カドヤ裏の路地

| コメント(6)
大森駅の西口を出て、南のほうにすこし行くと、道の両側が商店街になっています。

その商店街は、数多くの、どちらかと言うと小さな商店が連なるようにして成立していますが、なかには、それらの店をいくつか買収してひとつに'した...と思える、比較的規模の大きい店舗などもありました。そんな例のひとつがカドヤというスーパーでした。

そのスーパー脇の路地をちょっとのぞいてみると、狭い路地に両側からテントが張りだし、なんとも理解しがたい雰囲気が漂っています。何だろう...と思って、しばらく観察していましたが、どうやら、通行してもかまわない路地...ということが分かり、そこに足を踏み入れてみました。

すると、路地の両側の建物のなかでは、制服を着た人たちが、肉のかたまりを切り分けたり、果物や野菜をパック詰めにしたり...という作業を行っているのが目に入りました。そこは、元々は住居や飲食店だった建物を、スーパーが買い取り、裏方用のスペースとして利用している区画でした。
また、そういった利用のしかたばかりではなく、空家か?と思うと、実はそこが倉庫...という例なども見られました。分かる人にしか分からないので申しわけありませんが、御徒町の多慶屋のミニ版状態です。

今日の写真は、そんな区画のはずれで撮ったものです。僕の背後では、カドヤの従業員が、いそいそと歩きまわる姿や、品物を載せたカートを押している姿があるのですが、その反対の方向は、かなり寂れています。両側の建物の多くは飲食店ですが、いったい営業しているのかいないのか...。そしてもしや、既に買収でもされているのか...です。

そこに、カドヤの裏方パートでもやっているのか?と思える(全く根拠ありません)高齢の婦人が、大きなレジ袋を下げて通りかかりました。なんだか...ね、目の前の風景が化学反応でも起こしたような感じでした...。

【場所】大田区山王3丁目あたりです。

コメント(6)

この光景は、京島かと思わせますね~。ただ、家庭料理・岬という店が、大森という立地なのでしょうか?岬巡りのバスに乗ってここに連れてこられたら、なんと反応してよいのやら…(^^;

>cenさん
あ、言われてみれば…です。京島界隈とダブル感覚がありますね〜。が、ご指摘のように、岬が大森なんでしょうね…。僕は、最初、この正面のテントの文字が、家庭料理ではなく韓国料理に見えていました(^^; なんかそんな感じしません?(^^;

 昔からカドヤというスーパーはこのあたりでは中心的存在でしたね。今では不動産も扱っていると記憶しています。それにしてもあのあたりの商店街はとても中途半端な位置関係にあるのに、意外なことに続いています。それがとても不思議です。もう半世紀ほど昔にこの辺を歩いて通っていました。

>nsw2072さん
この辺りでは、カドヤ不動産やカドヤ建設…という看板も目にしましたので、地元の有力企業の一部門なのかな?と思っていましたが、やはりそうだったのですね。また、「スーパー・カドヤ vs ダイシン百貨店」という一騎打ち…もあるようで、その辺りも興味深く感じていました。
また、仰いますように、ほんとに、どこからお客さんが来るのだろう?と心配になる立地ですね! が、意外と元気に営業をつづけていらっしゃるお店も多々あり、それにつきましては本当に不思議な感じがします。

タケヤ~懐かしい名前が出てきました(^^♪
多慶屋のミニ版で分かった気に・・・でも未知の地です・・・
うしろ姿・・・年季の入った女将さん♪て気がしないでもありません・・・
美味しい家庭料理のお店・・・だったりして・・・と思えました(^^♪

>chatnoirさん
タケヤでお分かりいただけるのは嬉しいかぎりです〜(^^; まちの一画を外観を変えずに買収蝕み…って感じですね(^^; ま、蝕み…は言い過ぎですが…。
このご婦人…女将さん♪って線もありとお感じになられたのですね。とにかく、ジャケットの下に出ている前掛けが何を意味するのか?…これが分かりません(^^;



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa