段つき路地

| コメント(4)

先日、ひさびさに大塚を歩いたときに撮った写真です。

ちょくちょく大塚を歩いていたのはいつ頃だったろう?と思い、拙ブログの以前のエントリーをチェックしてみると、それはもう四、五年も前のことでした。四、五年という年月は、特に都心では、風景を変えるに十分な期間と言えます。

実際に、古かった建物の表面が化粧板のようなもので覆われ別物に見えたり、確かに在ったと思われる建物が見あたらなかったりします。立て替えも進んでいます。想像を超える規模での再開発(マンション建設)も行われています。しかし、何ら変わらず、以前歩いたときのまま...という風景もまた多く残っています。

この、途中に数段の階段のある路地は、その中間です(^^; 周辺の建物や風景に記憶があることから、以前目にしていることは間違いないのですが、はっきりとした記憶がありません。というよりも、以前のまま...と言い切れません。

おそらくは、路地に面する建物のいずれかが改修された...といったことが、風景の印象を変えているのでしょう。が、この細い路地の静けさと湿度は以前のままで、それが何とも...です。

【場所】文京区大塚5丁目あたりです。

コメント(4)

切絵図をみていて発見したんですが、小石川大塚吹上という町名があったんですね。そいえば吹上稲荷も5丁目でした。あのあたり、吹上の名のとおり、低地と高地に分かれていますから。

>chuukyuuさん
コメントをありがとうございます。手近にある切絵図を見ますと、小石川大塚上町/小石川大塚下町という町名が記されていますが、小石川大塚吹上という町名も在ったのですね...。ということはお稲荷さんの名が先か町名が先か...ということになりますが(^^;それは調べてみることにします。大塚5丁目あたりは確かに起伏があり、歩いていて飽きません...。

いわれて、『東京都の地名』をあらためましたが、小石川大塚吹上は索引にありませんでした。吹上稲荷もむなし。吹上の井だけ、これは、白山権現にあったらしいのですが、同地が白山御殿に公収になったので、いまは、植物園の中にたしかに残っていますね。
吹上という地名は、ほうぼうにあります。風が吹きあがってくる土地のようです。
小石川大塚吹上という地名(通り名?)は、尾張屋板、嘉永七年のものにあります。

>chuukyuuさん
うわっ、大先生に調べ物までしていただきまして、たいへん申し訳ありません。私の部屋のなかにある(僅かばかりの)資料をあたった限りでは、小石川大塚吹上なる町名は見つかりませんでしたので、近々に真砂図書館へでも...と思っていたところでした。が、chuukyuuさんほどの資料を揃えていらっしゃる人・機関は多くないはずです。お教えいただきまして、ありがとうございます。僕も、もう少し郷土史のひもを解かねば...と反省しています(^^;



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa