月光町残景

| コメント(16)

ここは、昨日エントリーした駐車場に隣接する一画です。この辺りは、戦時に、全焼とはいかないまでも、一部を残し、焼失しているそうです。その焼け野原に建てたバラックが、ここに写っている建物の前身なのだそうです。手前に見える建物などは、いかにも…という感じですね。が、こちらには、もうどなたも住んでいないとのことでした。

ここで、昨日も登場願った、親父が大工…という男性がしてくれた、面白い話をひとつ…。
戦争直後は、高い建物(二階家など)を建てることが禁じられていたそうですが、その法をかいくぐるため、男性の父親が考えたことに、一階半くらいの高さの平屋を建て、その土台部分に盛り土をして、地面からの高さを低く見せておくのだそうです。そして、ほとぼりが冷めた頃に、上に建て増すのではなく、既にある建物を持ち上げ、その下に、下駄をはかせるように建て増しし、二階家に仕立て上げるのだそうです。なんとも考えたものです(^^;

男性の家もそうした二階家だったそうですが、それが在ったのが、ピンクの自転車の見える位置なのだそうです。古いボロ家だった…ということですが、昔は、男性の父親が、家のなかに木の風呂を作っていたため、すぐそばにあった月光館の座長クラスの役者が湯をつかいに来て、湯から上がるといろりを囲んで飲んでいた…なんてことが日常だったのだそうです。
そのボロ家は既に取り壊され、土地も人手に渡り、跡には今風の新築の家が建っています。芝居小屋ももう跡形もありません。こうした話を聞く機会がなかったら、想像すらできないことですが、そんなエピソードが埋もれていますね〜 町のいたるところに…。

【場所】目黒区目黒本町3丁目あたりです。

コメント(16)

>みなさま、こんにちはご無沙汰しております。
ウ〜ン、昨日から薀蓄のあるコメント禁を破って、出て来てしまいました与。

>やまだsan >masaさん
わははは、なにやら南西の方から笑い声が・・・、なにかと思ったらmasaさんでしたか。いやいや菊坂からも笑いが沸いております。やまだsanおみごと。
それに、光代さんのジャズのルーツは大菩薩峠???(^^; も・・受けておりました与。
ホントにそうかも・・・(^^; 

小生も目黒界隈、以前良く仕事で廻りましたが「月光町」のエピソードは知りませんでした。何か熱海「海光町」の海が光るように、銀波たなびくような月光が映える「右京山」のような場所だったのかなあ、素敵な町の名前だなあと、思っていました。
コメントを読んでいると何か、切符売りをしていた女性の方と、話しの輪に途中から加わって下さった72歳の男性と、masaさんとの会話の輪が広がっている光景が目に浮かぶようです。今日はまた、森川町の一階半建てのような半端な規格の足軽長屋のような物を想像してしまいました。あっでも、ほとぼりが冷めたら・・・頭イイと、関心して拝読致しました与。そうそう、遅ればせながら銀座店頭、おめでとうございます。共に(草場の陰では無かった)、ブログの陰より喜んでおります。本郷−菊坂の与太郎+紫雲 老人形館じじい仲間より そろそろ第二版ですか・・。

>菊坂の与太郎さん
こんにちわ。コメントをありがとうございます。
目黒本町界隈は、滅多に歩くことがないのですが、局地的ではありますが、かなり魅力的な建物などが残っていますね。カテゴリー目黒区をクリックしていただくと、一目瞭然だと思います。それにしても、月光町という町名は素敵ですよね〜。これは何としても残すべきだったと思えてなりません。
ここは、下町をウリにしている下町には無い下町の雰囲気がありましたね〜。住人の方々がとにかく人なつこくて人情あって…。機会あれば、またたずねたいと思わされます。
ところで、写真集ですが、第二版なんてとんでもないです。初版1000部の大半がまだ存在感いっぱい(^^;で残っています。これから…です。どうなることやら?です(^^;

月光町が本町に変わったは面白いです。
逆なら何となく分かりますが。笑 こういうのを月光仮面なんて言っちゃって。汗 何々本町と呼ばれる所はkai-waiモードが多くて驚きます。 masaさんが出現される必須アイテムのひとつに、錆びたトタンがあり、刷り込みでしょうか? あと、区部で練馬にはカキコがないので寂しいです。泣 最後に区になったとは言え、江古田近辺は以外と渋いです。 さて、今週は白山界隈でデモじゃない、パレード遣るんで頑張ります。

こんばんは。
見事な情景ですね。
目黒区の住民だったことがあるにもかかわらず、目黒本町という街があることすら知りませんでした。昨日の月光館秘話を拝見して以来、Google マップの写真と1/10,000地形図を交互に眺めては、年甲斐もなくコーフンしまくってます(◎_◎)/。東京は果てしなく広く深いですね。

>FK_Snoopyさん
町名の変更は、行政の能率を考えてのことでしょうが、とにかく風情や土地柄が感じられる町名が多く消えてますね。月光町にしても…やはり惜しい気がします。
トタン張りの建物は、やはり、どういうわけか惹かれます。しかも、これから増えることはありませんからね〜。ところで、仰いますように、練馬区のエントリーが、なんとゼロですね。これは自分でも驚きました。江古田駅は、中学高校と、6年間利用した駅ですし、馴染みはあるんです。これはなんとしても近々…です。

>Rambler5439さん
なんと目黒区民でもいらしたのですね。そのRambler5439さんがご存じなかったのですから、僕が、この辺りで驚いても不思議はありませんね。しかし、仰いますように、東京は広く深いですね〜。とても網羅できるものではありませんね。歩けるかぎりコツコツ…しかなさそうだ…と思っています(^^;

>masaさまへ アア、よかったまだ在りますか。 お給料が入ったので早速近くの本屋に追加注文に行きますね。
そりぁあそうですよね、1000部ですよ。ついこないだ発売したばかりですし、拠点販売ですから、初版本もう一つ手に入れるぞー!!。
第二集「写真集」も楽しみにしています。  本郷−菊坂の与太郎

>菊坂の与太郎さん
ほんとにほんとに、温かい応援、ありがとうございますm(__)m
近隣ブロガーの方々やコメントをくださる方々、ほんとに多くの方にお求めいただきました。一般書店での取り扱いがはじまり、これからが正念場になります。
しかし、写真集の製作は、スタッフに恵まれたこともあって、とても楽しいものでした。次…やはり考えています(^^; また、いろいろとお知恵を…お願いいたします!

>masaさんへ
いやだ〜、masaさんホントに与太郎もう一冊欲しいんですってば〜。  だってmasaさんのサイン入り本は、お宝ストックとしておいて、普段疲れた時など、何気なく別な空間に行くために、手元に置いといておきたいじゃ〜ないですか。
他の方もそうなんじゃないでしょうか。小さな贅沢かな〜。 一般書店での取り扱いが始まり、これからが楽しみですね。

そうですか、今回はまたとても制作スタッフに恵まれたり。応援して下さる理想の拠点店頭配置が実現したり、それにwakkyken教授を初めとした強力なサポーターが沢山ついていらっしゃるのでよかったですね。
これもヒカル、masaさんの写真技術と、お人柄のせいかしら・・・カフェ杏奴で、LOVE GARDENの素敵な(回し蹴りキック付の愛情が注がれた)カップで手に手に自分で手に入れた写真集を見ながらWai-Wai 気の合った仲間とトワイニングで云うと紫缶のダージリンなど飲んだらどんな素敵な光景だろうと妄想してウットリしてしまいました与。おっと! 一階の ニューヨークが空いたようで、呼ばれました。身を清めてきます。では・・、どなたさんも、お買いなすって・・・  本郷-菊坂の与太郎より

>菊坂の与太郎さん
僕も、本当に気にいったものは、スペアを持つことがありますが、僕の写真集にそんなふうに言ってくださって、ありがとうございますm(__)m
しかし、今回は、近隣ブロガーの方々に本当によくも…というくらいに支援していただきましたし、助けていただきました。
が、これからは、あの写真集が独歩を始めるのだな〜という感触があります。どこまで行けるのでしょうか…。ま、在庫を抱えてしまったら、アキバ路上販売…なんて手も考えなくては…です(^^;

はっはっはっ、そうですね、その手もありますね。 その時は一緒に売りましょう。 本郷-菊坂の与太郎

>菊坂の与太郎さん
おおお、ほんとですか。嬉しい、ありがとうございます。アテにしてますからね(^^;

トントン >masaさま
ほっほっほっ、イザとなったら一人よりは二人、二人よりは三人の方が少しは楽かも知れません与。 
UPが無いようなので忙しのでしょう。 ちょつと寂しいけど、怪我と健康に気をつけて下さい。
喉の痛くなるへんな風邪、流行って来ています。 
寝る前の表敬訪問でした。  本郷-菊坂の与太郎より

>菊坂の与太郎さん
ハ〜イ、目覚ましコメント(^^;をありがとうございます。僕は元気なのですが、郷里のことなどに気が行ってまして…。歳とともに、あれこれ処理することが増えます(^^; 
とにかく、いつもご声援・ご支援くださいまして、ありがとうございます。

>丁寧なmasaさんへ
わざわざ応答スミマセン、了解です。色々な時の移ろい問題があるようで・・タイヘンですね。
では、波が静まるのを待ってま〜す。     お静かに・・・与太郎+紫雲

>菊坂の与太郎さん
温かいお気持ち…ありがとうございますm(__)m



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa