月に向かって...

| コメント(14)

昨日は、南千住にある墨田川貨物駅の北〜東側を歩いていました。
その辺りで目に飛び込んでくるものは、まずは高層のマンション群、そして広大な面積を占める貨物駅と巨大なガスタンクです。とにかくかなり大味な風景の要素が揃っています。

なにしろ、造作の大きいものが多いので、環境としては広々としているのですが、それがそうは感じられません。不思議なものです。むしろ、妙な息苦しさ...と言いますか、圧迫感すら感じさせられます。

そんな南千住駅の東側の地域ですが、隅田川の土手に近づくと、いくらか、古い町並みを目にすることができました。なかには、秀逸な総トタンの建物も...。
そんな一画に、おや?と思わせる立派な神社があります。石浜神社です。その敷地は、なんでも、室町時代の武蔵千葉氏の居城だった石浜城の址の有力候補なんだそうです。いまでは、鳥居の向こうにガスタンクが見えたりしますが(^^; かなり由緒のある神社のようです。

そんな石浜神社に参拝し、そろそろ帰路につこうか...と思い、鳥居くぐり、階段を降りかかったときでした。上空に、白い雲がスーッと伸びてゆきます。その伸び方が実にスムーズで気持ちが良いのです。そしてふと気がつくと、その雲が伸びてゆく先に月が浮かんでいます。いや〜なんだか見ているだけで気分が爽快に...。これも御利益かも?ですね!

【場所】荒川区南千住3丁目上空です。

コメント(14)

♪Fly me to the Moon~♪
まさにに月へ連れてって~ですねmasaさま(=^エ^=)
素適な場面に出会える幸せ♪
この胸のときめきを~
何かいいことないか子猫チャン・・・トム・ジョーンズを思い出したり♪
果てしなく想いは跳ぶって感じです~アハハ・・思い出すものがチト古い(=^エ^=)
トム・ジョーンズが新しいCDを出したそうな!お聴きになられました? なんだか聴いてみたい気が致します~(=^エ^=)  
脱線!失礼致しましたm(__)m
 

>chatnoirさん
はい、それですよね…Fly me to the moon…。いっそタイトルに…とも思いましたが、神社&ガスタンク上空なので止めに(^^; しかし、良いタイミングで良いポジションに…という感じでした。ところで、トム・ジョーンズとは懐かしい名前ですが、新譜を…とは知りませんでした。ちょっと興味をおぼえます。脂度がどんなものなのでしょうか?(^^; 多少は枯れてますかね〜?それとも?…です(^^;

今朝、蒼い空に無数の飛行機雲がありましたね。
東久留米でも目白でも見えていました。
昨日から、飛行機がいっぱい飛んでいたんでしょうね。

新年から変なコメントで住みません。σ(^_^;)

>fuRuさん
こんにちわ。そうですか…。6日の空もそんな感じでした。水道橋上空にスジ状の雲やX型の雲があって、妙な雲だな…と思っていたのですが、あれもひこうき雲だったのでしょうね。理由がわかった感じで少々スッキリです!

ああ、いいですね~!!
月に向かって飛んでいるようです。
清々しい気持ちになります。
私のディスプレイでも、かすかにジェット機が確認できます。

>wakkykenさん
こういうのって、ほんとに広々清々…って感じで、気分がスキッとしますよね。まあ、街なかはそれに比べってことですけど…(^^; この写真は、本当はもっと大きくすべきですね。でないと、ジェット機が…です。wakkykenさんのモニタでは確認できたとのこと…良かったです。もしやMacBookですか?(^^;

私のはノートブックですが、拡大してみましたら、本当に月に手が届きそうな位置に機が見えて驚きでした。
いや~、すごい写真です!

>ガッタ・イタリアーナさん
こんばんわ。好意的なコメントを、大変ありがとうございます。もうすこし機と月に寄って撮れたら、もっとドキリとする写真になったのかな?とも思いますが、とりあえず、月と機をこの位置関係で見られた偶然に感謝です。

何時も亀コメントで済みません。
月に吸込まれる旅客機と感じます。
写真拡大しても型式は分かりません。(^_^;)
トレール(飛行機雲)が2本だから双発機と思いますが・・・。
昨日は蒼空にトレールが長く尾を引いていましたから、
翌日は雨だろうかなんて、矢張り今朝は霙です。
ムーミンの歌思い出します。
南千住は知りませんが、都市開発という名の定型化された
地域への変化は、如何にかならないのでしょうか?

>FK_Snoopyさん
おはようございます。いくら飛行機にお詳しくいらしても、この楊枝の先サイズでは…いくら何でも…ですね(^^; しかし、その点から形式を…とお思いになる…というのがそもそも凄いです(^^; また「飛行機雲が2本だから双発機か」という推理にも「なるほど」でした。ありがとうございます。
ところで、最近の開発や再開発には、フェンスにその土地の昔の写真を貼ったりするのが流行になっているようですが、実は、場所柄とか全く関係なし…どこでも完全に初期化して…という感じが強いように思います。いずこも同じになってしまうわけですね。

wakkykenさんのモニタでは確認できたとのこと…良かったです。もしやMacBookですか?(^^;>masaさん

Windowsでも見えるのですが、新しいMacBookのほうがクリアに見えます…(見えるような気がする…(^^;)。新しいMacBookですが、まだ、真正面から時間をかけて向き合う時間がありません。まあ、徐々に慣れていきま~す。

>wakkykenさん
MacBookのモニタ表面ってピッカピカのツルツルですよね。僕は表面が無光沢のモニタで作業していますので、見え方がかなり違うのは分かっているのですが、どのくらい…というのがやはり気になりまして…。

石浜神社は、護岸工事と、ガスタンクのために、いまの境内を確保したんですね。20年前では、その隣が、砂地の松林で、真崎稲荷が鎮座していました。
(いまは、石浜神社の拝殿のならびに遷座)。
この稲荷の脇の甲子屋の田楽が江戸時代には名物でした。
真崎稲荷の隣にあったのが『剣客商売』の秋山大治郎の道場兼住まいでした。

>chuukyuuさん
こんにちわ。神社のジを写した写真もないエントリーに、直々にコメントくださいまして、大変ありがとうございます。20年前といいますと、ついこのあいだ…ですね。隅田川べりで砂地と松…なんてうかがいますと、現在の風景を見た眼にも、その風景が浮かぶようです。ちょうど隅田川がコースを大きく変える場所ですし、きっと風光明媚な土地だったのですね。それこそ、当時の人々は、ここにガスタンクと巨大マンションが…なんて想像もできなかったに違いありませんね(^^;
ところで、この辺りに秋山大治郎の道場兼住まいが在ったわけですか…。chuukyuuさんと同じ町会という幸運に恵まれている僕は、やはり池波さんを読まねば…と思います(^^;

参考にURLを記載させていただきます:
http://otonanonurie.image.coocan.jp/2006/03/0554.html



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa