街道沿いの黄昏街

| コメント(2)
ここは板橋区の幸町というところにある商店街です。

幸町というまちは、近くに川越街道という幹線道路が通ってはいますが、交通の便(鉄道)という面から見ると、やや陸の孤島気味...と言ってよさそうです。東武東上線の大山駅、地下鉄有楽町線の千川駅・要町駅...あたりが最寄り駅になりますが、ちょうどそれらの中間点になり、どの駅からもけっこうな距離があります。

そんな孤島症状(^^;の出た商店街というものは、とかくフォトジェニックだったりするのですが、現地を歩いていると、やはり、うらびれ感に満ちていて、淋しいものです。
この商店街も、立地条件からすると、そういった例にのひとつになっても不思議はありません。実際には、店舗が取り壊され、更地になっているところすらあります。が、こうして見るかぎり、さほどのうらびれ感は感じられません。

その理由は、色褪せていないブラスチックの花の存在、車両通行止めの看板が置かれていること、商店街入口の両側の店のテントが小ぎれいであること、その後方に店舗の看板がつづいていること...などが組み合わさって与える印象...のように思います。

こうしてみると、(商店街に失礼ですが)枯れ木も山のなんとやら...なんて言葉を思い浮かべますが、一方で、鶏と卵...なんてことも思いますし、難しいところです(^^; が、まちにも身だしなみとか表情って重要だよな...とは思います。

【場所】板橋区幸町あたりです。

コメント(2)

こんばんは。
逆光気味のやわらかな光、素敵ですね。
じつは僕もこの十字路を通ったことがあります。2007年7月18日の夕刻です。千川2丁目にさしかかった18時3分に小さな民家を撮っていますので、たぶんここを通過したのは17時55分前後。撮影にはもってこいの時刻だったはずです。しかし、保存ファイルを確認したところ、この商店街では一度もシャッターを切っていません。masaさんの写真を拝見して、まだまだ修行が足りないと痛感した次第です。

>Rambler5439さん
こんばんわ。出ていましたので、お返事が遅れてしまいました。失礼いたしました。
仰る通りですね...この日のこの光によって、この商店街風景がかなり救われていますよね...。そうでした。
ところで、Rambler5439さんも同じ場所をお通りになれれて...云々とお書きですが、場所は同じでも日時が違い過ぎます(^^; 修行が...なんてとんでもありません。この日のこの時間であれば、Rambler5439さんのお写真から拝察しますに、きっと立ち止まっていらっしゃっただろうと思います。
僕は、次回、この辺りから千川か要町を目差そうと思っています。コメントをありがとうございました。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa