谷中闇光景

| コメント(4)
ここは谷中です。が、10メートルも歩けばもう根津...という位置です。昨日の夕方撮った写真です。

最近は、ほんとによくある、建物が取り壊され、そのあとが駐車場になり...というパターンの風景です。ここは、場所は良いのですが、もうずいぶん長い間、駐車場のままです。シルエットになって見えている建物は、古い古い金物屋さんですが、建物そのものも相当に古く、そう遠からず...という感じがします。

ちなみに、その金物屋さんの隣は、中野パン店でした。というのは、まだ建物は残っていますが、お店は既に閉じてしまいました。また、通りを挟んだ反対側(写真では左)には、全体を新建材に覆われたやや妙な形をした家がありますが、その建物は昔はこんな姿をしていました。

ま、そんなわけで、この三角屋根のシルエットも「見られるうちに見ておかないと景」と言えそうです(^^;

【場所】台東区谷中1丁目あたりです。

コメント(4)

三角屋根やノコギリ屋根。本当にいつまで残ってくれるのか、一寸先は闇・・・とまで真っ暗ではないですが、暮色ですね。だからこそ目を凝らして目に焼き付けておかないといけないのかもしれませんね。
しかし、金物屋をこの駐車場からじっくり見たことはありませんでした。

>やまだsan
そうでした...谷根千にはノコギリ屋根もありましたね〜。闇と暮色...と例えてらっしゃいますが、まさに、見えていても見てはいない...というものって多いですよね。ここは昼間通りかかっても、特に壁のトタンが...ということもなく、そう気になるところではないと思いますが、やはり光の具合によっては...ですね。コメントをありがとうございました!

煎餅屋の隣ですね。
言問通りを挟んだ向かいの文房具屋の娘とは小学校で同級生でした。

電気屋の並びを上野桜木方向に上っていくと、30年位前には三味線屋とか氷屋があったのですが、いまではどうなっているのでしょうね。

>PATRIOTさん
はい、煎餅屋さんのつづきの荒物屋さんの壁です。いまではトタンに覆われて、だいぶきれいになりました。しっかし、なんと、この向かいには文房具屋さんが在ったのですか...記憶ありませんでした〜。
で、三味線屋とか氷屋ですが、さすがに30年くらい前...ということですから...う〜ん、在ったような無かったような...という程度です〜。思い出話におつきあいできず、申し訳ありませ〜ん。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa