玉井さんとモールトン@ラバネロ

| コメント(31)
MyPlaceでおなじみの玉井さんと、相棒である自転車モールトンを一緒に撮らせていただいた写真です。撮ったのは昨日。場所は、練馬にある自転車ビルダー"タカムラ製作所(ラバネロ)"の前です。

どうしてこういった組み合わせの写真を撮るに至ったのか...は、玉井さんのブログエントリー "自転車が壊れた・・・" と "壊れたモールトンの救いの神" をご覧いただくのが手っ取り早いので、そちらをご一読いただきたいのですが、それも面倒(^^;という方のために、そちらのエントリー内容をはしょって書いてしまいますと、以下のようになります。

モールトンが駐輪中に何者かに悪戯され、それが原因で後輪側フレームが折れてしまいました。こういった場合、モールトンは稀少車であるため、部品の調達が困難です。事実、それが無理であることが判明。が、その矢先、練馬にある自転車フレームビルダーで、折れた部分を溶接してもらえることが分かりました。その作業はあっという間に完了。そして、昨日、玉井さんが、修理完了したモールトンを引き取りにいらっしゃるというので、同行させていただた...というわけです。

写真は、最初に書いたように、修理おわったモールトンを受け取り、嬉しそうに笑みを浮かべていらっしゃる玉井さんです。最近は、僕も自転車を愛好していますので、この喜び...ひじょうに分かる気がします。なんだか自分のことのように嬉しいとはこのことだ...と思いながらシャッターを切っていました(^^)

というわけで、あまりに嬉しい出来事でしたので、玉井さんには無断で写真を公開させていただきますが、ここでも、ものをつくる人がまちにいるということって、とても大切だし素敵なことだ...ということを、実地に教えていただいた気がします。

■玉井さんが、この話題について、ご自身のブログにエントリーなさっています。こちらです。

【場所】練馬区桜台5-28-13です。

コメント(31)

 ぼくが、グズグズしているうちに、さっそくエントリーありがとうございました。あのあと、わたしは自転車で尾根道の旧目白通りを目白経由で江戸川橋まで縦走し、そこから低地を横切って神楽坂に帰り着きました。ひさしぶりでいい気持ちでしたが、夜になって自宅に帰るときには、裏道がバリバリに凍っていました。
それにしても、やはりラバネロの自転車は、高村さんが自分でラバネロマジックって言っていましたが、ペダルをまわしたときのギアとチェーンのピッタリ具合の手応えがほんとうにいい感じでしたね。ぼくは手で回してみただけだけれど、masaさんは乗って踏んでみたからなおさらその感じがわかるでしょうね。
 午前中に寄り道をして昼頃に事務所についたら、やはり壊れたキャノンのG11の修理が終わって戻っていました。買い換えるのでなく修理して使えるのは、気持ちのいいものですね

わわっ・・・!
これこそ、映画のワンシーンみたいな写真じゃないですか! 
良いですね~、この方のこの笑顔♪ 
思わずこちらまでニタッとしてしまいそうになる位、喜びオーラが・・・^^

で、masaさん!ほんとですかー!?マジで!?きゃー!!(笑)
今年はやらないつもりですが、そのような際はお知らせいたしまする~

・・・あ、そーだ!今年の年末に、銀座で父の遺作展をやります。オモロイ催しにするつもりなので、もし宜しかったら遊びにいらしてくださいませ。
大歓迎いたします^^

>玉井さん
事前承諾いただくこともなくアップしてしまいましたが、ご理解くださいまして、ありがとうございます。
あの後、玉井さんはご自宅に向かわれたとばかり思っていました。なんとまた事務所にお戻りになられたのですね。もしや、久々なので、しばらくペダルを踏みつづけたい...と思われたのかも?ですね。しかし、これ以上望めないかたちで修理できて本当に良かったです。

ラバネロでちょっとだけ乗せていただいた、あの子供用のロードですが、ペダルの動作が、まるで良く調整されたカメラのラック&ピニオンの感触にも似ていてビックリしました。やはり、ただクルクル回ればよいというものではないようですね。

しかし、モールトンとiMacが壊れたことは知っていましたが、G11まで壊れていたことは知りませんでした。ま、ともかく、そちらも修理できて良かったです。確かに、修理して使えるのは気持ち良いと思いますが、それだけ何もかも修理の対象になる...というのはちょっと問題だと思います(^^;(^^;(^^;

>ばるsan
良いでしょう...玉井さんの表情...。とにかく見た目もカッコ良いですが、頭のなかもカッコ良く、なおかつお人柄が最高...という、何拍子も揃った方です。
ばるsanの関係なさる催しがあるのでしたら、内容にかかわらず、とにかく事前に教えてください。ぜひお邪魔させていただきたく思います。その時、できることなら、この写真のなかで微笑んでいらっしゃる方もお誘いして...なんて思っていますので!

おおっ、玉井さん相変わらずカッコいいですね〜。
ハンドルとシートの高低差がかなりあるように見受けられます。かなり前傾姿勢で乗られるみたいですね。
それが全てのバランスが整っていて疲れを感じさせないスタイルなのでしょうか。
ウ〜ン、乗ってみた〜い(^^;

ああ、玉井さん、嬉しそうだな〜。
しかしです、いろいろ修理で大変なご様子ですね〜…。

>cenさん
でしょう...。相変わらずそうなんですよ〜。で、この時のシートの位置はさすがに高くなり過ぎていました。が、下げたのはほんのちょっとですよ。それにも驚きでした。乗ってみましたが、僕の脚長では、つま先でペダルを漕ぐ感じ(^^;でした。
この写真では玉井さんの実際のスタイルの良さがわかりませんが、実は、玉井さん、腕脚の長さは欧米人並みなんですよね。やはりモールトン似合っちゃいますよ(^^;
で、"自転車+オウナー"写真はシリーズにしたいので、いずれcenさんもロングテール君とともに拙ブログ再登場...お願いいたします与ッ!

>wakkykenさん
溶接修理できると分かった時は、外野の僕ですら嬉しかったですから、ご本人はさぞかし...と思います。
ま、稀少車になればなるほど、修理になると大変ですね。その分、愛着も深まるのでしょうが...。

cenさん
 さすがに鋭い観察眼ですね。これは、僕が乗るときよりずっと高いんです。
見栄を張っているわけではなくて、入院のときにクルマに乗せるためにサドルをはずして小さくしたんですが、それを定位置まで入れていないというだけのことです。masaさんは、花を持たせてくださって、いいひとだね。

wakkykenさん
 そうです、すごくうれしかったんです。もうひとつ・・・そうです、修理がいろいろあるんです。
wakkykenさんにつっこまれるだろうと覚悟していました。
じつはカメラも入院していたんですが、翌日にすっかり元気になって送られてきました。
メーカー保証は終わっていましたが、保険が有効でしたから、懐は痛まないんです。
隊長のような高級品ではないけれど、レンズ保護のためにUVフィルターをつけようかと思っています。

>玉井さん
cenさん、wakkykenさんへのお返事...ありがとうございます。
サドル位置のことですが、そう仰いますが、玉井さんに適合する位置が適切なんて人は、日本では特に、滅多にいないと思います。
ところで、キヤノンG11が修理...とうかがっていましたが、どこが壊れたのでしょうか...。玉井さんの場合は、レンズ保護用UVフィルターのカバー(^^;なんてものも必要かも?ですね(^^;

ご報告します。
次のような状態でした。
1)ズームが広角と望遠のmaxの状態の二者択一になってしまう
2)再生のとき、画像送りのスイッチがきかない
3)FUNCTION ボタンを押しても選択項目がディスプレイに表示されない。

戻ってきたカメラに同封された修理表には、つぎのように書かれていました
*修理明細
 コントロールホイール、レンズ/作動不具合の為 下記部品交換の上各部調整いたしました。
 交換部品:工学ユニット(異音)・上部/マイクロカバーユニット(ズームSW)後カバーユニット(コントローラーホイール)・回路FPC
 調整箇所:ズーム動作・AFピント/精度・ソウサスイッチ/点検 各部動作正常確認致しました。
 本機は、同一箇所に限り3ヶ月間の保証致します。

料金は14,962円、保険で賄われますが免責ぶんの3,000円を支払いました。

>玉井さん
あれ、わざわざ子細を記していただいて...申し訳ありません。で、明細を読んでも、いまふたつくらい何のことやら分かりませんが(^^; とにかく、今回は、カメラを車のドアに挟んでしまわれた...など、明確に操作や取り扱い方が原因となる不具合ではなかったかもしれないのですね。となると、やはり神の手...いえ、独り言です(^^;
しかし、デジタルカメラというものは、不要とも思える機能を盛り込んで自分で足を引っ張っている感が否めないですね。もっとソリッドでシンプルなデジカメが欲しいとつくづく思います。

いやぁ、幸せな自転車と乗り手……、そんな話をを皆がたくさんしゃべっているのを……ちょっと嫉妬しながら読みました。玉井さんっていい男なんだ……。たくさん壊しても、性懲りもなく……いい奴なんだ……、皆、君のことが好きなんだよ。

>AKiさん
いやもうAKiさん、サイコーです。しかしどっこい、僕は、そして皆も、秋山さんのことが大好きで〜す! 皆を代表してこの際、声を大にして言っておきま〜す(^^;
そして、近いうちに、秋山さん+お城モールトンの組み合わせ...ぜひぜひ撮らせてください! お願いいたしますm(__)m

masaさん
 メーカー保証は、ユーザーに落ち度があると対象から外されますよね。トイレに落としたとか、洗濯しちゃったとかいうと修理はできませんて言われちゃいます。ところが、「保険」はユーザーの落ち度がないと対象にされません。だからぼくは、保険の請求には何故こんなことになったかを書きました。書かなければいけないのです。さきほどのコメントには、それを書きませんでした。虚偽の証言ではなく、事実の一部を書かなかったのです。masaさんが「もうふたつほどわからない」とおっしゃるのは、まさしく正しいご指摘なのです。

 恐れ入りましたお奉行さま、正直に申し上げます。
この正月のことですが、毎年のようにワシは近所のお寺ふたつと、うちの菩提寺に新年のご挨拶にうかがいました。
 いつものように愛用のデジカメを持ったまま、三つ目の西光寺さまにうかがったあと、クルマに戻ろうとしておりました。もちろん、コートを脱いで上がりましたから、再び袖に手を通そうとしたときのこと、おもわず手が滑ってカメラが母なる大地に落ちました。ケースに入れたままとは申せ、それでも二尺五寸ほどの高さからアスファルトの上に落ちたので御座います。今にして思えば、あれが原因だったように存じます。
 しかし、ありがたいことで御座います。もう百年も前のこと、私はクルマの扉に挟んでカメラを壊したときにも保険というものに助けられました。このたびもまた、保険のお力にすがりました。お奉行さまも、保険は呉々もご用意なさるがよろしゅうございます。

>玉井さん
わははは、詳細なるご説明...ありがとうございました。そこまであばく積もりは毛頭ございませんでしたが、ほんとに根が正直なお方でございますね、玉井さんは(^^; というわけで納得です。
しかし、保証と保険の違い...これは気がついていませんでしたが、言われてみますと、なるほど...です。憶えておいて損はありませんね。こちらもありがとうございました!

AKiさん
 隊長までおでましとは、恐縮です。
互いに敬愛する仲間に恵まれるわれわれは幸せものであります。
友だちの輪というやつですね。しかも自転車の輪がむすぶ友だちの輪
しかし、今ではネットという限りのないものを考えますが、かつては輪といったんですね。


masaさん、玉井さん、こんにちは。
玉井さんにつっこむなんてことは考えていませんでしたが…、あまりに事故がおきるようなので、お金もかかるな~と心配したのですが、保険をかけておられるのですね。「ものをつくる人がまちにいるということ」や最新のエントリー、素敵な内容ですね~。

wakkykenさん、みなさん

 この保険は、僕が個人で保険会社に申し込んでかけたのではなく、「カメラのミツバ」というウェブショップでカメラを買うと自動的に3年の保険がついてくるのです。ぼくは、それが気に入ってここで買うようになりましたが、ヨドバシなどの量販店もポイントの一部をつかって販売店の保証に入ることができます。Macのメーカー保証が1年、AppleCareがさらに2年ありますが、たとえばヨドバシはさらに2年の保証がつきます。ただし、保証される金額に制限があって、1年は商品の価格の100%ぶんをつかえるのですが、1年ごとに保証の限度が10%ずつ減っていきます。さらに、利用した修理金額の合計が上記の限度に達すると、そこで販売店保証は終わります。
アップルの場合、メーカー保証とAppleCareは期間に限度がありますが金額と回数には限度がありません。だから、AppleCareが有効の期間はそれをつかい、その期間がおわったら販売店の保証を使うようにしています。

カメラのミツバの保険は、水没や落下など、ぼくたちの落ち度があっても対応してくれますが、たいていの販売店の保証はユーザーに過失があれば使えません。かつてソフマップの保証は、過失にも対応してくれましたが、どこでしたか合併後は過失には対応してくれません。

フー!・・・・・というぐあいです。

>wakkykenさん
また寝た子を起こすようですが(^^; 玉井さんのまわりのモノって本当〜によく壊れますよ(^^; でも、それが、とかくこうして良い連鎖を引き起こすのですから、故障も天の思し召しかも?なんて思うようになりました(^^;
ま、それはともかく、やはり、玉井さんのお人柄...これにつきると思います。

>玉井さん
メーカー保証と販売店の延長保証(保険)についての分かりやすい解説...たいへんありがとうございます。玉井さんは、こういった保証をほんとに有益に使っていらっしゃって、感心いたします(^^;

翻って僕は、この手の保証を、幸か不幸か...使う機会がほとんどありませんので、販売店の延長保証にはあまり入らないのですが、まわりまわって玉井さんを支援することになるなら加入しておこうか?(^^;なんて思いはじめました(^^;

wakkykenさん
「いい話」だと書いてくださったのに、そちらのほうについて書きませんでした。
ぼくも いいはなしを書こうとしてたのに。
じつは、自転車の試し乗りをしないまま、駅まで手で押してmasaさんと歩いて来ました。
駅で別れて乗ってみると、変速機もブレーキも、とても具合が良くなっていました。
高村さんは何も言わず調整までしてくださっていたのです。

>玉井さん
やや、そんな素敵なオチまでついていたのですか〜。なんだか良いですね。でも、それは、相手が玉井さんだからこそ...という側面がかならずあると思います...。

玉井さんは オシャレです。
こんな風に片方だけ襟が立ってしまって、しかも ボタンと来たら二つも掛けられていなくて、それをオシャレに見せられるなんて 余程の人です。
モールトンが似合うはずです。
女性である事が 唯一悔しい瞬間です。

この写真は そんな玉井さんが そのままに写されていますね。
上手いなあ・・・・・。

>光代さん
確かに玉井さんはお洒落だと思いますが、流行にまったくとらわれず、ご本人の個性で着こなしてしまわれるところが素敵なところですね。どなたかもそのように思いますが...(^^;
さて、しかし、この写真では、玉井さんのスタイルの良さが分かりません。本当はスラリと伸びた長い脚が写っていてほしいところですが、それが写っていなくて残念なところです。ま、なかなか思うようには撮れません(^^;

masaさんと電話で話をしながらこのエントリーを開いてみたら光代さんのコメントを発見しました。
好きなようにやっていいというお言葉とありがたく頂戴しますが、無造作が度をすぎないよう注意します。
じつは、ひとつおきのボタンには機能的な理由があるのです。寒い日だったので襟元のボタンはとめましたが、下から2番目が外してあるのはウェストポーチに入れた財布やiPhoneの出し入れのためで、上から2つめは、首からメガネ入れを下げているので、そこからの出し入れのためです。・・・・と言ってもmasaさんは冗談だとおっしゃるでしょうが。

玉井さん
私、涙が出るほど笑ってしまいました。
玉井さんにとっては 機能的な理由のようですが、普通は皆さん きっとその度に面倒でも開けたり閉めたりなさるんだと思いますし、そのためのボタンだと・・・・・・・。
それをオシャレにしてしまえるのがすごいなあ。
「玉井流機能美」と言う訳なんですね。

この写真にmasaさんの玉井さんへの敬意と愛を感じましたが、masaさんご自身 オシャレでいらっしゃるから「玉井流機能美」への感動もあるのかもしれませんね。
それに何だか 海外のような雰囲気です。

>玉井さん、光代さん
外したボタンの機能(^^;につきましては、玉井さんと電話でお話していた時にうかがいましたので、付け加えておきますが、これは外しっぱなしではなく、例えば、ある程度の時間連続してペダルを踏むような場合は、風が入りこまないよう閉じる...のだそうです。開ける閉じるにも、ちゃんんと時と場合を考えてある...とのことなんです。...よね?玉井さん(^^;
しかしな〜その理屈は十分に分かるのですが、玉井さんがその理屈通りにボタンを開閉なさる(=自己管理(^^;)ことができるのか...ちょっと疑問を感じます(^^;(^^;
が、とにかく、通念に捕らわれないというところは、やはり素敵です! ボタン外し...は見習わないと思いますけど(^^;

こいつめ 灰皿で酒飲ますゾ
なんで、ヒトのことを本人より知ってるんだ!?
ホントだけど‼

ところで、いまぼくは新潟駅の新幹線ホームにいます
発車までまだ30分もある
座るところがないから 空っぽの喫煙室に入って本を読んでいたら
男が一人やって来て煙草を吸いはじめました
さりとて 文句を言える筋合いではないし
咳が出そうだが、それもあてつけがましい
我慢して平然を装う馬鹿な私

>玉井さん
おお、ということは...この時点で、まだ新潟駅の待合室にいらっしゃるわけですね。このタイミングは、ちょっとTwitter的ですね(^^;
ところで...です、僕は下戸ですし非喫煙者となってからは特に...玉井さんの日常生活パターンが、我がことのように分かるようになりました(^^;

しかし、タバコをやめてしまうと、ひとのタバコの臭いは遠慮したくなりますね〜。2年ほど前まで僕自身がヘビースモーカーだったことを思いますと、そう嫌な顔はできませんけど...やはり...(^^;



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa