水道桜

| コメント(8)
ここは、水道橋駅の西口を出て、線路沿いにすこ歩いたところです。右に見える緑の鉄橋は中央線。手前に見えるのは、神田川から分流したばかりの平川(日本橋川上流)です。

こんな場所に、かなり背の高い垂れ桜が生えていて、花を咲かせていました。そばに行ってみると、桜の木の下は、石庭のように整備されていて、「この一帯の再開発が完成した記念として、この角地が整備された」旨を記した石碑がたっていました。

写真には写っていませんが、この左手には、以前は、鉄道の引き込み線とその付帯施設などがあり、この辺りを歩くたびに、「こんな都心にこんな広い荒れ地が...」と思って見ていた記憶があります。そこに、いつの間にか、高層のビルや複合的なビルなどが建ち、まちはすっかり様相を変えました。

そして、その開発の記念として、この桜の木のある一画が整備された...ということのようです。この桜の木が、元々この場所に生えていたのか...それともどこかから移植されたのか...定かではありませんが、どちらにしても、桜の木にとっては、迷惑至極な環境ですね。まわりを見回しても、自然というものが、これでもか!というくらいに皆無です。目の前に堀川がある...という声が聞こえてきそうですが、それだって、主たる水源は生活排水...という異常さのようで...

【場所】千代田区三崎町3丁目/飯田橋3丁目あたりです。

コメント(8)

どんなに劣悪な環境でも こんな風に美しく咲けるなんて 何と言う生命力でしょう!素晴らしい。
凄いな〜〜〜〜。
大阪はまだまだ寒くて 桜はチラホラ。
良いものを見せて頂きました。

そして、この写真、難しい事は分かりませんが masaさんの視点とセンスの生きた写真だなあと 気持ち良く見ています。

勝ち桜のシーズン、到来ですね!
こいつは「勝つ」ところまでは行っていないかもしれませんが、「負けてないぜ桜」だと思います。がんばれ。

>光代さん
これを撮ったのは昨日ですが、東京もかなり冷えていました。このサクラは五分咲き程度でした。もうしばらくして、時間があればもう一度…とも思っています。また、これとは大きく違う表情を見せてくれるかもしれません。
なんとなく…ですが、開発で地中に閉じこめられたものが、このサクラを借りて吹き出しているようにも見えてしまいました…。

>braryさん
こいつはしだれ桜なので、なで肩(^^; したがって風を切る感じは無いような…(^^;です。が、懐深くしぶとく…というタイプに見えます。がばってくれると信じます(^^;

柳に雪折れなし・・・ふと思い出しました・・・
枝垂桜のしなやかな生命力が愛おしい・・・♪

>chatnoirさん
あらためて、枝垂桜を見習おうと思いました(^^;

飯田橋と水道橋に間に咲く枝垂れ桜です。写真の撮り方かも知れませんが、寂しい桜です。まあ、染井吉野全盛だから、仕方ないのでしょうが・・。飯田橋・水道橋界隈も変わりましたが、この場所で桜は毎年咲いているのでしょう。古人曰く、「年々歳々花同じ、歳々年々人同じからず」。

>FKSnoopyさん
あらためて、枝垂桜を見習う…のは無理だと知りました(^^;



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2019 masa