江戸一ショッピングセンター

| コメント(4)

今日の写真も、先日、江戸川あたりを歩いたときに撮ったものです。

やはり江戸川あたりの写真を使った前エントリーに「結構な店舗数のエトワールなる古い商店街が存在する」と書いていますが、今日のお店は、その商店街で目にしたものです。

ご覧のとおり、能登屋という御菓子屋さんですが、なんとなく周囲の様子が普通ではないとお感じになると思います。その通りで、このお店は「江戸一ショッピングセンター」という名の、アーケードとも何ともつかない建物のなかに入っています。古い駅前などに、時々見かける、テナント平屋(^^;という感じのものですね。

したがって、本来は、この通路の両側に店が並び、明るく賑やかな光景が見られてしかるべき場所です。が、現実には、このとおり閑散としていています。どうも、この御菓子屋さん1軒だけが営業をつづけていらっしゃるだけ...と見受けました。ま、こちらのお店がかなり元気そうなのがすくいでしたが...。

それにしても、最寄り駅・瑞江からもそう近くはなく、瑞江ができる前の最寄り駅・小岩からは遠く離れたこの場所に、どうしてかなりの規模の商店街...しかもその商店主の多くは2代目と聞きました...が成立したのか?と考えると、やはり、この近くを流れる旧江戸川を利用した水運によるもの...としか考えられません。

というわけで、とりあえず『川の地図辞典』(P426-429) を見てみると、明治の頃は、周囲は川と水田だらけ...。その後も堀川が存在しています。ということは、まず間違いなく、水運が生んだ商店街という感じですね。ま、次回、そのあたりを地元の方にうかがってみようと思います。

【場所】江戸川区江戸川1丁目あたりです。

コメント(4)

能登屋さん
確か~四ツ目通の東陽町駅付近に出店があった記憶があるのですが~
お赤飯を置いてある古くからのお店は、懐かしい味で美味しいはずです!
蒸篭が無くなり・・自宅でお赤飯を炊かなくなり・・
各家庭のお祝い事などを、お菓子屋さんが一手に引き受ける・・・
重要(?)な役目を果たしてくれる貴重なお店・・・
お馴染みさん♪ 双方で大事にしてるって感じがします(^^♪

>chatnoirさん
こんにちわ。なんと凄い記憶をなさっていらしゃいますね〜。その能登屋さんは、ネット検索で出てきました。こちらhttp://www.k-net.koto.tokyo.jp/business/page/page.jsp?p_duserid=00018635でしょうか? 江戸川の能登屋さんとの関連はわかりませんが、都内のお店は意外なところで意外な結びつきがあったりしますから、聞いてみないことには…ですね。
こちらのお店ですが、いまはおばあちゃんが腰を上げてらっしゃいますが、その前は、店の前に置かれた椅子に座って、店の方とおしゃべりをなさってました。

あら~記憶より綺麗になって~(^^♪
きっと評判が良くて伸びているのでしょうね?
東陽町駅を利用する時にはいつも前を通っていたので覚えているのです。
お昼時にはお弁当を買い求める人が歩道を占領!チョット困りました!
江戸川区と江東区・・・隣組って感じですものね?
案外お身内か暖簾わけだったりして・・・な~んて勝手に想像してます(^^♪

>chatnoirさん
こんばんわ。URLのお店だったようですね。実は、今日、東陽町に行ったのですが、なんと、このお店をチェックするのを忘れてしまいました〜。なんという気の利かなさ……。とほほでは済まないです…まったく…(^^; 次回、東陽町か江戸川のいずれかに行ったときには必ず、両者の関係についてチェックしてきます…忘れなければ…(^^;ですが…。最近どうも…(^^;(^^;なんです。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa