秋葉原景

| コメント(4)

秋葉原景と書いて、この場合は、アキバ原景...と読みます(^^; 再開発の進む旧電気街で撮ったものです。

このところ、秋葉原のまちは、驚くべきスピードで姿を変えつつあります。それも、「店舗長屋を解体して大型ビルを」などという感覚ではなく、「数区画をまっ更にして超高層ビルを」という感じです。中央通りから東側は、それですっかり違うまちになりましたが、その波が、いよいよ、昔からの電気街にも及んできています。

それでも、旧電気街には、まだ、昔の建物がかなり残っています。この一画もその例です。正面奥の建物はビルですが、木造モルタルでもビルだったりするノリが感じられます(^^; 化粧直しはしているようですが、古いですね。そして、左手に見えているのが、この一帯に最も多かったタイプの建物です。表通りに面したところでは、この手の建物が看板建築に仕立て上げられ、一階部分が店舗に...という感じです。

しかし、こうした場所でも、最近は、路地の奥や両側に、電子雑貨(^^;がひしめくように置かれていたり、メイド系アニメの看板が大きくはりだされていたりします。なんせ秋葉は、面積1平米あれば商売になる...という感じのまちです。したがって、こうして、秋葉電気街の旧日常をうかがわせる風景は、実は、ごく限られた数しか残っていません。

【場所】千代田区外神田3丁目あたりです。

コメント(4)

う〜〜ん、すごい!

>光代さん
わかっていただけたようですね...ありがとうございますm(__)m

>最も多かったタイプ
それで、タイプ印刷の今時は珍しい看板ですか。中々の洒落です。
あの悲惨な事件以来、足が遠退いてしまいました。
何気なくジャンク屋を冷やかす楽しみが、再開発とやらで減って
行く運命でしょうか。
ここにも、「見るように有るから、有るように見る」時代になって
しまうのでしょうか?

>FKSnoopyさん
いや、洒落たつもりではありませんでしたが、そうなってますね(^^;
僕も、実は、この日、あの事件の起きた交差点に立って、しばらく眺めつづけました。何の痕跡もありません。記憶に残すことの大切さを思いました。
秋葉の旧電気街も、急速に整理が進みつつありますから、溜まれるまちではなくなりつつありますね。こういった地区が、場所を移動しながら残るのか、または消滅するのか...しばらく見まもりたいと思います。
「見るように有る から、有るように見る」は、深過ぎて...です(^^;



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2019 masa