墨田鳥瞰景

| コメント(8)
前エントリーのつづきです。やはり曳舟駅前に完成した超高層マンション・イーストコア曳舟二番館の38階からの眺望です。前エントリーは南西方向を撮ったものですが、こちらは南東方向を撮ったものです。

右下からカーブを描いて中央上に向かって伸びている道路のような筋が見えますが、それは曳舟と亀戸を結ぶ東武亀戸線の線路です。あらく言うと、その線路の右側が押上〜文化、左側が京島です。左端のあたりは八広。その先には荒川放水路が見えています。

しかし、この、ごちゃごちゃとした戸建ての押しくらまんじゅう状態...。この風景は、再開発の進んだ山の手側では、もう目にできないような気がします。展望台などから、高層ビルが並ぶ風景を見たときも、おお〜っという驚きは感じますが、この低層の家の拡がりを目の前にすると、なんだかそれ以上の驚きを伴う感動のようなものを感じます。

ま、とにかく、下手な文を添えるより写真です(^^; とにかく、この景色を見た人はきわめて少ないはずですし、これからもいつでも見られるというものではありません。したがって、これはできるだけ多くの人とシェアする価値があろうか?と思い、アップすることにしました。

【場所】墨田区京島1丁目あたり(から)です。

コメント(8)

ウォ~~~声なき声が沸き上がる感じ?とでも・・・感動です!
私の中で懐かしさと共にズシリと納まる『東京』とでも言えるのかもしれません。
戦後東京が復興していく過程が写真とジオラマ?とで展示してあったのは何処だったのか思い出せないのですが、札幌の街との違いに驚きとともに感動を覚えたのを思い出しました!
やはり単なる望遠レンズとは違う特殊なレンズをお使いなのですか?
masaさまはやはり的確に伝えてくださいますね!素晴らしいですね~(失礼な表現でしょうか?お許しください)

先の墨田鳥瞰景といい、この鳥瞰景といい、masa さんには、ここに住んでいただき写真を撮り続けていただくより外なしと……JEDI の評議委員会は決定いたしました。

>chatnoirさん
こちらにもコメントをありがとうございます。昔は、高台から瓦屋根の波が望めた...といいますが、こうして、低層の家の波を見てもかなりなものですから、瓦屋根の波なんて凄い美しさ迫力だったのだろうことが想像できますね。
この写真は、広角ではありますが、通常のレンズで撮ったものです。左右の建物が寝たようになっていますので、特殊なレンズではないことがわかります。

>AKiさん
コメントをありがとうございます。ええ、この部屋の家賃は26万円/月...なのですが、それを評議委員会から出していただける...ということなんでしょうか...バンザーイ! ってわけないで す ね (^^;
しかし、スカイツリーが完成するまでの間だけでも、ここに事務所があったらな〜と、つくづく思わされました。また、隅田川の花火なんてもう...です(^^;

あ、それでしたらもっと低価格の低層物件をご紹介しませぇ~!
masaさんにぴったりの京島のラブガーデンっていうんですけどね、ついでにお店番もして頂いたりしちゃったら助かります(^^;
予算的にはJEDIの評議委員会の太腹先生方々の経費で落ちる範囲だと思われます。
しかし、犬杭の祟り遭かも知れませんので命がけの覚悟でいらして下さい。
偶然にもこの景色をご一緒に見れたこと、ラッキーでした。またね~!

>yukiりんsan
おんや...誰かと思えば、ご無沙汰yukiりんsanじゃござんせんか〜おひさしブリさんま〜(^^; ここを見て「あ、yukiりんsan、元気だ!」って喜んでくださる方は多いことだと思います。
んで、ラブガーデンね〜あそこ良いんですけどね〜オーナーさんが改装好きらしくてね〜おちおちしてらんないじゃないか?と...(^^;(^^;
そういえば、スカイツリーの建設が始まる前に、玉井さんと3人で、犬杭を拾ってきましたっけね〜。いまじゃもう、そん風には見えない場所になってますが...いやこの日見たタワーは姿を変えた犬杭だったのかな?(^^;
まあ、そんなわけで、このマンションのオープンルームも、ローカルであるラブガーデン一家と一緒だったから、ひっじょーに心強いものがありました。でなきゃ、こんな写真撮れなかったな〜。あんがとさんでした〜んではまたね〜!

こんにちは!
いつも楽しく「kai-wai散策」を拝見しております。
今回は、見たこともないアングルでの京島の風景を目の当たりにして興奮を抑えることができず、コメントを入れさせていただきました。

私は最近東京の町を歩くようになり、その記録を何かのかたちで残すことができればと、ブログを始めたばかりの者です。
今のところは諸先輩方の真似ごとに過ぎないものですし、写真といい文章といい、稚拙としかいいようのないレベルのものですが、せめて私の人生にとって良い記録になれば、と考えているところです。
京島は「歩きはじめ」に慣れ親しんだ場所で、私なりに思い入れがあります。masaさんのブログを拝見し、良い写真を見ながら、どんどん真似していきたいところなのですが、この写真はちょっと無理そうですね・・・。
ただただ、良いものを見たな~と思いました。
有難うございました。
また、これからも楽しく拝見させていただきます!
ではでは。

>きさまのさsan
こんばんわ。お立ち寄りいただき、そしてコメントまで、ありがとうございます。僕は東京生まれでもありませんが、まち歩きをはじめたきっかけとなったのが京島でのある体験でした。したがって、僕も、きさまのさsanと同じように、京島にはある種の思い入れがあります。
とにかく、この位置から眺める機会なんてそうあるものではありませんよね。僕はほんとにラッキーでした。
とにかく、東京のまちは広いですし、様々な表情を持っていますから、このブログの時代です。皆で複眼となり(^^;まちを記録してゆけたら良いと思っています。またブログのほうにもお邪魔いたします。その節には、そして、今後とも、どうぞ宜しくお願いたします!



ninepeace.jpg


che.jpg


月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2020 masa