水族館劇場 2010 (5)

| コメント(2)

本日(4月16日)、水族館劇場の2010年公演『NOMAD 恋する虜』に向けた巨大テント劇場の設営が開始されました。場所は例年と同じ、駒込大観音境内です。

初日ですから、先ずは資材の搬入などに時間が費やされましたが、役者さんたちが、鳶姿で、親方(脚本家であり演出家であり本職の鳶でもある桃山邑さん)の号令一下、キビキビと作業を進めてゆくさまは何ともかっこいいものです。

また、そういった作業に責任をもって当たることが、芝居にも生きてくることは間違いないと思われます。

しかし今日は、設営初日というのに、生憎と言うのか水族を歓迎したと言うのか...まあ後者でしょうが(^^; 冷たい雨のなかでの作業になりましたが、特に支障もなく、作業が終了するのを見届けてきました。

言い忘れましたが、トップの写真は、巨大テントではなく、楽屋(設営中は事務所や休憩所としても使用される)の骨組みを組んでいるところです。巨大テントの設営開始は明後日から...です。

■カテゴリー : 水族館劇場
■関連エントリー:谷根千ウロウロさんの洗礼です。

【場所】文京区向丘2丁目あたりです。

コメント(2)

masaさん、大変寒い中、カメラにとっては決して良くない雨天での撮影、お疲れさまでした。
そして慣れているとはいえ、我々よりも重労働であった水族館劇場・団員の方々も・・・。
テント全体が組み上がり、徐々に熱が上がっていくであろう劇団の変化が楽しみです。
頻繁にお会いすることになると思いますが、今後ともよろしくお願い致します。
(masaさんの新アイテム装着の姿も、いずれ撮らせて頂こうかと・・・)

>やまだsan
こんにちわ。ほんとに寒かったし、条件良くなかったですね〜(^^; でも、やまだsanのエントリータイトルにあるように、一種の洗礼だったのかも?ですね。
僕は巨大テントが組み上がった状態で見たことはありますが、その課程は見たことがありませんでした。これから、それが始まると思うと大変楽しみです。ほんとにかなり頻繁に顔をあわせることになりそうですが(^^;どうぞ宜しくお願いいたします。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa