川越夜景

| コメント(6)
川越に行ってきました。川越は、蔵造りの商家の連なる、古い町並みが残っていることで有名で、小江戸とも呼ばれていることは多くの方がご存知だと思います。

その川越ですが、東京都内からは、電車に30~40分も揺られていれば着いてしまう距離にあります。したがって、気軽に行ける観光地としても良く知られています。にもかかわらず、僕はこれまで川越を歩いたことがありませんでした。観光地はあまり歩く気になれない...ということもありましたが、実際には、単に機会が無かった...と言ったほうが当たっています。

今回は、たまたま川越に行く理由が出来たため、この機会を逃さず!ということで、腰をあげた...というところです。

実際に行ってみますと、蔵造りの家の連なりは、さすがに重量感と迫力があります。なるほど話題になるわけだ...という感じです。が、今日は日曜日だったせいもあるのでしょうが、道はクルマと人で溢れんばかり...。メインストリートはやはり完璧な観光地でした(^^;

が、いずこも...ですが、観光コースを一歩外れると、別のまちにでも来たかのような風景のなかに入りこみます。その辺りで撮った写真も追々掲載してゆくつもりですが、さすがと言うのかなかなかと言うのか...川越もやってくれます(^^;

今日は、初川越エントリーですので、観光コースと外れコースの中間点からの写真をアップすることにしました。川越のシンボルと言われる "時の鐘" が映り込んだ写真です。ちょっと暗いと思いますが、ほんとに暗かったのです(^^; 目が慣れてくると見えるようになると思います(^^;

【場所】埼玉県川越市大手町あたりです。

コメント(6)

なんと素適なのでしょう~masaさまは余韻もこちらに残してくださいますね~
近くに叔母や従妹が住んでいるのですが、残念ながら人気が出て食傷でした・・・
masaさまの一葉♪ホッとさせていただきました(^^♪暗闇を好むわけではございませぬが~(=^エ^=)
叔母たちも喜びそうです♪ ありがとうございました(=^エ^=)

>chatnoirさん
コメントをありがとうございます。僕も、本文にも書きましたが、川越って凄いらしいけど観光地だからな...と、避けてきたようなところがあります。それを、近代建築を探求していらっしゃる方に「いちど歩いてみなさい」と言われまして、腰をあげた次第です。すると、これも本文に書きましたが、観光ルートから一歩外れますと、とんでもなく渋い風景がごろごろしていました。これから、何度か足を運ぶ予定でいます。chatnoirさんも、次回こちらにいらっしゃる機会には、叔母様や従妹様にお会いになりがてら、裏川越散策(^^;...なさってみてはいかがでしょうか...。

こんばんわ。
何故か川越、所沢、狭山あたりが今の私の仕事場です。(たまに秩父や小川町も)
こう言ったら生活されている方に怒られそうですが、所沢や狭山を何とか好きになろうと頑張ってますが、どうにもこうにも駄目です。逆に川越は(秩父、小川町、飯能も)最初から何か自分と合うようです。
何ででしょうか?

自分の狭い経験からだけ見ると、川越の方はかなりプライド高い方が多いです。城下町特有なんでしょうか? 私の知っている小田原も同じでした。でも嫌な感じは全くしません。とにかく好きな町です。

また素敵な写真を楽しみにしております。

>富岡KDさん
こんばんわ。コメントをありがとうございます。
なんと、このところ、富岡KDさんのテリトリーを夜になって撮ってまわってる...ような感じですね(^^; 所沢・狭山と川越の違い、僕も明確に分かります。やはり歴史文化度の違いだと思いました。
ところで、川越の方はかなりプライド高い方...とのことですが、あの町並みを見ると、高くても不思議はないように感じます。が、やはり書いていらっしゃることと重なりますが、たったお二人ですが、地元の方とちょっと立ち話しする機会がありましたが、お二人(親子)ともとっても感じの良い方で、最近になく穏やかに話しができました。久々にまちの人の温かみを感じました、そして後味がとても良かったです。
僕は、いまは東京に的を絞っていますので、あまり頻繁には行けませんが、これから何度か歩いてみようと思っています。またアップしますので、またご意見など...。

お久振りです。
近頃お空に傾注しておりました。
川(河)越とは、江戸から見て、江戸っ子が良く言う
「川向こう」が語源と言うことは無いと思いまが、どうなんでしょうか?
江戸周辺には旗本、親藩がぐるりと囲んだ所領があり、善政?の所為か
繁栄していたようです。
それに較べ外様はお互いに苦労しました。
もし又いらっしゃるなら、ご相伴させて下さい。

>FKSnoopyさん
こんにちわ。コメントをありがとうございます。もしや"空"にはシーズンというものが在るのでしょうか?(^^;
ところで、川越の語源ですが、僕も川向こうを連想しました。が、ちょっとチェックしたかぎりでは、この土地の豪族の姓から...という説もあるとしながら、結局は決定打無し...のようですね。
しかし、FKSnoopyさんの口から「また来ることがあれば」という言葉が発せられようとは思っていませんでした〜。近々お言葉に甘えさせていただきます!



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa