ブロンプトンとの日々

| コメント(10)
ブロンプトンという自転車が僕のところにやってきて、もう1ヶ月が過ぎました。雨の日以外はほぼ毎日、ブロンプトンのペダルを踏んで、都内の自転車店などをたずねたり、その途中で道を逸れて写真を撮ったりしていました。

そんな具合で、ま、当たり前といえば当たり前ですが、電車やバスに変わる移動手段として使っていました。

とはいえ、自力でペダルを踏んで移動するわけですから、良い運動になります。それも、ことさら意識して無理などしなければ、その時点での体力に見合った運動になります。

どうも、この「体力に見合った運動」というのが良いようです。僕は、昨年来、体調がいまひとつ...という状態がつづいていたのですが、自転車に乗るようになってからというもの、その状態から脱却できそうな気がしてきています。

僕は、いちおう無理のないフォームで自転車に乗っている積もりですが、そうして過大な負荷をかけないように自転車を走らせているだけで、それもたった1ヶ月間で、腰が柔らかさとバネを取り戻していることを実感しています。また、車道を走っているときは、右後方の交通状況を確認するため、幾度となく振り向きます。これも凝り固まっていた首部を柔らかくしてくれているようです。

しかも、それが、トレーニングといったワザワザ的なものではなく、移動していると余録的についてくる...というのが素晴らしいです。

そんな大余録もさることながら、自転車というものは、ちょこちょこと手を入れて自分好みにすること...これがまたかなり楽しい作業です。そんなわけで、今日の写真は、今日のブロンプトンの姿になりました。前回の姿とそう変わっていないように見えると思いますが、ハンドルまわりやペダルなど、よく見ると結構変わっています。いや、かなり可愛くなってきました(^^;

【場所】文京区本郷・東大構内です。

コメント(10)

とっても素晴らしくなりました♪
こうじっくりとみていると、やはり…masa's…というものになっちゃいましたね。
写真ではよくわかりませんが、ハンドルがすっごく良いのでは…
あと僕の希望なのですが、ボディフレームに洒落たワンポイント…キュッとくるやつ、欲しいな〜(^^;

>cenさん
コメントありがとうございます。やはり、以前の姿に比べると、いくらかタイトな感じになりましたでしょ。方向性としては「日常の行動をテキパキとこなす型(^^;」という感じです。
こういう角度で写真にすると、ハンドルがかなりタイトに見えるのですが、実際には、それほどシマって無いんですよ...。なかなか難しいものですね。サドルの位置と角度だけでも印象がガラリと変わったりしますし...。やっぱ、乗り込んで、勉強(?)して、徐々に徐々に...なのでしょうね。
そして、cenさんの言うように、フレームにワンポイント...欲しいのですよ。いまはなにしろヌメ〜っとしちゃってますので...。何かヒントあったらまた宜しく!です!

ほんとにかわいいですねー。
ずーっと拝見しておりました。
自転車ライフになさったのは、とてもよいことのようにお見受けします。

すてきなプロンプトンさまとミヤタアルマックスG、初秋の遭遇in本郷!など夢見ておりましたが、今年は暑すぎましたし、腕を負傷中であまり遠出ができずにいます。ざんねん。

>braryさん
お休み中、ドアをノックしたら、むっくり起き上がり、わざわざいらしてくださった感じで...申し訳ありません(^^; 腕を負傷なさっているとか...もしやボクシングでも?(^^;

自転車生活に入ったのはほんとにいろんな面で大正解でした。しかし、なんせ、自転車というとこのブロンプトンしか知りませんので、それで自転車云々と言うのも何ですが、まあ、こちとらアラカンよ...文句あっか(^^;ってことでよろしいですよね(^^;
ところで、ミヤタアルマックスGとの遭遇...心待ちにしています...です!(アルマックスのアルがアルミの意とのこと、つい先日知りました!)

 なるほど。私の場合も、なにか考えないといけないですねぇ。この一ヶ月ですっかり体力を失ってしまいましたからねぇ。しかし、自転車は置き場が確保できないしなぁ。なにか、考えなくては。

>nsw2072さん
僕も自転車の置き場の問題があって、このブロンプトンという折りたたみ式を選んだのですが、これはほんとに小さくなりますから、集合住宅の玄関に置いてもそう邪魔な感じがしません。
水泳などが体にはもっと良いのでしょうが、あれは長続きさせるのが難しいですね。ワザワザ的になりいつの間にかユーレイ会員に...というパターンが多いようです。僕もそうなりました(^^;
が、自転車は、持ってみると実に便利ですし、ことのついでに...という感覚で、知らぬ間に運動になっていますから、とても良いです。強く強くお勧めさせていただきます!(^^;

 まわりから応援したくなるあたたかい愛の物語のようですね。
その愛が健康を生み健康がさらに愛を育てるとなればなおさら、周囲の人間にもよろこびが分けあたえられるようです
masaさんがブロンプトンを選んだときいて
ぼくはこんな色の存在を知らなかったから、いわゆるブリティッシュグリーンを想像しましたが
たとえば、もしグリーンを買ったあとでこれを見つけたら
ブロンプトンもいいのだが、ちょっと甘いという感じがありましたから
この色にすれば申し分がないとなれば、このひとのことだからすぐに塗りかえることにしたでしょう
そう思うと・・・・masaさんにぴったりのこの塗装にはじめから出会えたのは、ほんとうに幸運なことでしたね
よかったよかった

>玉井さん
コメントをありがとうございます。僕が自転車のある生活に入るにあたっては、やはり、玉井さんという、これぞ"生活自転車乗り"という方が身近にいらしたことが大きく影響しています。もしも、玉井さんの自転車生活を目にしていなかったら、僕はきっと、もっとスポーツ寄りの自転車を選択し、体に過大な負荷をかけていたような気がします。
今回はほぼ初めての自転車選びでしたが、きちんと走れる...という基準を満たす道具にうまく出会えて良かったと感じています。また、ブロンプトンを、なにげなく、選択肢に入れたら...との示唆をくださった玉井さんには、重ねて感謝です。
確かに、このRAWというカラーが無かったら、ブリティッシュグリーンを選択していた可能性が高いです。が、RAWを手にしてみると、こんどは「いやブラックも良かったな(^^;」などという気もしています。ま、当然このままでいきますが、今月末か来月初め、ブレーキレバーなどを交換します。その時期にでも、またお邪魔させていただきます。乗ってみてください!

masaさん、こんにちは。
段々とオリジナリティーが加わってブロンプトンを楽しまれているご様子、
流石にmasaさんだと感心いたしております。
10ケ月になろうとする私のブロはオリジナルから変わっていませんもの。
ブルックスのサドルも買ったまままだ付けていません。
雨なので今日あたり付け替えようかなと思っていたところです。
自転車が身体に良いというお話し、まさにその通りです。
健康診断の際、血液検査の数値が驚くほど良くなっていました。
高めだった血圧も今ではまったく正常値ですし、
あまり汗をかかない体質だったのも治ったようです。
新陳代謝が良くなったのでしょう。
ハンドル、短くされたようですね。
折り畳んだ時のハンドルの位置は上手くいっているのでしょうか。
これからもmasaさんのブロから目が離せませんよ。
次はどの辺りをいじくるのか、楽しみにしています。。。

>バウさん
こんにちわ。お天気がはっきりしませんね。こんな日は自転車磨き(^^;にうってつけですね。
バウさんの場合はバイクも複数台、クルマもカメラも...と、多々所有なさっていますから、それら全てに手をまわすのは大変だろう(^^;と想像します。しかし、ブロンプトンも、オリジナルのかたちは、それはそれなりにまとまっていますよね、やはり...。
ところで、もしやもうサドルの交換...なさいましたでしょうか。僕は、交換時に、ペンタクリップの構造(薄い金属板が何枚も入っている)を知らないでサドルを外し、結果、ペンタクリップの中身をバラバラと落下させてしまい、元に戻すのが大変でした(^^;
ハンドルですが、はい、5センチほど位置が低くなりました。折りたたみもうまくいっています。ブロンプトンの場合は、ハンドルバーの位置を前後に移動できないのがちょっとイタいですね。ま、それがブロンプトンなんでしょうが(^^;

自転車と健康についてですが、これはもうちょっとビックリです。しかも、その効果がついでについてくる...というのが良いですよね(^^;



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa