小菅の路地

| コメント(4)
前エントリーでは、小菅の東京拘置所まわりの事情を採り上げましたが、それは、あまりの変化に驚かされたゆえ...ということで、僕本来の興味からは、実はちょっと逸れたエントリーでした。

が、拘置所の塀が取り払われたり、その敷地に建てられた集合住宅に相当数の住人が移転してくることなどを考えると、このまちは、これからしばらく、注目に値するように思います。

ま、それはそれとして、この地区は、荒川と綾瀬川と裏門堰で一種の島状態になっていますが、拘置所の南側には、こぢんまりとした古いまちがありました。

上記したように、物理的に中ノ島化しているようなものですから、そこは、まとまった集落としてやってゆく以外になかったと思われます。実に狭い範囲ですが、実際に歩いてみると、住人の誰もが知り合い...それも親戚のような親しさで交流なさっていることが見てとれます。

そして、あちこちで目にした立ち話し風景やすれ違いざまのやりとりの様子...などを見ていると、ここではツイッターは不要だな(^^;という感じです。それよりも早く、アナログに情報が飛び交っていそうです。「カメラ抱えた怪しげなのが歩いている。が、無害のようだ」などと...(^^;

今日の写真は、そんな小菅のまちの路地を撮ったものです。なんだか久々に味わう良い路地感覚でした...。

【場所】葛飾区小菅1丁目あたりです。

コメント(4)

ここではツイッターは不要だな(^^;という感じです。
うらやましい。
うちのマンションは、ツイッターも飛び交わない。
だから、情報はずれ。

>chuukyuuさん
じ、実感こもってます(^^; 身につまされます(^^;
町会の超若長老(^^;でいらっしゃるchuukyuuさんにお骨折りいただき、大変もうしわけなくもありがたく思っている者は多いと思います。しかし、思い...ばかりではなく、町会機密費でも出れば良いのですが(^^;(^^;

気持ちのよい写真ですね。
きちんと手入れをしながらお住まいになられるている様子が、鉢植えや砂利の地面から伝わってくるような気がします。心にしみていきますね。

>wakkykenさん
ほんとに気持ちの良い路地でした。この手前には縁台があり、ご老人のたまりになっていました。こちらにお住まいの方とも二三言交わしましたが、やはり気持ちの良い方々でした。それが風景に映るのでしょうか...。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa