闇光景

| コメント(12)
全国的に台風の影響で雨風が...というときに、それに輪をかけるようなクラ〜イ写真をアップすることになってしまいました(^^;

ここは北区の豊島というところです。この地を踏んでみるまでは、豊島...という語の響きから北区を思い浮かべることはありませんでしたが、どうやら、豊島という地名の本家は豊島区にあらず...こちらのようです。

そんな豊島ですが、ちょっと調べてみると、数年前に、土地がカドミウム(訂正:ダイオキシンでした)に汚染されていたことが判明し、大騒ぎになったのが同5丁目でした。「そうだ、そういえばそんな問題があったな...」と、思い出した次第です。

この豊島という土地は、元々、隅田川を挟んで対岸となる足立区側に深く食い込むような形をしていて、天狗の鼻...と呼ばれていたようです。が、荒川放水路の掘削でかなり形が変えられています。下の地図でその変化をご覧いただけると思います。



地図の年代は以下のとおりです:
左端:現在 [Yahoo地図]
左から2番目:平成14年頃(orそれ以前) [3層重ね地図]
右から2番目:昭和初期 [東京日々新聞付録 / 昭和7年 隣接町村併合記念]
右端:明治後期 [3層重ね地図]

かなりな変化がありますね。そして、もうひとつ、重大な変化が見てとれます。元肥料製造会社の敷地だったところが、現在、団地になっている...ということです。その素性が表面化したのが、以前話題になったカドミウム(訂正:ダイオキシン)汚染問題だったわけですね。で、今日の写真ですが、いまどきにしては、やけに闇が濃いな...などと思っていたのですが、もしや、そんな土地の暗い影が写ってしまったのかも?です(^^;

【場所】北区豊島あたりです。

コメント(12)

そうですね【Take The "A" Tram】で王子界隈を調べていたとき豊島氏発祥の地と知りました。昔の豊島郡は豊島氏の領地と云うか勢力範囲でしょうね。

そういえば西八王子の中央線沿いにあった農薬会社の跡地でも土地汚染問題がありました。永いこと土壌改良処置が行われて、今は何もなかったようにマンションが建ってますが、売り主は買い手に伝えているのかしらね。あの築地市場の移転先も...ですね。

>iGaさん
北区...というのは、さすがに台地の果て(^^;だけあって、話題には事欠かない土地ですね。
しかし、農薬会社の跡地に汚染...というのは理解できますが、肥料会社の跡地に...というのは、なんだか解せません。本来、跡地では植物が良く育つ...というのなら理解できますが(^^;(^^; とにかく、付近の川底もチェックしたほうが良いのでは?という気がします。
あの築地市場の移転先の問題...何を考えてるんだろうと思いますね〜。しかも、移転したら、マッカーサー道路をそこまで延長する予定だったそうですね。呆れかえります。

masaさん、どうも。
いやいや、基本的に生産者にとって都合の悪い生命体を排除するための農薬は大量殺人事件にもからむ劇薬ですから...工場跡地が汚染されているのは...当然と云えば当然のような...。
小学校の頃、朝礼か何かでいついつ何処何処の田圃に農薬を撒くから赤い旗の立っている田圃には入ってはいけないと学校で注意されたことがありました。しかし、ヘリコプターとかセスナで農薬散布...考えてみると怖いですね。

築地市場の移転もオリンピック招致がコケたから...白紙に戻して欲しいですね。

>iGaさん
ということは、豊島の化学肥料会社というのは、実は、肥料ではない製品もつくっていた...ということなのでしょうね。か、肥料に(当時はそれと知られない)毒性の物質が含まれていたとか...。どちらにしても、効力の強いケミカルは怖いですね。
僕が小学生の頃は、福岡県に住んでいましたが、田圃や畑にバンバン農薬を散布してる横を、その匂いをぐいぐい吸い込みながら「刺激があってけっこう良いにおい〜(^^;」なんて、通学してました(^^; 僕の記憶力の弱さはそこに原因が...(^^;なんて思います。
やっぱ有機方向に向かうべきですよね。そして、築地市場の移転は絶対に白紙に戻すべきだと思います。汚染したことも傲慢が生んだものなら、それを安全な状態に回復できるという過信も傲慢だと思います。

こんにちわ。
 豊島五丁目というのは渋沢栄一が初代会長だった(あの人はとてもたくさんの企業を興していますが)大日本人造肥料会社(のちの日産化学)の工場があったところのようですが、問題になっていたのはダイオキシンじゃなかったでしょうか。

 多分農薬を作っていた会社だと思います。ベトナム戦争の時の枯れ葉剤の中に不純物として入っていたというのは広く知られていると思いますが、多分農薬を生成する過程でできてしまう、というものの様です。

 あの会社は江東区の大島の方にも工場を持っていたはずで、あっちでも何か問題になったことがあったような気がするのですが。

 ゴミを焼却した時にダイオキシンが発生するのはもう常識化していると思うのですが、技術者にいわせるとより高温焼却するとダイオキシン自体も焼却されてしまうのだと聞いたことがあります。じゃ、なぜそうしないのかと聞くとそうすると設備費が余計にかかるからだよ、となんということもなく答えられた時には唖然としました。

 ちょっと気になったのでお邪魔しました。

>nsw2072さん
こんばんわ。カドミウムにあらずダイオキシン...とのご指摘、ありがとうございました。本文のほうにもその旨付け加えさせていただきました。いやまったく、いくつになっても軽率で困ります(^^;
日産化学の沿革を見ますと、「最初の工場は、現在の江東区大島1丁目に建造され...」と記されいましたが、そちらでも問題があたのですね。しかし、その沿革でもウィキペディアでも、これだけ縁が深いであろう豊島に触れていませんから、それが不思議と言えば不思議な気がしました(^^;

ところで、「より高温焼却するとダイオキシン自体も焼却されてしまう」からなのか、文京区(のみならず...)では、先日より、不燃ゴミだったものの多くが可燃ゴミ扱いになりました。せっかくのゴミ分別習慣も不要になったのですが、いまだに「ほんとに良いのだろうか...」と、スッキリしない気持ちでゴミを出しています。
この肥料工場と同じく、人智の及ぶ範囲というのは限られていますから、後になって...ということが無いことを願うばかりです。

>masaさん
 日産化学の沿革は見ていませんでした。この種の土壌汚染で問題になったのでは六価クロムというものもありましたね。
 今度の「エコナ」騒動でもそうですが、“あの時は知られていなかった”ということはしばしば判明するでしょうが、“関係者は密かにわかっていた”ということだってしばしばありますね。
 東京都のゴミ処理ですが、今回の分別の後退(といっても良いのだと思います)はひとえに不燃分別分の捨て場がなくなったという事情によるのではないかと思います。一気に焼却工場のレベルが上がったというのでしょうか?
 今はどうか知りませんが、かつて東京都の焼却工場は常に一炉をメンテのために休ませるという余裕のあるシステムをとっていて知られていました。他の自治体ではとてもできないやり方です。ゴミが大量に発生して24時間稼働する「全連」といわれる焼却炉です。
 地方に行くと24時間稼働するほどゴミの量がない場合、「準連」と称する毎日動かしては一定時間で止める方式があります。この方が温度が上がり下がりするので、ダイオキシンの発生の可能性が高いといわれていました。

西八王子の農薬会社の跡地から検出されたのは「ヒ素、鉛、水銀」だったようで、これも土壌改良の方法は敷地内にプラントを設けて汚染された表土を高熱で焼却処分するという、何だか俄に信じられないもので、近隣から体調の不良を訴える人もいて、テレビでも取上げられましたが、その後は尻つぼみでどう決着が付いたのか、メディアも取上げた様子はないし...うやむやですね。

>nsw2072さん
“関係者は密かにわかっていた”が“会社のために”“都合の悪いことは起こらないことにした”ということって、歴史をみますと多々あるようですね。実にあさはかな怖い話だと思います。
ゴミ焼却場の稼働についてご説明いただき、ありがとうございます。そんな事情は全く知りませんでした。どうも、現在の日本は、まだ、大排気量大パワーにものを言わせて...というパターンが蔓延しているようですね。そういったやり方に将来は無いのに、ここでも、“関係者は密かにわかっていた”が...の法則(^^;が生きているのでしょうか...。そうでないことを願いますが、国とか自治体を信じるチカラを失っていますので(^^; 民主党にそのチカラを回復させてもらいたいものです...。

>iGaさん
「ヒ素、鉛、水銀」とはまた...よくも揃ったものですね(^^;
高温焼却でそららが無害化するとは、ほんとに信じられませんね。少なくとも、焼却時に、空気中に何らかの物質が放出されないのか?と思ってしまいます。
そういった学術技術的なことは、一般人レベルでは実験して検証できるわけでもありませんから、ここでも、マスコミ・メディアの役割は大きいわけですが、それも、しっかりしていないとなると...。国内での自己防衛すら危うい...のでしょうか(^^;

そうです、本家は北区の豊島です(笑)。生まれも育ちも北区豊島ですが、よ~く
見ないと豊島のどのへんか見当がつきませんでした。土壌汚染の問題は、団地ができてから発覚しました。当時(今も?)の日本はそんな事が容認されてしまう社会だったんでしょう。

>冷やし中華さん
こんにちわ! 地元の方に登場いただけるのは心強いです。
土壌汚染の問題は、豊島東小学校の敷地を公園にするときに発覚したようですが、もしや、団地建設の前後にすでに、関係のどこかで分かっていたとしたら、これは汚染とはまた別の問題で、これも汚染と同じように大きな問題ですね。でも、ひと昔前の日本って、そういったことに割と鈍感なところはありましたね。経済的成長しさえすれば他はどうでも...という感じで。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa