ほろよい横丁

| コメント(6)
ここは埼京線・板橋駅のすぐそばの、線路沿いの路地です。本当に小さなお店が連なる飲み屋街で、いかにも戦後の露店やバラックが発展して...という雰囲気です。実際にはどうなのか...不明ですが...。

板橋駅のすぐそばですから、住居表記は、当然のことながら、板橋区板橋とでもなるのだろうと思っていましたが、後で調べてみると、この辺りは、豊島区と板橋区、そして北区が衝突している場所で、ちょっと歩くと他区に入ってしまう...という状況です。板橋駅のホームに至っては、北と南では区が異なる...という有様のようです(^^;

ま、そんな区が入り乱れる辺りで、こんな路地に出会いました。とにかく、両側が店であるわりには、路幅が狭いです。両側から、電飾看板が我勝ちに突き出している路地というのは、他所でも目にはしますが、これだけの狭さ...というのは記憶にありません。男性が歩いているあたりから先になると、すれ違うのも大変なくらいです。それだけに、路地じゅうが電飾看板だらけ...。なんとも壮観です(^^;

僕がここを通りかかった時間は、ほとんどの店がまだ準備中でしたが、「開店時間が待ちきれない...」という感じで、店内をのぞき込みながら歩くおじさんの姿を目にしました。それもひとりならず...です。日が暮れる頃になると、さぞかし...なんでしょうね

【場所】北区滝野川7丁目あたりです。

コメント(6)

口開けで早速コメします。^^;吉井勇の歌に、「紅灯の巷に行きて帰らざる 君を真の我と思うや」とあります。昔仕事でこの地域は知っているので、親近感があります。立飲み等と言うと品が悪いですが、一番健康的な飲み方です。(^^#)しかし、競争が激しいのでしょうか、看板が喧嘩しています。駅傍には、近藤勇のお墓と言うか終焉の地碑もあり、同じ勇でも多少趣が違います。今ではマンションだらけに変わりました。でも、又行きたくなった・・・。^^;

初めてコメントします。宜しくお願いします。
3月の東京スリバチ学会フィールドワークの集合場所がJR板橋駅東口でした。
私は三田線の新板橋から歩いて向かっていました。板橋駅近くの踏切を渡って、多分ここを曲がれば行ける、と思って曲がった瞬間がこの光景でした。
私もブログをやっています。下手な写真ばかりですがご笑覧下さい。
http://image.blog.livedoor.jp/phototherapy/imgs/4/7/47d3d597.gif

しばらくです。
さぞかし夜は華やかな光景でしょうね。
オンナコドモには入れない路地(そうでもないのか・・・)。
同じ路地でも、masaさんのには"ほろよい"人情があり、
sogoさんのは客観的で、
面白いですね。

>FKSnoopyさん
こんばんわ。お返事が遅れ、申しわけありませんでした。いつも、情報追加してくださいましてありがとうございます。この至近に近藤勇終焉の地の碑がある…なんて全く知りませんでした。いやもう、「こんな風景があった」だけではいけない…と反省中です(^^;
この路地の店は、建物の基本部分は古そうですが、写真から感じるよりは、今風な営業をなさっているところが多そうでした。それが、ちょっとだけひっかかるとこでした。が、いつものことですが、呑めたらな〜と(^^;です。

>sogoさん
こんばんわ。こちらこそ初めまして。スリバリ学会は、以前、僕も参加させていただいたことがあります。が、最近はトント…でして、次回こそ…と思うばかりになっています。
ところで、URLの写真を拝見しました。全く同じ路地ですね! しかし、いつも思いますが、同じ場所でも、撮る人が違うと上がる写真も違ってきますね〜。これが写真の面白いところですね。
もしや、今後、スリバチ学会でお目にかかる機会がありましたら、その節は宜しくお願いいたします。

>Gatta Italianaさん
こんばんわ。コメントをありがとうございます。この路地の店ですが、最初の印象は、かなりヤバ!という感じでしたが、しばらく歩いて子細に眺めてみますと、意外と今風な営業をなさっているように感じました。逆に、昔ながらの風情を期待してゆくとやや裏切られるのかもしれません。それにしましても、仰いますように、写真は、撮る人によって、実に違うものになりますね。それが面白くも怖くもある(^^;ところです。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa