こもれび仕舞屋

| コメント(4)
用あって保谷(ほうや)に行ってきました。

保谷という名は、西武池袋線の駅名としては残っていますが、10年ほど前に、保谷市と田無市が合併して西東京市になったことから、地名としては存在しないはずです。

ところで、西武池袋線は、あちこちで、大規模な高架複々線化を行っていますが、保谷駅でもホームの改良工事や駅前の大規模な再開発が進行中でした。

駅前を通る昔からの街道の両側には、商店街を形成していたに違いない...と推測させる古い建物が所々に残っていますが、大きな区画に整理された更地もまた目につきました。

そんな街道を西の方向に歩いていると、駅からそう離れていない場所で、こんな風景を目にしました。新緑が実にきれいです。そして、ごく一般的な道路脇にしては緑に厚みがあります。雑木林感覚です。さすがに市部です。

というわけで、ついその道に逸れて歩いてみました。そこで出会ったのが、今日の写真の家です。平屋の看板建築ですが、看板に文字が見えないところからしても、仕舞屋になってもうかなりの年月が経過した...という感じです。

しかし、新緑のあいだを漏れてくる光を浴びてひっそりと佇む仕舞屋...。なんとも惹かれるものがありました。それにしても、どんなご商売をなさっていたものやら...です。

【場所】西東京市東町3丁目あたりです。

コメント(4)

おはようございます。
木漏れ陽とカーテンのローズがアクセントになっていて、
被写体のちいさな家と同様、すてきな小品ですね。
このお宅、洋裁や牛乳宅配のお店だったら・・・などと
かってに想像をふくらませながら拝見しています。

>Rambler5439さん
おはようございます。コメントをありがとうございます。
こちらは、良くある意匠なのですが、ご指摘のように木漏れ陽など...そして斜めになった柿と思われる古木やその後方の三角屋根も好演(^^;していました。
表通りからちょっと離れた位置ですから、洋裁店や配達系のお店である可能性はありますね。なんとなく「興真牛乳」という文字が見えるような気がしてきました(^^;

追:ご自身のブログの読者の方に拙ブログをご推薦くださいまして...大変恐縮しています。ありがとうございます。本来はそちらで御礼申し上げるべきですが、妙に照れてしまいまして...。

いいなあ!このコンパクト感。後ろにちらりと見える家(前の部分とセットですか?)も結構、結構!「こんな風景」の方の写真も「この街に住みたい」と思わせる魅力十分です。

>薫風さん
こんにちわ! いいですよね...仰るコンパクト感。相撲の枡席の小ささが解る!という感じがしませんか(^^; ところで、後方の三角屋根の家とこの看板建築部分は繋がっていました。しかし、新緑の美しさもあったのでしょうが、この通りは空気がひんやりと肌に心地よく、魅力がありました。が、後方の空を見てください。大型マンション建設現場を覆うブルーシートです...。この風景ももはや...と、つい考えてしまいます。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2016 masa