石萬石材店

| コメント(6)
護国寺から南に向かって、幅広のまっすぐな道がのびていますが、その道が江戸川橋にかかるすこし手前で左に折れると、微妙にくねった、いかにも水の匂いのする通りに入ります。

水の匂い...と書きましたが、それもそのはずで、その通りは、江戸期に神田・日本橋あたりに給水していた神田上水(明治中頃に埋められた)に沿った道です。そんな古い通りですが、すぐ近く(写真で言うと右側)を流れる神田川の対岸に、新目白通りという広い道路が通ってからは、裏通り的な、通り沿いに用のある人や知る人のみ抜ける...的な存在になっています。

前置きが長くなりましたが、その通りに入って間もなく、大日坂下(だいにちざかした)という交差点があります。その角にたっていたのが、この石萬石材店でした。
下見張りの懐かしさを感じさせる建物と単純ですが目につく看板が印象的で、強く記憶に残り、この建物を見ると、この通りに入ったことを実感する...というほどに、この辺りの目印的な存在でした。

それが、つい先日のこと、自転車でここを通りかかったのですが、歩いているときとは違って、右後方のクルマにかなり気を配っているせいか、この交差点も、何か違和感を感じながらもすっと通過しました。が、しばら行ってから、「ん、もしやあの家が無かったのでは...」と気になりはじめ、引き返してみました。するとやはり、在るべき建物が在るべき所に在りませんでした。ついに取り壊されたようです。

というわけで、今日の写真は、この家の在りし日の姿...ということになってしまいました。2007年の3月初旬に撮ったものです。

【場所】文京区小日向2丁目あたりです。

コメント(6)

こんにちは。
なくなってしまいましたか。残念です。
2年ほど前、ほぼ同じ位置から撮っていたところ、近所にお住まいだというご婦人から、
「いつとり壊しになるかわからないから、しっかり撮っておいてね」
と声をかけられました。この街で長年暮らしている人たちにとっては、
かけがえのない建物なので、寂しくなるとも仰っていましたが、
なんどか撮らせてもらった人間としても、一抹の喪失感があります。

>Rambler5439さん
こんばんわ。コメントをありがとうございます。
ほんとにこの家はマイルストーン的存在でしたから、それが消滅すると、ここが大日坂下ということがピンと来ない感じでした。家1軒でも土地の印象というものは違うものですね。
この写真を撮った頃から、もう営業なさってはいないだろうな...という雰囲気でしたが、いつもきれになっていたガラス戸の向こうには墓石と並んで鉢花が沢山置かれていて、「きちんとなさってるな〜」と、感心して眺めていました。しかし、ついに、何もエピソードを耳にしないまま...取り壊されてしまいました。

自転車を失ってからまったく通らなくなってしまった道路です。雑司が谷方面へ、行きは不忍通り、帰りはこの道路がお決まりのコースでした。この写真を見て、やはり歩いてみえる風景と自転車で見える風景とでは違うのだな、と思いました。スピードや高さだけでなく、行動範囲も含めて。

>やまだsan
おはようございます。この道は、両側の景色はどうってことないのですが、適度なくねりがあって、いかにも道って感じがして良いですよね。
しかし、仰るように、徒歩と自転車とでは見える風景が違いますね。自転車で走ると、これまで点だったものが繋がりはじめ、面になってゆく...という感じが面白いですね。また、まちの寸法も、徒歩より把握しやすい感じがします。
しかし、やまだsanのように、自転車から徒歩へ...という切り替えをすると、見えかたにどんな違いが出てくるのか...そちらも興味深いですね。

年代不詳と、お誉め頂きました不肖者です。
釈迦に説法でしょうが、お江戸はデベロッパーの幕府
が、都市作りの施策に従い、寺を移転させ寺町化しました。
前の土地面積より一割広く与えたから、文句は言えなかった
とのことです。
その結果、需要と供給関係から寺が集う地域には石屋が、
必ずと言って良い程待ち構えています。笑
昔は儲けたんでしょうが、今は大手参入で旨味が少なく
なったのでしょう。
その時代の縁を、今に残す記念碑でしょう。
それも木造の・・・。
また、何かID言われそうで、緊張します。冷汗

>FKSnoopyさん
そういえば(と、地図で確認しますと)、この一帯は、小石川の伝通院からはじまって、斜面から高台にかけて、帯状にお寺がつづいていますね。そして神田川の対岸にも...。これは需要があったのは間違いない立地ですね。なるほど...です。
しかし、最近は、お墓も完全にビジネスのようですし、その影響か...マンション型が流行ったりしています。従来のスタイルの墓地+墓石への需要は間違いなく減っていきますでしょうね。ま、少なくとも、京都のように、大店であろうとお墓は小さく...というのがよろしいな〜なんて思います。は?僕ですか...僕は散骨派どす(^^;



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2016 masa