旧江戸川 土手した

| コメント(18)
ここ二、三日、江戸川区の東南端 (ということは、東京の東南端でもあり) あたりを歩いていました。

川の土手あたりというのは、そうでなくとも、街なかとは風景が異なりますが、極端な言い方をすると、そこは「地の果て」ともなりますから、場合によっては、アッと驚くような風景に出会う確率が高いように思います。

が、旧江戸川に沿っては、自転車歩行者専用道路が整備され、家々も多くは建て替えられています。したがって、旧江戸川の昔を偲ばせるような風景は少ない...いずこも同じ...というのが、歩いての印象です。

この場合は、アッとは驚きませんでしたが、オ...くらいには...ですね(^^;

【場所】江戸川区東葛西4丁目あたりです。

コメント(18)

masaさん、こんにちは。江戸川近辺、集中して歩かれているんですね。ご一緒できないので(^^;;、仕方なく、GoogleMapで参加です。航空写真で、この地域を拝見すると、masaさんと同じように「アッ」という感じが少しあります。小さな農地(自給程度ですが)があり、古い時間を経過したと思われる家々があり、駐車場があり、アパートがあり、ピカピカの家々もある。なんだか、時代の違う小さな空間がパッチワークのように連なっているような気もします。このあたりは、土地区画整理事業をずいぶん長い年月をかけて進めています。下は、その説明です。
-----------------------------------
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/cpproject/field/kasaiekigu/kukakuseiri169.html
「本地区は道路等の公共施設が不足している中、地下鉄東西線葛西駅を中心とする市街化の影響を受けて、既存の道路沿いを中心に民間開発等による住宅の建設及び工業の立地が増えている。また国鉄京葉線の開通が間近となったことから一層スプロール化に拍車がかかり低質な不良市街地を形成する恐れが十分ある。そのため、本事業では都市計画街路補助289号線及び補助292号線の未整備区間の整備に対応することと、地区内の区画街路及び公園等を整備して土地利用の適正化を図り、健全な市街地の形成による地元住民の福祉増進を図ることを目的とする。」
-----------------------------------
おそらく、「国鉄京葉線の開通が間近となったことから」なんて説明になっていますから、都市計画決定された昭和40年頃のことなのでしょうか。認可公告日は、それから四半世紀近くたった昭和62年です。財政的な問題なのか、地元の合意形成に関する問題なのか、そのあたりの事情はよくわかりませんが、土地区画整理事業がうまく進まないまま、ミニ開発が進んできたということなんでしょうか。土地区画整理事業は、来年の3月までのようです。ということは、ほぼ事業は終わっているようです。江戸川区東葛西4丁目のあたり、南北に道が走っていますが、江戸川から西にむかって4本目と5本目のあいだの狭さなんてのは、きっと何か事情があったんでしょうね。

このあたりの道路の様子、古い地図と重ね合わせてみてみたいです(今のところ、その余裕はないのですが…)。埋め立てられた堀だとか、そういうのが確認できると楽しいでしょうね。

あっ、『Kai-Wai散策』がグレー版になってから、初めてのグレーの塊…(^^;;。

おっ、キテますねぇ~。見方によってはメルヘンチックにもみえますよね。
周りを森にして、奇妙な動物や可愛いお姫様を住まわせてパッカパッカと白馬に乗ったmasa王爺様を登場させると面白いかもです。(^^;
あ、先日、富岡さまが写真集を求めに、かなりの時差ありでお越し頂きました。
ありがたや、ありがたや、ですね。

