十条仲原の崖上から

| コメント(10)
これは、先日来歩きまわっている、十条から赤羽にかけての凸凹地帯のなかの風景です。

ここで、iGaさん作成の凸凹地図をちょいと無断で拝借(^^; 場所の説明です。この図でお分かりいただけるか...と思いますが、十条仲原4丁目にあるこぢんまりとした谷戸の谷頭(やとがしら)から、谷口(やぐち/赤羽方向)を撮ったものです。ちょうど赤い線でできたV字の範囲が写っています。

左前方にちょっと顔をのぞかせている木に覆われた高台が、講談社の野間さんの別邸が在ったところで、その裏手には鳳生寺の墓地があります。右前方に見える高台には法真寺や香神社があります。そして、手前には谷底に下りる階段が見えていますが、これがか〜なり急です...。本当に谷底に落ちてゆく感じです。

ところで、ここに立ったときに、まず感じたのは、右手のアパートの白い板壁と自転車、それに青い錆びたトタン屋根...などの影響もあると思いますが、眼下に波が見えても不思議はない...ということでした。が、考えてみれば、ここは谷戸とはいえ、武蔵野台地の端。海の影響が大いにあったに違いありません。というわけで、そういう感覚も、おかしくはないのかもしれません。

そんなことを考えていると、目の前に見えてしまいましたね〜。石器で削りだした単板サーフボードを抱えて、波をチェックしている縄文サーファーたちが...(^^;

【場所】北区十条仲原4丁目あたりです。

コメント(10)

ア・ハハハハッ..(^^;、盲想族の一員としてはヤハリ見えてしまいました。石器で削りだした単板サーフボード(大笑い)を抱えた若者が、φ(.. )王子海道を抜け赤羽に続く崖上から波チェックをしている縄文サーファーの姿が見える気がする『こゝろ』ナノダ。ウ~ン...。 菊坂の与太郎
 

>菊坂の与太郎さん
わはは、ご覧になれましたか〜やはり…(^^; あれれ…いま、カミシモ付きトランクスを着用なさった与太郎さんのお姿が見えたような気がしましたが…(^^;
いやしかし…です。サーフィンのうちはまだ良いのですが、最近の自分の体力低下ぶりを考えますと、酸素ボンベを背中にしょってアースダイビング (スクーバ・アダイ(^^;)…なんてことにならないことを祈るばかりです(^^;トホ(^^;

>masa殿 
■カミシモ付きトランクス
カミシモ付きトランクスでござるか。なかなかの「ドクター中松」物ですな~。お江戸では下帯着用でムレたそうですから、当時からレンタルがありました、だからたまには草薙(ウジ)氏のようにならないといけなかったでしょうね。

・カミシモ付きトランクス、江戸本町御服商三井高利氏の「ゑちご(越後)屋」か白木屋の大村彦太郎氏の所へ企画物として持ち込んだら、「か弥やす」の乳香散と共にお江戸でフィ~バするかもしれませんね。わっはっはっ。…(^^ (^^;

■体力低下
ほんに、それですワ、masaさん「ヤクルトタフマン+オロナミンC+リポビタンD+さらに生卵」をカクテルして飲んでも追いつかない自分の体力低下を感ずる今日この頃、
そのうち徘徊中すれ違う時には、お互い三本足になっておるかも知れませんな~。

いやはや京島の「老人形館」にお互い予約している身とはいえ、堪えますな~。夕方になると目はショボショボして焦点がボケ、大福帳の数字が良く見えなくなlり困り果てたものです。

カミシモを脱ぎ捨て、片肌脱ぐと桜吹雪ならぬ、トクホンミイラが出現し腰には晒し、足には脚絆(ひらめ張り)、首には磁気ネックレスの代わりに「九六銭」といういでたち、あとはおでこに付ける「天冠」だけそろえばあの世です~。 ほっほっほー

何々、酸素ボンベを背中にしょってアースダイビング (スクーバ・アダイ(^^;)…なんてイヤーmasaにクストー氏を地で逝って(アッ失礼、行って)おりますな~。やっている物も段々水中考古学にまで手を伸ばすのですね。 ハイ!そうこなくっちゃ、 でもね。まだ背中に背負える体力があるだけましですわ、フーカー潜水になっちゃうとこれ自由がかなり利かなくなります与。

それと、夢中になって撮る時、お得意の「加賀鳶」も真っ青「ガードレール乗りの妙技」、十分気を付けて下さいね。怪我すると暫く素敵な写真が見られなくなっちゃいますからイヤですからね。御願い致します。無理しないで下さいね。

まっ、縁側でお茶でも啜りながら『時差ボケ東京』写真集と撮り溜めたお写真でも見ながら御ゆるりと参りましょう。リラックマ一家 本郷界隈の『こゝろ』ナノダ。


来週の標語◎『怪我は一瞬・治療は一生』
     ナンテね。  本郷-菊坂の与太郎+紫雲の爺より ;トホ(^^;

私の持っているThe Beach Boysの唯一のCDである"Endless Summer"なんぞ聴きながら湾の上から半島の眺めを見ております。The Beach Boysはなぁ〜んにも考えたくない時の良薬であります。
凸凹地図を作ったときから、この湾を取り囲む地形の西側のブロックがバナナボートのようにも見えて、実は前から気になっていたのであります。そうですか、やはり縄文サーファーたちが...彼らの『裸で何で悪い..』の声が聴こえてくるようであります...。(^_^;)

>菊坂の与太郎さん
キョーレツなグレー塊をありがとうございました!(^^;

■カミシモ付きトランクス
そうだ…「か弥やす」さんには、乳香散を固めたサーフボード用ワックスを開発していただきましょう(^^; これはヒットするに違いありまcen。

■体力低下
与太郎さん、やっぱ、安物ドリンクはいくらカクテルしても、安物です(^^; お腹がガブガブするだけで、パワーアップにはつながりまcen与(^^; やっぱ「ユンケル+カツジン+スッポンの血」あたりでガツンと(^^; が、高価なので、飲んだ後に懐が寒くなり、ガクリとくるやもしれまcenね(^^;(^^;
で、目です。ほんとに、夜になりますと、若い頃には思ってもみませんでしたが、画面が暗く見えたり、二重ボケになったり…。これは困ったものです。
しかし、トクホンミイラには大笑いです(^^; また、酸素ボンベですが、トーゼンのことながら、カートに装着したボンベをガラガラと曳くことになります(^^;
いや、まあ、そろそろインキョ〜なんて言葉も空耳でなく聞こえてきそうになってきました〜(^^;

>iGaさん
凸凹地図、お借りいたしました〜ありがとうございました。
ところで、次回、ここに立ってBeach Boys聴くのも良いな…と思い、iPhoneにコピーしていたか確認しようとしたところ、バッテリー完全切れ…(^^; どうも、最近、あるところから急にバッテリー切れになるような気がします。で、先日、港区の公園で行動を起こし話題になった「縄文人の気持ちになる会」ですが、確か、以前、古川を辿ったときのゴール近くでしたね。もしや、彼も縄文人の幻影を見たのかも?ですね(^^;

そうですね、嘗ての軍用地で「縄文人の気持ちになる会」の方が「愛を叫んだ」のとても意義深いことです。
その軍用地の払い下げを受けた商人の菩提寺を見てきましたが、masaに川跡格差でありました。思わず『越...........』と言いかけて....(^_^;)

>iGaさん
そうですね〜あれこれとリンクするものですね。で、その菩提寺の山門の立て札にある「…入らぬよう 御遠慮ください」というくだりが、なんとも傲慢に馬から落ちて落馬ってる感じがして、なんともですね(^^;

>masa殿  >iGaさんこんにちは
・アハハハハ、この位でキョーレツなグレー塊だなんて云ったら本家わきたさんのことをよく存じ上げておられるwakkykenさんに笑われますこと与。でも、グレーの賛辞ありがとうございました。すみまcen 

・縄文サーファーたちの雄叫びもですが、Endless Summerを聴きながら吹き上がる海風を湾の上で受けながら半島を眺めたらこりゃ最高でしょうね。

そうですかやっぱり千円以上しない物はまづ効かないよ。と薬メーカーの人が言っていたのを思い出しました。

■「ユンケル+カツジン+スッポンの血」
「ユンケルはロイヤル皇帝液がお奨めで+カツジン(コレ、知りません。)+スッポンの血、ウ~ン効きそうです。」去年からは帝祥源 ( ていしょうげん ) に凝っています。夏場バテタラやってみますね。何か・・寒くなるとか一挙両得かも・・・(^^;   効く与 

>菊坂の与太郎さん
再度の登板…ありがとうございます!
そうですか…ユンケルまでは知っていても、その先「ロイヤル皇帝液が良い」とまでは知りませんでした。iPhoneのメモに書いておきます(^^; で、カツジンですが、これは風邪気味のときなど、なかなか頑張ってくれますよ。漢字では「活参(難しいほうの参です(^^;)」となっています。三丁目駅前の福太郎へ!(^^;です。で、スッポンはですね…アメ横で売っているようですよ。しかし…実際にはちょっと…ですね(^^;



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2016 masa