巨大蜘蛛襲来!

| コメント(4)
写真は、横浜開港150周年記念イベントの一部として横浜に上陸した、巨大な蜘蛛です。フランスのナント市に拠点をおく集団 "La Machine (ラ・マシン)" が製作したものです。

ラ・マシンというと、日本でもひところ話題になった「巨大な操り人形の少女」を製作したことで知られるようになった集団です。その少女の近況がこちら(YouTube)にありました。「あ、あの少女か...」とお思いの方も多いと思います...。

ところで、ちょっとややこしい話ですが、ラ・マシンの名を有名にした、街全体を劇場にしてしまうパフォーマンス「巨人の神話」や「スルタンの象と少女」ですが、これらは、Royal de Luxe (ロワイヤル・ド・リュクス) という集団が主体になってやっています。が、そこで巨大人形を製作していたのが、Francois Delaroziere (フランソワ・ドゥラロジエール) なる人物を中心とする人たちで、彼らが後に独立したのがラ・マシン...ということのようです。

ま、そんなことを背景にして生まれた巨大蜘蛛が横浜に来る!というので、実は、大いに楽しみにしていたのですが、横浜博公式サイトを見ても、どこでどうすれば何を見られるのか...いまふたつくらいピンときません。で、そのうちに...なんて思っているうちに、巨大蜘蛛2匹による公道を使ったパフォーマンスが終わってしまっていました(^^; トホホじゃすまないこの失態...。でも、まあ、終わってしまったものは仕方ありません。また世界のどこかで...ということにして、今回は、とりあえず、赤レンガ倉庫近くの会場で、動く蜘蛛くんに会ってきました。

というわけで、写真に戻りますが、左が待機中の巨大蜘蛛、右がパフォーマンス中の巨大蜘蛛です。パフォーマンスの時間は約20分ですし、街でのパフォーマンスとは比べるべくもありませんが、とにかく、この大きさとこの動き。「さすがに!」と思わせるものは十分にありました。

City of Nantes (ナント市 / ジュール・ヴェルヌの出身地) の公式HP : Royal de Luxe 関連の写真も見られます。
La Machine (ラ・マシン) の公式HP
Les machines de l'ile (レ・マシン・ド・リル) の公式HP
巨人の神話/スルタンの象と少女 ロワイヤル・ド・リュクス [DVD]
映像+ 7 : ラ・マシンの巨大マシンが特集されています。

【場所】横浜市中区新港1丁目あたりです。

コメント(4)

虫の中でも「蜘蛛」って 中々魅力的ですね。
話を聞いているだけのときは 良い所に目を付けているなと思いましたが、
写真では 蜘蛛の足が どちらかというと動物の骨のように見えます。
う〜〜〜ん。

「巨大な操り人形の少女」は 頭と目の動かし方が魅力的で ホレボレします。それに 赤い服の人達が 動き回って、少女を動かしている様が又 インスタレーションとしても 面白いと思いました。

蜘蛛は動いた時、感動的だったのでしょうか?
やっぱり 見てみたいな〜。

>光代さん
こんにちわ。コメントをありがとうございます。確かに...脚は骨のように見えますね(^^; でも、この集団の作る巨大物体は、フィギュア方向ではなく、オブジェ方向を向いているように感じますので、この太さでも良いという判断をしたのでしょうね。脚は木で作られていて、やはり魅力がありました。しかし、動作については、あまりにエンジン電力頼りになっていて、初期の巨人や少女のような人力頼りの魅力はありませんでした。

感動的か?ということですが、休んでいる状態のクモにパイロットたちが乗り組み、ノソッと動きだす瞬間は、生命が吹き込まれたような感じがして「おおっ」という感じはあります。しかし、残念ながら、感動...という点では、Royal de Luxe の DVD を観たほうが...です(^^;

Royal de Luxe のパフォーマンスをご紹介頂いて良かった!
何度も見ています。
見る度に ウルウルしながら・・・。

感動が ゆっくりと幸せに変わっていきます。


アートはこのようなものが良いな。
感動が幸せになっていくようなもの。
きっと写真も 歌もそう有り得ますよね。

  

>光代さん
Royal de Luxe のパフォーマンス、ご覧になりましたか...。なんだか良いですよね、とっても...。で、何度観ても、そのたびに感動があるんですよね。僕は、あの巨人の目がとにかく忘れられなくて...。「感動が幸せになっていくようなもの」とおっしゃっていますが、アートってほんとうにこれだと思います。
このパフォーマンスの様子も撮りたいですが、このパフォーマンスに匹敵するようなものを撮らねば...とも思います。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa