目黒の元寝具店

| コメント(4)
目黒本町にある仕舞た屋らしき古い建物です。手前の空き地(僕の立っている位置)は、この近くのカメラ店の駐車場になっています。

そのカメラ店というのは、新品・中古を問わず、時々、国内最安値か?と思われる価格で販売することのある店で、僕もごくたまに...ですが、訪ねることがあります。そんな時、どうしてもこの仕舞た屋の前を通ることになり、そのたびに気になって...というわけです。

で、この建物について...です。
最初にこの建物の前を通りかかったのは、3年ほど前のことだったと思いますが、その時は、夜で、ガラス戸の向こうの棚に、電球に照らされた、祝儀袋や洗剤、ちょっとした文具などが見えましたので、「あ、以前は雑貨屋さんだったのかな?」と思っていました。

が、その後、通りかかったときに、通りに面した側の看板に、経年変化による褪色と錆びで消えかかってはいますが、何やら文字が書いてあることに気づきました。じっくり見てみると、正面に「吉野製綿寝具株式會社」そして側面に「古橋商店取次店」と書いてあるようです。

ま、だからどうした...わけでもないのですが(^^; この清廉なスッキリ感...良いですよね。

【場所】目黒区目黒本町2丁目あたりです。

コメント(4)

わ~!ポッンと取り残されていますね。
これからの時期、マンションも売れなくなるでしょうから
がんばって残ってほしいものです。

>MARUさん
こんにちわ。こういった家と環境を見ていますと、キチンとフツーにモノを大事に暮らしつづけていたら、いつの間にか…という図が浮かびます。世相ってコワイものがありますね。マンションが売れなくなり、オフィスビルに今以上に空きが目立つようになって、世相はまたどう変わるのか…興味深いですね。

空き地(駐車場)には酒井さんいうお米屋さんがありました。
昭和30年代の頃ですがウチに配達に来てもらっていたので
良く覚えています。なつかしいですね。

>純米大吟醸さん
こんにちわ。そうですか…この空き地にはお米屋さんが…。昭和30年代といいますと、まだ米穀通帳(^^;なんてものが在った時代では?と思います。お通い帳(^^;とかも…。そんなことを思いますと、僕たちは、短時間でとんでもない変化の波に洗われているわけですね。…いや、貴重な地元情報コメントをありがとうございました! これからもどうぞ宜しくお願いいたします。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa