山間の於福で

| コメント(6)
昨日の写真は、山口県の山陽側の低地、厚狭で撮ったものでしたが、今日の写真は、県中央部の山間にひろがる美祢市の於福(おふく)という村落で撮ったものです。

昨日と同じように、谷戸の小屋風景なのですが、背景に山が写り込んでいることから、お分かりいただけると思いますが、谷戸の彫りが深くなっています。いかにも、"山間"という語が適切である...という感じがしてきます。

さて、この小屋ですが、実は、山越えのドライブルートからは、かなり離れたところにあります。が、魅力があり、見過ごすわけには...。というわけで、脇道に逸れ、できるだけ近くまでクルマを走らせてみました。が、そう近くまで行くことはできず、実際には、この写真右上のほうに、クルマを停め、あとは、斜面につくられた棚田のあぜ道を伝ってここまでおりてきました。

で、最初は、この小屋に寄った写真を撮るつもりで、斜面をくだったわけですが、そばまで来てみると、「小屋としてはいまいちだったかな?(^^;」という気がしないでもありません。が、この山間の農村風景は、撮るに値する...どころか、おつりまでくる...という感じです(^^; というわけで、今日は、山口県中央部の山間から...でした。

【場所】山口県美祢市於福あたりです。

コメント(6)

山がバックが良いですね~!山のかたちがまた良く、アイランドな感じがします。ここなら、逆浦島になっちゃいそうな…(^^;

>cenさん
こんにちわ〜。言われてみると、ちょっとアイランドの山のなか…という感じがしないでもありませんね! 瓦屋根をトタン屋根や椰子葉葺きにすれば、きっと雰囲気でてきますよね。逆浦島ついでに、このあたりも、常磐ハワイアンセンターのノリの場末ハワイアンセンター建設あるのみか?!(^^;

もしかして、いただいた『姫外郎・おふく』の名前は、
於福からですか? またまた繋がりました!(と勝手に想像)

右側にある塀のように並んでるトタンですか?
パステルカラーでカワイイのが、とっても気になります。

>meshiさん
ご想像どおり、例のおふく=於福なんですよ! おほげつは、この写真を撮った位置からそう遠くない場所にあります。
そして、小屋の後ろの塀のようなものですが、途中まで波形トタンが並んでいました。確かに、小屋からの連続が良い感じですよね(^^;
で、おほげつの横を通りながら、今回は、何も買わずに帰ってきてしまいました(^^;(^^;

3枚の写真で山口県の様子が良くわかります。天候や気温、湿度までも、それぞれのイメージに同調してますね。同県の僕もすぐにそうそう、こんな感じ・・・なのです。
masaさん、こんにちは。すっかりご無沙汰しています。山口に帰られていたのですね。おかえりなさい。
於福の写真は、風景画で使う小物をかき集めて凝縮した・・・といった感じ・・・でなんだか造られた庭のように僕は感じました。於福といえば確か温泉がありましたよ。お入りになりました?

>Cezanneさん
コメントをありがとうございます。ご無沙汰は…こちらこそ…です。
山口に帰りますと、Cezanneさんはどうなさってるかな…岩国まで行けたらよいのに…岩国まで行ったら、娘と孫の住む愛媛にも足を伸ばせそう…なんて思うのですが、実際には、距離があり、なかなか実現できません。
仰ってますように、山陽・山間・山陰…を3枚の写真で表現…と思いましたが、なかなか難しいですね(^^; でも、於福のこの場所は、よく出来てました(^^; いかにも山間の農村風景が広がっていて…。が、ここに温泉があるとは知りませんでした。三隅近くには、湯免など温泉がありますが、そちらにも入る時間はありませんでした。いつもトホホな旅しています(^^;



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2016 masa