亡霊道路の工事現場

| コメント(4)
ここは、東京の中心部・虎ノ門です。以前にも拙ブログで触れていますが、その虎ノ門で、とんでもない道路建設工事が進行中です。

その道路は、マッカーサー道路と呼ばれるもので、発案されたのが1946年。そして事業化されたのが2003年です...。なんと計画から実施までに約60年が経過しています。で、さらに、当初の計画では、2009年完成の予定が、用地買収の遅れなどにより、完成は2013年度末にずれ込んだとのこと...。なんだか呆れます。

なんとも馬鹿げた計画だとは思いますが、とにかく、建設工事は進行しているわけで、その計画にかかる土地では、次々に建物が取り壊され、確実に、道路の幅の更地が伸長しています。

今日の写真の風景もその道路用地で撮ったものです。去年の夏頃には、まだこの手前に建物が在ったのですが、それが取り壊され、隣の建物の側面が晒されていました。この建物は、正面から見ると、けっこう洒落たモルタル造りのパスタ屋さんだったのですが、素顔を見ると、かなりなものでした(^^; しかも、後方に見えるビルとの組み合わせに、妙に一体感が感じらるのが不思議です。

【場所】千代田区虎ノ門1丁目あたりです。

コメント(4)

マック・アーサーですか、戦後日本に絶対君主みたいに君臨したのを、ガキ
だった私も何となく記憶しています。
このパスタ屋のスッピンと言うか汚れ様には、居直ったオバサンの強さ(キャー
怖い)を感じます。
港区でチョビっとづつ道路を作る執念には、マック・アーサーの妄執が今日に
到るも執り付いているのでしょうか。
只者じゃ無い、日本政治のしぶとさの象徴でしょう。
昭和は遠く成りにけり!

>FKSnoopyさん
マック・アーサーと書きますと、朝マック(^^;をイメージしてしまいますが(^^; この計画に名前を冠されたと知ったら、彼は土の下から、「愚行を人に擦り付けるな!」と怒るのではないでしょうか...。それにしましても、日本政治のしぶとさ...と書いていらっしゃいますが、同感です。旧政権と役人の愚劣な執拗さにはほとほと呆れてものが言えません(^^;

あら、ここに写っているのはスパゲッティ屋(わたしは勝手に「看板建築のイタリア的応用」と呼んでいますが、、、)の側面ですか?
手前の角には蕎麦屋があったのでは? とうとうここまで食い込んできたのですね。

>M.Niijimaさん
こんばんわ。そうそう、かなり以前にこの辺りのことをエントリーしたときに、Niijimaさんがおっしゃってましたよね、この辺りのスパゲッティ屋さんのことを...。この店はBonaBonaという名前でしたが、この店のことだったでしょうか...。この翌日のエントリー(パッチワーク系)の場所のそばにも、実は、窓や入口を板で覆ったパスタ屋さんがありまして、そちらは三門という名前でした。どちらにしましても、かなり食い込んできました(^^;



ninepeace.jpg


che.jpg


月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2020 masa