厚化粧交差点

| コメント(2)
特にどうと言うこともない、渋谷の交差点です。が、よく見ると、その塗りたくりぶりに、「なんとまあ...」とあきれるばかりです。

この交差点ですが、グレーの部分も、アスファルトではなく、ちゃんと塗装(着色舗装?)されています。赤い部分や縞々部分は言うに及ばず...です。道路利用者にわかりやすく...というわけなのでしょうが、この路面の塗りたくりぶり...どう見ても過剰だし異常に見えます。

この厚塗り工事の費用を見ると、おそらく「ええっそんなに!」とビックリするくらい高額に違いないと思いますが、そんな費用をかけてまで、こんな厚塗りをする必要はないように思います。

で、ついでですから書いておきますが、最近、都内のあちこちの歩道が、レンガのようなタイルのようなもの(水はけは良さそう)を敷き詰めた状態に変えられています。この写真中の歩道もそのようになっていますね。これも、まったく必要とは思えない工事です。しかも、そのレンガを敷いたと思うと、すぐにそれを切ったり剥がしたり...の工事が始まり、そのレンガはなんと廃棄処分。そして、その工事が終わると、またも、別業者が来て新たにレンガを敷く工事...という繰り返し。

都内の道路を見ていますと、こうした、車道路面の塗装や歩道路面のレンガ(タイル)化...などの、実に無駄な工事が目につきます。これ、以前から気になっていまして、あまりに腹が立つので...というエントリーです(^^;

【場所】渋谷区神南1丁目あたりです。

コメント(2)

蒸し暑さでイライラ気味ですか?
グレー塗装はヒートアイランド対策で遮熱塗装とか、歩道のタイルは最近は透水性の高い材質に変えているようですね。スポンジ状のタイルの歩道は土砂降りの時などもみずたまりができにくいようです。
いろいろ工夫するのはいいのですがちょっと配色を街に合わせるといいのですが。

>真理子さん
こんばんわ。いや蒸し蒸しですね(^^;
ところで、グレー塗装に遮熱効果があるとは知りませんでした。歩道のタイルはなんとなくですが、透水性が高いのかな?という感じはしました。
しかし、配色もひどいですが、砂で固定してあるのですから、工事の際には、それを、ちょっと面倒でしょうが、切り刻まずに剥がして、工事が終わったら、元に戻すのが、当たり前だと思うんですよね。それをもう...経費をかけるだけかけないと!という感じの工事...。あれはどう見てもいただけませんよね〜。
政治にあまり興味のない僕ですが、今度の衆院選には絶対に投票に行かなくちゃ!と思うです(^^;



ninepeace.jpg


che.jpg


月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2020 masa