スカイツリー 09.05.24

| コメント(8)
午前中はグズついたお天気でしたが、午後になると雨もあがり、ときおり陽がさすほどに...。

しばらくまともに町を歩いていないせいで、すっかり体がなまっていますから、慣らし...のためにもと思い、ちょっと町に出てきました。なんとなく押上へ。

押上といえば、京島がすぐそこ...です。ラブガーデンの様子も気になるところです。が、今日のところは、日曜日でもあるし、パス。押上あたりをぐるりとまわり、ちっと気になっていた、東京スカイツリーの工事の進行具合を見て帰ってきました。

前回のエントリーから、もう1ヶ月以上前が経過していますから、スカイツリーもかなり背が高くなり、そろそろ、あちらからも...こちらからも...視界に入ってくるようになっています。「どこからでも見える」ようになるのも、もうすぐ...という感じでした。最近の工事は、始まると速いですね〜。

この写真は、スカイツリーの前を流れる北十間川の対岸から、北に向かって撮ったものです。手前下に見える黒い帯は堤防の上端部分です。スカイツリー本体が、網目のような足場に隠されていますが、どうにか、建ちあがっている足の部分が確認できますね。

【場所】墨田区押上1丁目あたりです。

コメント(8)

おおっ、押上までいらっしゃったのですね。最近の北十間川の対岸は、北十間川銀座と呼びたいくらい近隣じっちゃまばっちゃまで、ごった返しています。この工事を眺めながら、井戸端会議というわけです!一瞬、映画「東京タワー」の一場面を思いうかべました(^^; やっぱりこれは、一大イベントなんですね。。。

>cenさん
はい、近所をうろついていました。昨日は直前までお天気が良くなかったせいか、じっちゃんの井戸端会議が1組だけでていました。聞いていると、ひとりが、近所の住人らしく、なんせ詳しい(^^; いろんな情報が耳から入るんでしょうね。完全に現場状況解説者兼観光案内役になってました。かなり微笑ましかったです(^^;
しかし、こいつは大変なイベントには違いないですね〜。そして、この足場って、ツリーのいちばん上まで組んでいくのかな?と思っただけで、気が遠くなりました(^^;

ん~~~ん。。。絶句かな~~~完成のアカツキには上京を決行!?
百聞は一見に如かずと申しますです・・・完璧にオノボリサンでしょうね~(=^エ^=)

足場って…、本当にそう思いますよ!たぶん雲の上ですからね~(^^;

それと、例のブツが今日にも出来上がる予定です、すっごくカッコいいmasa仕様になっております(^^;

>chatnoirさん
お返事が遅くなりました〜。この構造物、いまの状態でも、かなり圧倒的です。完成したあかつきにはどうなることやら…です。足場が在ったほうが良かったな〜(^^;なんてこともあるかも?ですが(^^; とにかく、どこまで高くなることやら…あきれてしまう感じです。スカイツリーツアー、ぜひお考えください!

>cenさん
だって、地上610メートルまでいくわけですよね……。もうそれ考えただけで、ちびってしまいます(^^; いやすごい。いちばん上の足場で作業する鳶さんなんて、ほんとに尊敬しちゃいます。
んで、んで、いや、なんだか、問題発言が…(^^; ゲッゲッゲ〜いやもう…見る前からコーフンです! 早速とりにうかがいますっ!!!

何度も唸ってしまいます。
この巨大な構造物を 真っ直ぐにとらえることが出来るのが 信じられません。すごいな〜。
その上、細部もくっきり写っていて 「う〜〜ん」の二乗になっています。

それだけでも 唸るのに、この黄色のショベルカー(?)のリズミカルなこと!!
一瞬のはずの写真が 時間という「間」を持って感じられます。
素晴らしいですね。
唸っているうちにコメントが遅くなりました。

このテクニックが「時差ボケ東京」を 可能にしているんだろうな〜と
またまた 唸っている所です。

>光代さん
こんばんわ。こういった構造物...それも巨大なものって、もうそれだけで圧倒的(^^;なわけですから、妙な脚色は無しに、ただただ素直に、歪めず写真におさめられればそれがベストだろう...と思います。それが意外と難しいことなんですが...。そして、そこにちょっとだけ色を添えられるのは、ご指摘どおり、重機のアームだけ...です。そのあたりを理解していただけるのは大変うれしいです。ありがとうございます。
しかし、おそらくもう既に、こいつはもっと上に伸びていますから、この距離から、こうして全体をおさめることはできなくなっていると思われます(^^;



ninepeace.jpg


che.jpg


月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2020 masa