月光町秘話

| コメント(10)

今日の写真は、もうどうしようもなく地味です(^^; はい、ただの空き地利用の駐車場です。しかし、これが、実は、ただならぬ空き地だったのです。

今日は、いまにも雨が降り出しそうな天気でしたが、用あって、目黒本町に行っていました。この辺りは、以前にも歩いたことがありますが、目黒本町…という響きからは想像できない、バラック系の家が連なる一画が残っています。地元の方に聞いてみると、それらの多くは、戦後、その場しのぎで建てられたバラックが、改築や増築を繰り返し、今日まで生き延びてきたものだそうです。それらの建物の写真も撮らせていただきましたが、今日は、それではなく、そんな話のなかで飛び出した、ちょっとビックリ…な話題です。

この写真の空き地は、それらバラック系建物のすぐ隣にあるのですが、ここには、かつて、月光館という芝居小屋(平屋)が在ったのだそうです。昔、この辺りが月光町と呼ばれたことから名付けられたようですが、そこでは、旅回りの劇団が公演し、なかなかの人気だった…とのことです。そして、その月光館で公演する役者のなかで「都かすみ」という女優がいい女でとても人気があったとか…です。
が、その後、映画の時代になり、芝居が衰退したため、月光館はキリン座と名前を変えて映画館としての営業に入り、そして、そのまた後には、ストリップ劇場に変身。営業時間になると、生バンドの演奏する音が隣近所に鳴り響いていた…とのことでした。

この話をしてくださったのは高齢の女性でしたが、その方は、実は、その劇場で切符売りをしていた…とのことです。そして、途中から話しの輪に加わってくださった72歳という男性は、「親父は大工だったから、この辺りには親父が建てた建物が多くあった。月光館も親父が建てたんだよ」とのこと…。お二人ともよくご存じなわけです(^^;

写真で言えば、駐車場出入り口の辺りに、月光館の入場口があり、奥のほうに舞台があった…とのことです。劇場の変遷の年…などは、はっきりしませんが、ともかく、戦前から戦後の復興期にかけての話には違いありません。そんな話の断片を材料に、想像力を膨らませて、この写真中の空間に、劇場または映画館を思い描いてみてください!(^^;

【場所】目黒区目黒本町3丁目あたりです。

コメント(10)

良いお話聞かれましたね〜。

masaさんは 大阪にお越しになった時 松屋町というおもちゃの町に行かれましたか?空堀や谷町の近くです。
そのすぐ近くには 末吉橋という橋が有って、その北側に昔は小さな映画館が有りました。その事を思い出しました。
映画館は 今程大げさな物じゃなくて きっと町の芝居小屋程度或いは 芝居小屋がそのまま映画館に成っていたんですね。
今よりもっと 身近で生活に根付いていたのかも。テレビも無いしね。

週末には 父と母に連れられて その映画館に行っていました。
「大菩薩峠」とか「多羅尾伴内」とか訳分からないまま見さされていました。懐かしいな〜。
でも、子供の人格形成には どうだったんでしょうね!?

>光代さん
松屋町ですか〜瓦屋町のお隣ですね? 残念ながらファウルチップという感じです。かすってますが、足は踏み入れていないと思います。残念…。
昔は、確かに、町には小さな映画館がけっこうありましたね。僕は、子供の頃、映画館で映画を観ていると頭痛がしたため、映画館にはあまり行きませんでした。いまから思うと、それが、映画をあまり観ない…という原因になったのかも?と思います。
ところで、光代さんのジャズのルーツは大菩薩峠???(^^;

月光町と聞くとつい子供向けテレビアニメーションのおじゃる丸が住んでいる町ということを思い浮かべてしまうのですが、Wikipedia 見る限りではどこがルーツだという話はなく、ただ、子供向け番組ながら侮れないアニメではあるので、ひょっとしたら?とつい思ってしまいます(ま、ひょっとした場合、月光館が出てきても良さそうなので、それが描かれてない現時点ではひょっとしない可能性の方が高そうですけど)。
ちなみに軽く数ページググった限りだと、月光町という名前が実際に使われてるのは、他に北海道と京都にあるようですね。

ところで masaさんのルーツにあまり映画がないという話は、なぜか妙に頷けてしまうところがありました。それは masaさんの撮られる写真から感じられる強度のようなものに、その抜けた分が逆転写するように現れてるのかな〜なんて(^^;)

>m-loiusさん
僕は漫画・アニメにも弱く、「おじゃる丸」がまたサッパリなんです(^^; きっと、もう歳なんでしょうね(^^; もう引退を考えたほうが良いかな?なんて…(^^;
ところで、月光町の由来ですが、『東京の地名由来辞典』には、「江戸時代の村絵図では「月光」称は記されていないが、明治期には、字向原の内に月光原という地名が確認できる。(中略)昭和7年10月の目黒区成立に及んで正式に町名として成立した。町名が月光原に因むものであることは間違いないが、この「月光」自体の由来は定かではなく、「日光ー月光」といった言葉をもとに僧家が選んだのではないかと推測する向きもある(目黒町名沿革誌)。」とあります。
しかし、まあ、目黒本町と変更してしまうには惜しい町名ですよね〜。
ところで、ルーツに映画欠如の話ですが、ご指摘のように、それが一種のコンプレックスになっている可能性はありますね(^^;

おはようございます
masaさま・・・漫画アニメに乗り遅れたお方?私は完璧に乗り遅れました!

当時の面影が残って佇むのは素晴らしいですけれど・・・無くなってしまった場で彼方に思いを馳せるのも・・・かえって思いが膨らむものですね〜

月光町・月光館の名残が「“月”極駐車場」という訳・・・ではないですね。

>chatnoirさん
こんにちわ。はい、漫画やアニメに"も"完全に乗り"忘れ"た…という感じです(^^; とにかく、皆さん、様々なことをよくご存じで、なかなか着いていけません(^^;
面影が残っていますと、それを材料に、思い浮かべやすくはなりますが、それが返って、想像力のカセとなることもありますよね。この場合は、何も無いことが、返ってロマンを感じさせました。このネコは、もしや都かすみの化身ではなかろうか? とか…(^^;

>やまだsan
わははは、いや〜そうきましたか〜。妙に納得です(^^;
ところで、「月極」と「月決」の分布ってどうなっているのか?というのが、時々コメントをくださる館淳一さんのサイトで話題になったことを思い出しました。これ、気になり始めると気になります(^^;

突然のコメントで失礼いたします。「月光館」で検索してたどりついた者です。

その月光館、実は戦前までうちの母方の祖父が所有していました。「よっちゃん」と言う、チョビひげのオヤジです。小屋主でありながら活弁もやっていたのです。母は映画の封切り挨拶のために来たエノケンに頭をなでてもらったそうです。

祖父は昭和15年に亡くなり、映画館も人手に渡ってしまいました。

えっと、それだけです。おじゃましました。

>花色木綿さん
こんにちわ。ネットの世界は本当に恐ろしいですね。まさか月光館に直接的な所縁のおありの方からコメントを頂こうとは夢にも思っていませんでした。逆に言いますと、「なるほど月光館」とも思います…。とにかく、貴重なコメントをありがとうございました。これを機に、これからもどうぞ宜しくお願いいたします。(これからブログ全体をhttp://kai-wai.jp に移植しますので、もしも、これからもご訪問いただけるのでしたら、そちらにお願いいたします)



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa