Rambler5439さん
お兄様が本郷1丁目にお住まいとは…(本郷税務署はいまは西片のほうに移転しています)。ご近所もいいとこです。
今回の事件につきましては、どなたもが、考えてはみるものの、途中で思考が停止してしまう(停止せざるを得ない?)ような状況に陥るようですね。あまりの事の重大さと、闇の深さに…。しかし、人の心(脳)の寒冷化・暗黒化を直視し、それへの対応を必死に考えなくてはいけないと思わされます。遠大なことですが…。

みんなにピントが合って止まっているというのも、なんだか新鮮に感じます。
見る人によっては、メデューサみ見つめられたような凍りついた一瞬になり、あるいは忘れられない大切な一瞬になっているんですね。

>玉井さん
こんばんわ。スポーツ紙などの写真には、ここまで広範囲に写す構図はあまり見られないと思いますが、こうして、プレイヤー全員を、ひとりひとり見てゆくと、それはそれで面白いな〜と、僕も思っていました。
が、通常はこうは見えないにもかかわらず、僕たちにこう見えている…と信じ込んでいるフシがある…というのが、時差ボケスタイル(^^;を思いついた理由でもあります。
試合を見ていまして、写真1枚で、試合を伝えるには、やはり、こうかな…と思って撮ったものです。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa