自転車のカギ

| コメント(14)

唐突ですが、自転車のカギって、これは!というのが見あたらないものですね。...というわけで、ついに自作してしまいました。

実は、LOVE GARDENのcenさんと、カギに良いものが無い...などと話していたら、「これはどう?」というメールが入りました。なかなか良いな...と思い、そのサイトを見ていると、こんなカギもあります。そして僕には後者のほうが良い感じです。しかし、しかし、見ればどれもSOLD OUT。残念...。

が、見ているうちに、これなら自作できるのではないか...と思いはじめ、実行に...
まずはネットを徘徊し、南京錠 (英国SQUIRE社製 / これはサドルで有名なBROOKS社の工場でも使われているようです) を入手。次に、チェーンは重いステンレス製やスチール製ではなく、アルミ製のものを新宿東急ハンズで入手。チェーンのカバーは、本当はアロハの生地で...などと思っていたのですが、とりあえず、丈夫なナイロン生地で標準的に...。これはやはり新宿のユザワヤで入手です。
そんなわけで、それらを組み合わせて、自分だけのカギのできあがりです(写真左)。実際に使うとこんな感じになります。

しかし、こんなに軽く短いチェーンのカギでも、近所の図書館まで借りた本を返しに...とか、ホームセンターでちょっとした工具だけ買って...という場合は、邪魔くさく感じてしまいます。そんなわけで、ごくお手軽...ということを考えて入手したのが、右の写真に写っている南京錠 (北欧Abloy社製 / やはりネット徘徊中に発見) です。実際に使うとこんな感じになります。これは本当に手軽です。

写真右では、このAbloy社の南京錠とチェーンを組み合わせてありますが、この状態で持ち歩けばいちばん便利で最強かな...と思われるセットです。長時間駐輪するときはチェーンとAbloy社南京錠を使い、ごく短時間停めるときはAbloy社南京錠だけを使って...という使いわけができます。

しかし、ここで悩みどころは、「Abloy社の南京錠より、SQUIRE社の南京錠のほうがちょっと可愛いかな...」というあたりです(^^; なんだかカギ本来の機能とはかけ離れたところで悩んでいますが、同じようなことをあれこれと考えていらしゃる方も多いのではないかと思い、エントリーに至った次第です(^^;

【場所】文京区本郷・東大構内です。

コメント(14)

Masaさん、お久しぶりです。
それにしても、しゃれた鍵ですね。これを自作してしまうとは!
それから、東大構内で試走されているというバイスクルも素敵です、絵になります。Masaさんがキヤノンを下げてゆっくり流している光景が浮かんできます。またお会いしたいですね。

>kazuさん
こんばんわ。ほんとにしばらくお会いしてませんね。ご無沙汰...申し訳ありません。
このカギ...そこそこ良いでしょ! でも、このチェーンを覆っている部分の布の柄や質、そして留め具と少々の革などを使うともっと良くなると思います。強力な助っ人が居ますので、そのうちまた...と思っています。
確か、kazuさんはクルマや模型と同様、自転車にも詳しくていらっしゃったのでは? そのうちコイツに跨って...です(^^;

おっしゃる通り鍵は本当に悩みどころです。
自転車泥棒さえいなければ…こんな気苦労しなくても済むのに…(^^;

結局、楽ちんなのはママチャリ系の自転車本体に付いている簡素な鍵なのですが…どうにも…です!
そこで、このAbloy社のものをうまく本体に取付けておけないものでしょうかね〜?
そうすれば、ちょっとの買い物程度なら…カチャッ♪てな感じで…

いずれにしろ、難しい悩みですね。

>cenさん
泥棒に本気で狙われたらどんなカギで施錠しててもダメなんでしょうが、とにかく、駐輪する側の精神衛生ってこともありますから(^^;やはりカギは必要ですよね〜。
昔は、自転車のカギというと、小さな鉄の板が横にスライドしてスポークの間に入る...というタイプ(いまのママチャリ系の前身)だけでしたが、いま考えるとノンキな時代だったんですね(^^;
このAbloyのカギは、小さいので、さっとポケットに入れることができて楽です。自転車に取り付けるという発想はありませんでしたが、それができればもっと楽チンですね。でも、ちょっと難しいかな〜。

こんにちは
素敵な鍵を自作されましたね!
泥棒さえいなければ・・・同感です。
そして昔のママチャリに付いていた簡素な鍵が懐かしく羨ましくも思えるこの頃です。

実は僕も自転車本体に付けられる鍵を考え、探しているところです(^^
チョイと、コンビニ入る時などは便利ですからね。
候補はあるのですが折り畳み自転車のブロンプトンに取り付けられるか?それが問題です。

こんにちは。
ラッカー塗装のブロンプトン、シブい仕上がりですね。溶接痕にこだわってらっしゃるとは、かなり泥沼状態ですね(笑)。鍵の携帯にはむかしから苦労してますが、未だに解決せず、です。どのみち、できるだけ自転車から離れない、ってことでしょうか。
あと、こんなグリップ、いかがでしょう?自転車の本場ポートランドの会社なんですが、ブルックスのより安くてなかなかいい感じです。
http://www.ridepdw.jp/products.html

>mincoroさん
こんにちわ。結局、気に入ったカギが見あたらず、見あたったと思えば売り切れ(^^;で、こんなことになってしまいました。が、ブロンプトン購入に至ったときと同じで、結果大いにオーライ状態です(^^;
しかし、自転車ばかりではなく、このカギが盗まれてもショックなので、カギを施錠するカギが必要か?なんてバカなこと考えています(^^;
ところで、本体に固定するカギを考えていらっしゃるとか...。もし実現できましたらぜひぜひご紹介ください。そうできるとちょっとしたお使いのときなど本当に便利ですよね〜。

>たろやむsan
ううう、自転車帝王(^^;にコメントいただいてしまって...なんだか恥ずかしいやら...です(^^; まあ、自動車のほうが安上がり(^^;というたろやむsanの世界には絶対に入らないように気をつけながらも、元々興味があったものですから、ついついずるずるな状態になっています。
ご紹介いただいたグリップ、スッテキです! これからハンドルまわりに手を入れるつもり(PAULのレバーなどいってしまう積もりです(^^;)でしたので、実にタイミングの良いアドバイスです。いや、こういった沼にハマりきった方からのアドバイス、大変に貴重です。もし、また、その気になられましたら、ぜっひぜひご指導ご助言お願いいたします!

すてきな南京錠があるんですね。
ユーモラスでもあるし、BROOKSと同じってのもいいなあ。
アルミのチェーンていうのは、曲げられる心配はないのですか?その対策に溶接してあるのかもしれませんが。

しかし、スポークにちょっとつけるってのは、ぼくの身近な人間が失敗したことがあります。
そいつは、南京錠の首の長いやつをつかっていましたが、目立たないものだから
自分でもロックをしていることを忘れて走り出してしまったことがあります。
スポークがひどく曲がってしまったのはいうまでもありません・・スポークは交換しました。
masaさんなら、そんなことはしないでしょうがね。
そのおバカは・・・・・もちろんわたしです。

>玉井さん
わははは、もう、玉井さん、ほんとにたくさんの逸話をお持ちでいらっしゃいますね〜。でも、昔は、自転車のカギ(スポークの間に鉄板をスライドさせるタイプ)をかけわすれてスポークがガギってのは定番の失敗でしたから、南京錠のみ方式はいかにもそれをやってしまいそうです。やはりチェーンとSQUIRE南京錠の組み合わせを多用することにします。
SQUIREの南京錠ですが、これは"Old English"とも刻印されています。その名が示すように、ずいぶんと長い間造りつづけられている製品のようです。

アルミのチェーンですが、これはハンズで販売しているなかでは一番太いもので、切ろうと思うと、ホテルなどに装備されている大袈裟なチェーン切り(刃先が5センチ程度なのに柄の長さが1メートルくらいあるやつです)でないと挟むこともできません。というわけで、見た目はゴツイですが、軽いチェーンロックが出来上がりました。

あ、ついでですが、チェーンのカバーにタイヤチューブを使おうと思うのですが、もしやパンクしたチューブお持ちでしょうか?(^^;

パンクしたチューブは、捨てています。・・・というつもりですが、なんたってぼくのことだから、どこかにあるかもしれません。帰ったら、さがしてみます。

>玉井さん (&ここを偶然お読みになられた方)
通常ひどくパンクしたチューブは捨てますよね。が、もしも残っていましたら宜しくお願いいたします。
新品だって380円とかで売っていますから、それを使っても良いのですが、使えるチューブにハサミを入れる...というのは、金額の問題ではなく本末転倒だと思い、やめた次第です。

どっちの南京錠も
カエルさんみたくって
かわいいですよ!

>アンさん
コメントをありがと〜。言われてみるとたしかに...カエルに見えますね〜。しかもウインクしてますよね(^^;
左のほうはクマさんかな?と思っていたのですが、これからはいつもカエルに見えてしまいそうです(^^;



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa