柳原マッサージ院

| コメント(2)
北千住を歩いてきました。北千住といっても、このところ小菅を歩いていましたから、その"かつての隣町"とも言えるところを中心に...です。町名で言うと、日ノ出、千住旭町、柳原あたりです。

それらのまちを含む一帯は、以前にかなり歩いていますから、「あ、懐かしい」と感じる建物なども多々あります。が、「おお、こうなったのか」という変化も多々あります。まちは動いてますね、やはり...。

そんな調子で歩いていると、柳原の、わりと荒川に近いあたりで、今日の写真に収まっている柳原マッサージ院の前を通りかかりました。周囲には新築の家が並んでいたこともあって、辺りの雰囲気が以前と違い、チラと目にしたときは、こんな所に見知らぬ古い建物が在ったかな?などと思いましたが、近づいてみると、以前に何度も目にした建物でした。

これだけ特徴がある渋い建物ですが、しばらくこのまちを歩かずにいたせいで、存在することすら完全に忘れていました。しかし、相変わらず存在感あります。良いですね...実に...。

この付近には、他にも錆びの浮いた波形トタンの渋い建物があります。そういった建物だらけのまちだったのでしょう。が、今となっては、往事の風景を妄想するのもなかなか難しい...というところまできています。

【場所】足立区柳原2丁目あたりです。

コメント(2)

masaさん、こんにちは。
masaさんおっしゃるところの空白地帯のようなので、コメント書かせてください。
このまえ、柳原ご一緒したときにもこの建物に出会いました。もちろん、事前にこのエントリーを拝見しているのですが、本物を前にしても、しばらくわかりませんでした。「柳原マッサージ院」の看板でやっとわかりました。masaさんがお撮りになった写真でもよく見ると確認できますが、実際にこの建物をみたとき、トタンの淵がとてもカワイイことに気がつきました。なんといいますか、飾りが入っています。シャツでもありますよね、少しステッチのはいったカワイイものが(私のようなおじさん向けではありませんが)。そのシャツを連想しながら建物を味わっていました〜。

>wakkykenさん
隙間をパテで埋めていただいてますようで...(^^; かたじけなくもありがとうございます。
この建物、かなりな力作ですよね。これだけ1階部分と2階部分のバランスが悪いなりによろしい(何のことやら?ですが(^^;)のは滅多にないと思います。
あの時、そうでしたね、時間差で「あ、あの建物...」という感じでお気づきになりましたよね。写真はある角度からのみの記録になりますから、こうした立体は、現地で現物を見ると、また違って見えたりもしますので、それは自然なことだと思います。
淵...と仰ってるのは、石の上にトタンを置いて叩いて出したような柄の部分ですよね。こうしたちょっとしたことなんですが、最近の新建材を使った建物にはもう見られない細工ですね。最近の建て売り住宅あたりになると、もう大工仕事の産物とは言えない感じですね...。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2016 masa