山陽の畑で

| コメント(6)
20日に東京を発ち、昨日まで、山口県の萩市と長門市を行ったり来たり...ということをしていました。そんなわけで、ブログの更新ができませんでしたが、昨夜、東京に戻りましたので、まずは、山口土産エントリーで更新再開です。

山口に行くときは、まずは飛行機で山口宇部空港まで飛びますが、空港は山陽(南)側にあります。しかし、僕が用のある萩や長門は、山陰(北)側にありますから、空港でレンタカーを借り、県中央部に横たわる山脈を越えて行くことになります。

この写真は、その山越えのずっと手前...山陽側の小野田市厚狭(あさ)で撮ったものです。いったんクルマを走らせてしまうと、途中、何か興味深いものを発見しても、クルマを停めて...とはなかなかならないものですが、この小屋が視界に入ったときは、躊躇なく、非常点滅灯をオン! 道が空いていることもありますが、クルマの流れを妨げない場所に駐車し、カメラを持って、久々にあぜ道を走りました(^^;

なんとも良い小屋です。板を横に張った壁面などを見ると、かなりしっかり造られているようです。が、ドアの取りつけ部分を見ると、ややいい加減だったりします。休憩スペースのひさし?と思われる、右に伸びた部分などは、風で飛ばされて当たり前...という感じです。

しかし、まあ、この手の作業小屋というものは、理屈云々ではなく、実利一点張りってところが魅力の根源でしょうから、つべこべ言う積もりはありません(^^; この、押しつぶされ首が埋まったようなプロポーションに、すっかり魅せられてしまいました。

それにしても、この小屋、どことなく明るい雰囲気があります。それがやはり山陽側なのかな?と思わせるところです。

【場所】山口県山陽小野田市厚狭あたりです。

コメント(6)

masaさん、今晩は。
ASAについ反応してしまいました(^^;。
ずいぶん遠いところへ行かれてたんですね~(笑)。

実は、厚狭も山口宇部も懐かしい場所で・・・。
メーカー勤務してたころ、工場があったんで良く出張してました。
大昔に夜行で行った時など、ASA~ ASA~というアナウンスにコケたもんです。(^^;

しかしこの写真、遠近感が面白いですね。
レンガの兵舎みたいのが透けて見える・・もちろん私の目の錯覚ですが。
門司港かな??・・・
 

>イチローさん
こんばんわ。コメントをありがとうございます。
実は、僕は山口県の出身なんです(^^; 長門市の三隅町というところに拠点があり、そんなわけで、時々行く必要が生じる…というわけです。しかし、宇部や厚狭をよくご存知とは…。そんなことを知りますと、不思議と、親近感を感じたりするものですね。
ところで、写真ですが、この小屋の前面が完全にフラットなことが、妙な遠近感につながっているように思います。が、しかし、レンガの兵舎や門司港には…もう、とても着いてゆけません!(^^;

masaさんお帰りなさい。
左側の円柱状のものは井戸ですか、エッ風呂だって。それもイイカモ!
でも畑もおこしてあるし、こういう生活もいいかも。ウ~ン。羨ましいぞ。
             本郷 菊坂の与太郎

>クリオ~ネ・菊太郎& 本郷-菊坂の与太郎さん
こんばんわ。ご無沙汰ばかりで申しわけありません。左の円柱状のものが風呂だったりすると良いですね! それは想像しませんでした〜。実際には、トタンのキレ端などが入ってたりしますので、ゴミ入れなのでしょうか? 実のところ用途不明です(^^;
しかし、もう少し気候が温暖なら、穏やかな谷戸の真ん中で、こんな小屋に住み、風呂もトイレも外…なんてのは、なかなかかも…ですね。

masaさん、お久しぶりです。今月下旬に三隅町のとなり、仙崎まで行く機会ができました。宇部空港からクルマ移動ですので、厚狭などを通ることになりそうです。こんな風景なんだと、いまから楽しみにしています。
仙崎に着いたあとは忙しくなりそうで、村田清風記念館など訪ねたいのですが、時間がなくなるかも知れません。masaさんゆかりの地周辺の空気感だけでも味わってこようと思っています。

>じゃらん堂さん
こんにちわ。ちとご無沙汰でした〜(^^; なんと、仙崎にいらっしゃるとか…。僕も、もしや今月もう一度萩に…という可能性ありです。時期が重なると面白いですが、じゃらん堂さんがご多忙ですね。清風記念館には、昨年、僕の生家にあった直筆の屏風などを寄贈しましたので、そんなものもご覧いただけたら…ですね。あと、仙崎の浜屋という店のうに釜飯などとっても美味いですよ!



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2016 masa