私はこの写真にはあっと思いましたよ。
トタンの色がとても美しく見えました。
沁みるように感じられましたよ。

>wakkykenさん
久々のグレー塊コメントをありがとうございます! 航空写真でも若干窺い知ることができるように思いますが、確かに、興味深い風景もかいま見られます。が、ブログ掲載はちょっと憚られるものもあるんです。
ご指摘の「江戸川から西にむかって4本目と5本目のあいだの狭さ」ですが、確かに…ですね〜。その片側の道路を部分的に歩いていたのに、その事実には気づきませんでした。残念…。家の玄関と裏に道路…という状態ですもんね。
これは、ちょうどそのあたりを、東西に走っていて旧江戸川のちょっと手前で途切れている450号線(明らかに千葉側まで伸びる予定だった…という感じ)と、何らかの関わりがあるのでは?とも思います。裏付けの無い、想像だけなのですが…、なんとなく堀川…の匂いがしますね…。

>yukiりんsan
こんばんわ。言われてみると、けっこうメルヘンですね〜。江戸川は、エドガワメル編も撮れたことだし、基本的にメルヘンチックな場所なのかも?ですね(^^;
ところで、富岡さんって、富岡KDさんのことでしょうか…。明日にでも電話で…です。とにかく、ありがたいことです!

>neonさん
こんばんわ。このトタンの色は、おっしゃるように、美しかったですね〜。わりと珍しい色ですよね。僕も、この風景はか〜なり好きなんですが、実は、これを目にする前に、見た途端にバッタリ倒れてしまうほどの凄いやつを見たものですから、それとの比較で「オ」になっただけなんです(^^;

masaさん、こんにちは。なるほど、了解です。わかりました。これは、やはりmasaさんとご一緒させていただかなくては、ですね。ありがとうございました!!

>wakkykenさん
篠崎or瑞江あたりから歩きはじめ、中川の今井水門あたりを経て、妙見島からそのちょっと先まで…というコースはなかなかだと思います。これも、いずれ…ですね(^^; 最近、コレばっかりですね(^^;

う~!すごい。
子供頃、住んでいた家を思い出しました。
この二棟は空き家なんでしょうね。

最近、コレばっかりですね(^^;>masaさん
いや、ほんとに…(^^;;;。
申し訳ないです。

>MARUさん
こんばんわ。昭和中期以降…こんな感じの家は全国でよく見られましたよね〜。紅葉したツタがブルーグリーンのトタンに映え、とてもきれいでしたが、この2軒、完全に空家でした。

>wakkykenさん
いえ…とんでもない。wakkykenさんは実際に超お忙し…ですらから…。ヒマなはずの僕がコレばっか…なのが問題です(^^;

masaさんは、一貫して、精力的に歩かれているように思いますよ。僕のほうが「うどん屋の釜」(湯だけ→言うだけ)にならないように、努力します。

>wakkykenさん
お返事が遅れました〜。ま、ともかく僕には自由になる時間がけっこうありますからね〜。その割には…という感じです(^^; ところで、「うどん屋の釜」とはうまいこと言うもんですね!

「うどん屋の釜」とはうまいこと言うもんですね!>masaさん
関西限定ですけど(^^;;。落語家の話しのなかに出てきたように記憶しています。でも、一般にも、言うのかもしれませんね。関西は、胃を「いー」というし、絵を「えー」、蚊を「かー」といいますので、湯のばあいは「ゆー」となります。それに大阪は、皆さん、うどん好きですから(^^;;。http://allabout.co.jp/gourmet/udon/closeup/CU20020902matu/

>wakkykwnさん
そうですね…関西の方は言葉を伸ばす傾向にありますね。それがまた、ちょっとのんびりした感じを醸し出し、言葉の角を取ってくれるのかも?なんて思います。
うどん…と言えば、大阪ダイブ時に、蕎麦のきつねだかたぬきに参ったことを思い出しました(^^;

masaさん、お揚げとうどんで狐うどん、お揚げと蕎麦で狸蕎麦です。ただし、京都だと狸ではとろっとしたアンのかかったやつだったような…。東京で狸蕎麦というと揚げ玉(天かす)が入った蕎麦でしたかね。まあ、いろいろですね(^^) 。

>wakkykenさん
あ、何度も説明していただき、ありがとうございます。関東のキツネが関西でタヌキに化ける(^^;という感じで、どーも憶えられません(^^;



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa