サンセット 10.07.12

| コメント(4)
午前中は強風が吹き雨が窓を叩いていましたが、午後になると、風雨ともにおさまり、まちから傘が見あたらなくなりました。

そんな日の夕方、水道橋駅で降りて、家に向かって歩いていました。が、空の様子が気になります。雲と光の具合が何となく何かを起こしてくれそうに見えます。

しかし、日没までに小一時間はある...という時間帯だったので、時間つぶしがてら、御茶の水駅方面へ歩くことに...。

御茶の水駅前のCD屋に立ち寄り、ちょこっと棚を見てまわった後に外の様子をうかがうと、ビルのガラス壁に反射する光の雰囲気がもうはっきりと違っています。これは外で待ちだな...と思い、聖橋のうえに移動しました。

すると、すでに一眼レフを構える先客が...。そして、時間を追うごとに...空が赤みを増すごとに、カメラを構える人の姿が増えてゆきます。その多くは携帯ですが...。

そんなこんなで、サンセットショーももう終わりだな...というタイミングで撮ったのが今日の写真です。聖橋からお茶の水橋方向を撮ったもので、右下に見える水面は神田川です。そして、その左上手に御茶ノ水駅のホームがあります。

【場所】千代田区神田駿河台4丁目あたりです。

コメント(4)

やぁ、すばらしい。
空の気配に気づいて、聖橋ならぬ大和田橋に向いました。残念ながら……時既に遅し……でありました。

>AKiさん
早速コメントをありがとうございます。都心ではなかなかサンセットショーを眺める機会がありません。昨日は珍しく...でした。ところで、CX1がサンセットをどう描くか...興味ありますっ!(^^;

夕闇の中で神田川がなんだか「神秘の川」めいて美しいですねえ。同じように、過剰な情報を遮断して目を細めてみるとこの世の中もちょっと良く見えるのかもね、などとひねくれた考えをもちました。
まあそれはともかく、毎回美しい写真に感謝!

>薫風さん
コメントをありがとうございます。水が濁っていようが淀んでいようが、とにかく、夕焼けを反射した水面には引き込まれます(^^;
東京のまちには、本当に情報といいますかノイズといいますか、そんなものが溢れていて、それらに目隠しされているようですね。
この日のサンセットは、実は、秋葉原側で派手な展開があったのですが、最後の最後に、御茶ノ水橋側で、仰ってますように、減光による省略化が、落ち着きのある静かな風景を見せてくれました。



ninepeace.jpg


che.jpg


月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2020 masa