ラブと背番号67

| コメント(35)
昨日は梅雨の合間の薄曇り...という感じで、とにかく蒸し暑かったですね〜。歩いていると、肩にかかるバッグのベルトあたりから汗が噴き出し、それがTシャツの袖ばかりか首から胸のあたりまでビッショリにしてくれるほどでした。

そんな日に、隅田川の土手を歩いていました。大気中にたっぷりと含まれた水蒸気のせいで、遠くの景色が霞んで見えます。それが、レンズの効果云々以前に、遠景をぼかし、近景を浮き上がらせる効果を生んでいました。そんなことに気づいたのも、スカイツリーの背が伸びたからこそですが...。

ぼんやりとそんなことを考えながら、ちょっと立ち止まり、吹き出す汗を拭いていると、左手から、クロとベージュの二匹のラブラドールを連れて歩いてくる女性の姿が目に入りました。気分です...。というわけで、彼らが、僕のまえを通りかかるのを待ってシャッターを切りました。紫地にグリーンで67と入ったT...もいい感じです。

【場所】荒川区南千住8丁目あたりです。

コメント(35)

ラブっていうから…
てっきりボクだと…思ったのに〜ウッフン♥
この土手は、ボクもラブリ〜♬

masaさん、こんばんは〜♪

↑ラブ太郎-Gさんって、新人?、どなた?…っと思いましたが、な〜んだ、京島くんじゃないですか。でも、エントリーにあわせて名前を替えるのって…アリかな(^^;;;。そのうち私も…かもです与。さて、荒川ではなくて隅田川ですか〜。ぐっと隅田川がカープしているところですね〜。う〜ん、また東京歩きたくなりますね。私って、基本的に東京でもこのあたりが好きなんですよね。一方で、いまだに、六本木や麻布のあたりって、よくわかっていません(^^;;;。話しはかわりますが、サッカー、最後まで応援しました。負けたけれど、良い試合でした〜。

>ラブ太郎-Gさん
こんばんわ〜。なんだかリポビタン-Dみたいな感じになってきましたね(^^;
ところで、Kai-Waiでラブとくりゃそらガーデンだろう...と思うのがトーゼンですね(^^; 肩すかしになって申し訳なし...です。しかし、この土手、人工的とはいえ、広々してますね〜。ラブ太郎-Gさんお気に入りとはしらなんだ...ですが。

>wakkykenさん
相変わらず超お忙しいのにコメントをありがとうございます。
京島くんは、どうやら、怪人○○コ面ト相(←苦しい(^^;)を目差しているようですね(^^;
ところで、この場所は、そうです、隅田川が大きく南に方向を変えるところです。中川のウネウネも良いですが、この場所もまたとっても良いですよ。次回、この流域のどこか...にしましょうか?(^^; 今日、実は、このもっと上流の小台(ついコダイと読んで古代を連想(^^;)や宮城(つい竜宮城を連想(^^;)を歩いてきました。蒸し暑くて参りましたが、それに耐えただけのことはありました与。
サッカーは、僕も最後まで見てました。ああなると、惜しい...なんて思いますが、あそこまでよく行った...と思いました。夢を見せてくれましたよね!

masaさん、おはようございます。
ここ1月半、ちょっと大変な仕事があったのですが、やっとそのドタバタも終息しかかってきました。
ちょっと一息です。さて、もっと上流の小台や宮城、googleで確認しましたが、荒川と隅田川で挟まれたエリアですね〜。ちょっと「最果て感」のようものを感じさせところが、エエ感じですね〜♪しかし、ご体調がかつてのようにまだ完璧ではないように推察いたしますが、大丈夫でしょうか?夏バテなさらないように、どうかお気をつけください。これからの、まち歩きは、普通のハンドタオルや替えのTシャツがいりますよね〜。

>wakkykenさん
荒川と隅田川で挟まれた擬似中之島的な地域が、北から、浮間、新田、小台・宮城、北千住...とあるわけですが、小台・宮城が未踏になっていました。が、ようやく昨日歩くことができました。これは日暮里舎人ライナーの開通によりアクセスしやすくなったことが大きいですね。
ところで、このところ、歩く時間も距離も、以前に比べますと、三分の一以下程度におさえています。なんせ蒸し暑く、半端じゃなく汗をかきますので、水分補給にも気をつけるようにしています。
wakkykenさんも、大忙しが収束方向とはいうものの、暑さにはどうぞお気をつけください!

masaさん、こんにちは。
「擬似中之島的な地域」、踏破されましたか!!すばらしい。
「地理的に」怪しげなところ、おもしろいですよね〜。
うやらましいな〜、いいな〜。
おそらく、こんな感想をもつのは、私だけだと思います(^^;;。

ところで、夏のまち歩きは、熱射病に注意ですね。

>wakkykenさん
はい、なかなか面白かったですよ。しかし、土手を歩いていると、本気で、空はこんなに広かったか...なんて感じられ、それだけでも気持ち良いですね。
ところで、wakkykenさんを刺激(^^;してしまいそうですが、小台・宮城の宮城側先端(汚水処理場のあるところ)に立ったとき、大阪でご一緒させていただいた、田蓑神社のある中之島先端に立ったときの感覚が蘇りましたよ!

masaさん、こんにちは。

「田蓑神社のある中之島先端に立ったときの感覚」!!
おお〜、微妙なコースに鋭いシュートを投げてこられましたね(^^;;。
地元・関西も歩かねばなりません。
夏休み…かな(^^;;。

masaさん、またまたこんにちは。

masaさんのエントリーをみて、このあたりの地図を眺めていると氷川神社の存在に気がつきました。調べてみると、氷川神社とは荒川の神様のことで、あちこちに祀られているようですね。今日は時間がないので、また、なにかのおりに書きます。こういうのがありました。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~map/071207/071027_ARAKAWAsummit.pdf

変なコメントですみません。

>wakkykenさん
足の外側でチョンと引っかけたような微妙なシュートだったでしょ?(^^;
ところで、氷川神社というのは都内あちこちに在ると思いますが、大本が大宮にあるんですね。実は初めて知りました(^^;
宮城北端にある氷川神社は、閑散感はありましたが、そう広くもない境内が、鳥居と社以外は何もないせいか、妙に広々と感じられました。きちんと清掃されていたこともそう感じさせる要因かもしれません。
また、小台のほうには、こちらもこぢんまりとしてはいますが、石の柵に囲われた天祖神社がありました。

masaさん、こんばんは。

「きちんと清掃されていたこともそう感じさせる要因かもしれません」とお書きになっていることに、とっても共感します。地域の皆さんの手が、手間が、きちんと日常的に加わっているということですよね。きちんとお世話をされる方たちがいる、ということでもありますね。ある種、地域コミュニティのバロメーターみたいなところがあります。関西だと、比較古い町にあるお地蔵さんが、そのようなバロメーターかな。

「さてさて」、「いよいよ」東京に、「またまた」行きたくなりました(^^;;。

>wakkykenさん
神社とかお寺の境内って、なんとなく、その地域の様子をうかがわせますよね。ところで、どうやら、氷川様がwakkykenさんをお呼びになっているようですね(^^; そろそろ「まずは大宮そこから荒川沿いに戻る」ルートを考えておかねば!という感じになってきましたね(^^;

msasaさん、おはようございます。

私、氷川様に呼ばれているんですか?氷川きよしさんにはほとんど関心がありませかんが、氷川様であれば、喜んででかけていきます。「まずは大宮そこから荒川沿いに戻る」ルートを考えておかねば!とのご指摘、確かに受け止めました(^o^)。

↑のコメントに貼付けたリンク先のなかには、氷川様に関して「祭祀圏」という言葉が出てきました。現在の東京都と埼玉県あるいは○○区と××区のような自治体のあいだに引かれた境界を越えて、水害という自然の脅威と作物を育てる豊穣さをもとらす荒川と向き合って暮らしてきた古の人びとの、意識の「古層」の広がりが、「祭祀圏」の向こう側に垣間見えるような気がして、とても興味深いです。ひさびさに、「まじアースダイビング」って感じですか(^^;;。

>wakkykenさん
やや、だいぶ本気モードに突入ですね(^^;
ところで、「祭祀圏」という概念、興味深いですね。それが、もし、欠片のようなものでも、視覚的に確認できたら、ぶっ飛んでしまいそうです。
荒川沿いを歩くとき、つい両岸を歩いてしまうのは、もしやそんなものが見えないか...という淡い期待がそうさせるところがありますよね。しかしその期待は裏切られることが多いわけで...(^^; この、「共同圏」とも言いかえられそうな概念は、そのあたりの突破口となり、何かしら、これまで見えなかったものを見せてくれる可能性を感じますね。

masaさん、こんにちは。
ははは~、だいぶ本気モードに突入しています与(^^;。

私はスカイツリーができたら、タワーのてっぺんから関東平野を眺めてみたいと思っています(もちろん、東京の街や東京湾の方面も・・・ですが)。というのも、頭のなかにiGaさんのブログのエントリーで拝見した地図がずっと頭のなかにあるからです。
http://madconnection.uohp.com/mt/archives/kaishin20kantou.html

完成したスカイツリーにのぼると、左(西側)の武蔵野台地。右(東側)に下総台地。そして真正面(北側)にひろがるのが関東平野です。もちろん、「秋の本郷でアースダイブ」に登場した例のゴーグルをつけて(^^;。妄想レベルをかなりあげて見てみると、目の前に広がるのは大湿原のはずです。そのぐらいのスケール感覚でも大地を体感してみたいのです。そのとき、自分の足でテクテク歩く「虫の眼」の感覚と、広い範囲を一度に感じ取る「鳥の眼」の感覚が、あたかも融合するような気持ちを味わうのではないでしょうか。

スカイツリーからみえる大湿原のむこうには大宮台地が見えるはずです。そこには、氷川神社があります。氷川神社をwikipediaで見てみると以下のような記述がありました。
-------------
氷川神社の位置は、かつての見沼の畔であり、氷川神社の神池は見沼の名残で、もともと氷川神社は見沼の水神を祀ったことから始まったと考えられている。また、霊峰富士山と筑波山を結んだ線と、浅間山と冬至の日の出を結んだ線の交差地点にあり、大宮の氷川神社、中川の中氷川神社(現・中山神社)、三室の氷川女体神社が、浅間山と冬至の日の出の線上に一直線に並ぶ。
-------------
スカイツリーにのぼり、妄想レベルをあげた「鳥の眼」からすれば、上記の歴史地理学的なことまで含めて、大地のイメージをインプットすることも可能かなと思います。そうすると、「虫の眼」でまちを歩くときの感覚も違ってくるのではないかと思うのです。

まあ、仕事に疲れているので、妄想の世界に逃げているわけなんですけど(^^;;;;。

>wakkykenさん
本気モードですね〜。しかし、スカイツリーの高さは、鳥の目視線にはぴったりでしょうね。もうこうなったら、いずれ、飛行船と屋形船の両方をチャーターしたダイブを企画しなければなりませんね。ま、実現は難しいでしょうが夢として(^^;

ところで、有力な神社とその分社の位置と、信仰の対象にもなっている滝や山の頂などを線で結んでみると、それらは、とかく
■春分・秋分の日出と日没を結んだライン
■夏至の日没と冬至の日出を結んだライン
■冬至の日没と夏至の日出を結んだライン
のいずれかと重なるそうですね。(『神社の系譜 なぜそこにあるのか』宮元健次著によります)
氷川神社の場合もそれに当てはまっているようで...怖いですね(^^;

ま、とにかく、スカイツリーが完成するまでは、まだ少々時間がありますので、僕もwakkykenさんにおいていかれないよう、妄想を膨らませておきます(^^;

masaさん
妄想爆走しているので、フォローしてついてきてください。たぶん、ついてきていただけるのはmasaさんだけですから(^^;。

さて、飛行船、浮かべましょうかね~!!飛行船だと、じっくり観察できますね。本気になっていると、実現するかもしれませんよ!!

ところで、「氷川神社の場合もそれに当てはまっているようで...怖いですね(^^;」とのことですが、大丈夫ですよ~♪・・・(^^)v。ずっと昔の皆さんは、自然の動きやリズムに敏感でしたから、自然に内包されている法則のようなものを自分たちの存在の基礎に写しとって暮らしをしていたのでしょうね。大宮の氷川神社や見沼田んぼ、本気で行ってみようと思っています。

>wakkykenさん
了解しました。フォローできるだけの妄想系気力体力つけておきます(^^;
しかし、飛行船まで浮かべるというスケールになりますと、『ブラわきた』なんて番組(^^;にでもならないことには予算的に難しいですね〜。とりあえず、JRで大宮...あたりからいきましょう!(^^;

masaさん、おはようございます。

はいはい、「妄想系気力体力」の増進におつとめくださ〜い(^^;;。
NHKに『ブラわきた』という番組をつくってもらって飛行船を飛ばさなくても大丈夫。「妄想系気力体力」を増進すると、地上にいても、魂だけは、あたかも飛行船に乗っているがごとく空中を飛ばせることができます。「鳥の眼」の獲得です(^^)/。もう、怪しい世界にも突入です。

とりあえず、JRで大宮ですね。こちらの『Kai-Wai散策』で埼玉県といえば、川口、川越、朝霞、新座はありますが、まだ大宮はありません。楽しみだな〜!!

>wakkykenさん
了解です!「妄想系気力体力」増進は主にイメージトレーニングになると思いますので、それに努めておきます。
ところで、氷川神社の最寄り駅は北大宮のようですが、近くに鉄道博物館があり、wakkykenさんはそちらにも引っ張られていらっしゃるようで...(^^;
氷川様詣でしたその日のうちに荒川中之島に戻るのはかなり難しそうですね(^^;

masaさん、こんばんは。

今日は、学生と一緒に、職場のある地元・大津の大津祭の勉強でフィールドワークをしていました。でも、仕事が一段落すると心は「荒川の氷川神社」なんです与!! 

大宮、いや北大宮ですが、masaさんと一緒に鉄道博物館というわけにはまいりません(twitterご覧になりましたか(^^;;;)。すぐさま、大宮の氷川神社、中川の中氷川神社(現・中山神社)、三室の氷川女体神社、あるいはそのあたりの見沼田んぼ…でしょうか。

見沼田んぼは、かつての縄文海進期の名残です。縄文海進期に奥東京湾が生まれた頃ほを妄想しつつ、かつての海岸線を妄想しつつ…であります。これは、かなり妄想レベルを上げなければなりませんね(^^;;;;。荒川周辺にたくさんある氷川神社は、縄文海進の海岸線から少しはいった台地の上にあります。とまあ、書き出したらきりがないので…(^^;;。

で、氷川様詣をしたら、やはりその日のうちに荒川中之島に戻るのは難しいでしょうね〜。また、そのあたりは、ご相談させてください。

>wakkykenさん
やはり、wakkykenさんの興味が向かうのは、現在活動なさっている稲作の関連もあり、「氷川神社・中山神社・氷川女体神社+見沼田んぼ」の方向ですよね。氷川神社から氷川女体神社までが直線で約7キロですから、大宮歩きでたっぷり1日...というか、1日では足りない(^^;...というコースになりますね。もう、投宿場所を大宮にするか東京にするか...という感じですね(^^;

masaさん

自分の気持ちだけで先行して…。
神社間がそんなに離れていることを考えていませんでした。「虫の眼」と「鳥の眼」のギャップです(^^;;。
これは、大宮駅前でレンタカーを、私、借ります与(^0^)!!
あるいは、一日、私のほうが先にあちこちダイブしておいて合流っていう手もありますね。
masaさんのご関心とも相談させていただきます。

>wakkykenさん
わはは、レンタカー...ですか。大宮の交通事情は知りませんが、もしや車があると移動は楽ですが、駐車場探しだとか、意外と不便な面もありますね。なんせ70キロじゃないですから(^^; しかし、久々に谷戸と岬や神社などが絡み、本格的なアースダイブになりそうですね。まあ、確かに、どこかで合流パターンでしょうか?(^^;

masaさん、こんにちは。

「思い」が先行してしまいまして…申し訳ないです…レンタカーも難しそうですね。見沼田んぼには、駐車場がほとんどないそうです(^^;;。ポイントを絞っていかないといけませんね。大宮の氷川神社と、あと1コースというところでしょうか。いろいろ整備されすぎているので、そこがちょっと…という感じではありますし、見所ポイントが集中してい存在しているというわけでもないので…そのあたりが難点でしょうか(^^;;。あえていえば、個人的には http://www.minumatanbo-saitama.jp/midokoro.htm のページにある「氷川女体神社と歴史」のコースでしょうかね〜。7.5kmのコースです。で、合流パターンということになりますと、前日は、私は単独で鉄道博物館だったりして…(^^;;。

>wakkykenさん
見沼田んぼは、やや「どうぞご覧になって」感が強すぎる感はありますね(^^; その辺り、我々(僕だけ?)は、やや変態的ではありますが、地形が無造作に建物の下敷きになっている(地形のうえにひとの暮らしが堆積したというべきか)...のが、嬉しかったりするタイプですもんね(^^;
いま、「氷川女体神社と歴史」のページを見ましたが、瞬間的には上野の不忍池の風景とダブリました。
どちらにしても、wakkykenさんの場合は、大宮までいらっしゃるのなら、鉄道博物館訪問は必須ですよね...。

masaさん、そろそろお昼です。こんにちは。ひさしぶりに、家でゆっくりしています。

さて、お書きになっている「どうぞご覧になって」感のこと、いい表現ですかね〜。もちろん、「我々」という表現でOKですよ〜!!ところで氷上女体神社の近くには、縄文時代の馬場小室山遺跡のような遺跡がゴロゴロしているようですね。いろいろ勉強せねば…です(^^;;。で、恥ずかしながら(?!)鉄度博物館のほうも楽しもうかと…(^^;;。

>wakkykenさん
そーとーに氷川様度が上昇していらっしゃいますね(^^; チェックなど宜しくお願いいたします。僕の場合は、いつものように、何の下調べもなしに現地突入(^^;になると思いますので...。ところで「鉄度博物館」ってなんだか良いですね(^^;

masaさん、こんにちは。

昼飯に、冷やし中華食べました〜。関西では、冷麺っていいますけど。
ところで、鉄度→鉄道のミスタイプですね〜。すみませ〜ん。
しかし、どれぐらい自分が鉄道マニアなのあ、その鉄度(鉄道マニア度)を実感できる博物館って感じですね〜。

ところで、氷川様のこと調べていることをtwitterでつぶやくと、コーヒーショッブめいぷるのバリスタ、関口さんの奥様からメッセージが届きました。彼女も氷川様について半日ほど調べていたところだったんですって。なんだか、シンクロ〜なのであります(^^;;;。

>wakkykenさん
関西でいう冷麺って、盛岡冷麺よりも関東の冷やし中華に近いのでしょうか...。そういえば、小菅で食べた冷やし中華は美味しかったですね〜。行ってこようかな?(^^;
ところで、こんなやりとりはTwitterのほうが適当なのかも...ですね。そちらも確認しました。じえじえさんって、そういう方だったのですね、なるほど...です。しかしまたどうして氷川様だったのでしょうね〜。

masaさん、こんにちは。

関西でいう冷麺って、関東の冷やし中華そのものです。盛岡冷麺は、あれは麺が澱粉100%でゴムみたいな感じになっています(^^;;。小菅では、masaさん、冷やし中華でしたね。ああういう立地にあるお店には、「昔ながら」の美味しいものが「残っている」んでしょうか(^^;;。

masaさんも、twitterで確認していただけましたか。じえじえさんって、なにか面白そうな人なんですよ。「ラブマツ」の日記などもお読みになればすぐにわかります。「ラブマツ」のほうでも、紹介メッセージをお送りしておきました。で、私も、twitterでなぜ氷川様なのか、お尋ねしています(^^;;。だって、聞きたくなりますよね〜、不思議ですもん。

>wakkykenさん
いまふと気づきましたが、ラブと背番号67から氷川様へ、氷川様つながりでめいぷるさんへ、そこからラブまつ...という...。やっと、エントリーのタイトルとコメント欄が直結いたしました!(^^; やはり不思議な縁です...(^^;

masaさん
ラブから始まりラブにおわる、関口サンご夫妻もラブラブ…お後がよろしいようで〜(^0^)。

>wakkykenさん
カーーン カーン カン カン カンカンカンカン...。拍子木が打ち鳴らされました(^^;



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2016 masa