三慶美術品店とオタマトーン

| コメント(6)
ここは駿河台下のすずらん通りです。その通りにある "ほぼ楽器店と化した美術品店" です。

この並び(右手)には、以前は、楽器店がもう1軒あって、そちらは完全に楽器専門店。そして、こちらの三慶美術品店は美術店という言うにはちょっと楽器が多いな〜という感じだったと記憶しています。それが、楽器専門店のほうが店を閉じたため、その後、こちらの三慶美術品店さんが、楽器店の性格を強めた...もしくはそのように眼に映りはじめた...という経緯がありました。

何にせよ、こちらは、神保町の古い商店の面影を残す、数少ない店舗のひとつですから、貴重な存在です。

しかし...です。こちら、置いてあるものが古いホコリをかぶったものばかり...なんて思ったら大間違いです。実は、僕も、写真を拡大して見てはじめて気づいたのですが、左上に注目です。何やらワケの分からないモノがあります。早速ネットで検索してみると、こんなサイトがありました。明和電気というのは製造元か...と思いましたが、どうやら、パフォーマンス・グループの名前のようです。世の中、面白い人が居ますね〜。そして...ということは...三慶美術品店さんも...かなり...なのかもですね(^^;

【場所】千代田区神田神保町1丁目あたりです。

コメント(6)

私の所にもどこかのミュージアムショップで買った明和電気製・FINGER SNAP "PACHEENA!"なんてものがございますです。(^_^;)
因みに、もんしぇんの海津研さんが勝ち抜いてニューヨーク行きをゲットした「たけしの誰でもピカソ」のアートバトルでも明和電気の社長は審査員なんてしてましたですね。

ちょうどいま木場の現代美術館で開かれている「サイバーアーツジャパン-アルスエレクトロニカの30年」に明和電機の作品が多数展示されています。
http://www.maywadenki.com/00main_content.html

>iGaさん
いや〜なんとコッチ方面にもお詳しいですね〜。なんとなくiGaさんブログのタイトルに納得(^^;な感じです。で...、ご専門はチズ・ジャズ・クズ(^^;とか...(^^; し、失礼しました。
ところで、iGaさんが明和電気製品を愛用なさっているばかりか、明和電気社長が海津研さんとそんな絡みがあったとはビックリです。世の中ほんとにどこでどう繋がっているかわかりませんね〜。いやいろんな意味で予想もしていなかった驚きのコメントでした!

>真理子さん
こんばんわ。明和電気って、僕が知らなかっただけで、かなり知られた存在のようですね。ところで、現代美術館での展示の情報をありがとうございます。これはもう呼ばれているような気がします(^^; ぜひ、明日にでも、行ってみようと思います!

お!!!この音符の楽器前にネットでチェックしてました。
神保町に用があるので、近々覗いてみねば。

現代美術館といえば、コレも実は最近気になっているのです。
知人が観にいって圧巻だったと言っていました。
http://www.motoi.biz/japanese/j_top/j_index.html
砂絵ならぬ塩絵だそうです。

>らくsan
ええっ、既にオタマトーンをご存知だったとは...呆れます(^^; あ、いえ、そんなこたーありませんです。ところで、オタマトーンですが、Amazonでも売っているので、そちらでオーダーしようか...と思ったのですが、なんとなく、コイツは三慶美術品店で求めるのが正しい!(^^;なんて思っていました。
ところで、現代美術館の塩絵ですが、僕もどこかでその情報を目にしました。きっと現物を見ると、写真とは全然違う迫力のようなものがありそうですね。
これはもう、いよいよ行かねば!になってきました。



ninepeace.jpg


che.jpg


月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2020 masa