水族館劇場 2010 (3)

| コメント(2)


明日(3月20日)の土曜日、千駄木の "古書ほうろう" で "古書の森の劇場" と銘打った、水族館劇場の駒込大観音公演プレイベントが行われることは、前エントリーでお伝えしたとおりです。

そして、前エントリーでは、そこで演じられる『谷間の百合』の野稽古風景をご覧いただきましたが、今日紹介させていただくのは、野稽古の後、場所を "古書ほうろう" に移し、通し稽古に入る直前の風景です。

役者さんはもう芝居用の衣装に着替え、最終的な注意を確認(中央の写真)したり、「スタート」の声がかかるのを待っている状態です。この時間帯の役者さんを見ていると、現実の自分と芝居の役との間を行ったり来たりしているふしが見受けられ、とても興味深いものがありました。特に、僕は、これまでこういう場に居合わせたことがありませんでしたので...。

...というわけで、この後は、明日、"古書ほうろう"でのお楽しみ...です。

■カテゴリー : 水族館劇場

【場所】文京区千駄木3丁目です。

コメント(2)

 なんだかtwitter的になってきましたよ。中継して下さい、といったりして・・・。笑。

>nsw2072さん
超久々にイベント前に1回ツイッたのですが、その後は展開が早すぎてツイる時間ありませんでした〜。が、早々にこちらで...と思います。
実際問題、現地からUstreamで中継という時代ですね。が、そうする手間暇が無いのが問題です(^^;



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa