日比谷ゴバン街

| コメント(11)
日比谷公園から夜のオフィス街を撮ったものです。

手前に黒いシルエットになって見える建物は日比谷公会堂。その背後に立ちはだかる壁は、内幸町のオフィスビル街です。いまの都心は、夜になると、基本的には、こうした高層ビルとその窓の明かりが夜空&星代わり...。したがって、このパターンはいたるところで見られます。

が、そのパターンの一例ではあれ、この日比谷公園から見るパターンはちょっとお見事です。タテヨコきっちりと揃ったマス目がいっぱいに広がり、まるで巨大な光る碁盤を見ているようです。

こんな風景を前にすると、つい思うことがあります。このマス目のひとつひとつのなかで人がゴソゴソと仕事をしていて、そこには机があって...椅子があって...引き出しがあって...そのなかに鉛筆や消しゴムが入っていて...。人って、よくやるな...まるでアリだな...と。

感心すると同時に、驚き呆れる...という感じですね(^^;

【場所】千代田区日比谷公園あたりです。

コメント(11)

いやあ、なんだか感動しました、この写真。いつものmasaさんとは違うテイストですが、胸に迫るものがありますね。無機質なマトリックスでありながら生命力も感じてしまいます。
日比谷公会堂の時計台、夜にはこんな風に光るんですね。知りませんでした!

いい忘れました。「日比谷ゴバン街」ナイスな親爺ギャグですねえ。こういうの、大好き!

内幸町のオフィスビル街は高さが揃っていますからね。でも面白い写真です。
ゴバン街のマリーという娘に宜しくお伝え下さい♪
と親父ギャグを繋げてみます。。。

>じゃらん堂さん
こんばんわ〜コメントをありがとうございます。写真としてはフラットで奥行がなかったりするのですが、僕も、都会の冷たい迫力と、いみじくも指摘してくださった生命感…のようなものを感じてシャッターを切ったしだいです。んで…オヤジギャグをお褒めいただき、こちらもありがとうございます(^^; いや〜ワカイギャグのつもりだたんですが(^^;(^^;

>えいねんsan
了解しました。確か、ビルの谷にサビサビのトタン家があって、そこにマリーという表札が出ていましたので、お伝えしておきます(^^; いや〜こんなことでは、西尾先生に雷を落とされますね(^^;(^^;

おはようございます(^^♪
もしかして・・・灯りの色が変わっていたりして?宇宙からの音が聞こえたりして♪
な~んて期待して何度もお訪ねしておりました~(=^エ^=)
日比谷公会堂のマリーではなくマルーイ時計が何だか語りかけてません?

>chatnoirさん
おはようございます。ここで窓明かりの色のウェーブが起きたりしたら…怖いですね〜(^^; ここでは、公会堂の時計が満月役…ということになっています(^^;(^^;

日比谷公会堂というと、戦前の公演の話の方に関心があって(えー、いくらんなんでも、私が未だ生れるかそこらの話です)建物そのものばかり、目が行ってました「フム、ここで○○○が公演し、拍手喝采だったのだ」とかなど)。背後の建物群が、こんなに碁盤目だとは…!。丸の内・内幸町界隈では、こんな風景をいつも感じることですが、masaさんの写真でワッ、となります。

写真をアップするとき、コメントを考える方が時間をとられる、という事をmasa
さんがお書きでした。

いや~、すてきなコメントでもあります。コメントの方も、磨きがかかってくるのですねぇ。 写真とコメントで、日比谷公会堂周辺の歴史を、一瞬にして浮かび上がらせている、とでも言えますねぇ。

>川好きonnaさん
おはようございます。日比谷公会堂については、浅沼さんが暗殺された場所…というくらいの知識しかありませんでしたが、公演の文字を見てWikiに行ってみますと、この公会堂、なんと「日本のカーネギーホール」を目差してつくられたものなんですね(^^; となりますと、なんだか、日本のロック系のコンサートで行ったような記憶も…いや、渋谷公会堂の記憶違いかもしれませんが…(^^; …という具合に、なんせ怪しくなってきました。そんな怪しさも手伝ってくれますから(^^;文章はなかなか書けません。いっそ文章なしに…と思うのですが、それもな〜と、優柔不断なことになって、ズルズルと…という次第です(^^;

うわぁ〜〜、この写真、大好きです!!
(すみません、頭の悪そうな感想しか書けなくて。でも素直な感想です)

>kadoorie-aveさん
こちらにもコメントをありがとうございます。もう、突き詰めたところ、そういうこと…ですよね。結局…。そういったことをうかがいますと、逆に安心します(^^;



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2019 masa