2012年4月アーカイブ

Stockmore St.


@ Oxford, UK

このところ、脈絡なく、気ままにエントリーをつづけていますが、今日はまたそれに輪を掛けて...です(^^; 突然ですが、英国のごくごく平凡なまち風景です。が、平凡とはいいながら、やはりこの雰囲気です。底力があるな...とつくづく思わされます。

神田のトタン怪邸


@ KandaSudacho, Chiyoda, Tokyo

コインパーキングになっている空間には、いま見えている建物よりもずっと新しいビルがたっていました。そして、このいま見えている建物の前面(写真で言うと右側)は、ずっと以前から落下物防止のネットで覆われていました。したがって、もしこの界隈で取り壊し...などということがあれば、まずはこの建物からだろう...と思っていました。よもや、こうして、この建物の側面を見ることになろうなどとは...です。何が起きるかわかりません...なにごとも...(^^; しかし、手が込んでいて見事な建物ですね。[追記:この建物は取り壊されました。2013年5月確認]

aki's STOCKTAKING / off line


@ 可喜庵 (Nougaya, Machida, Tokyo)

多くの秋山さんファンが首をながくして待っていた "aki's STOCKTAKING / off line" が、いよいよ本日、スタートです。
が、写真は、本日の様子ではなく(^^; 昨日の準備風景です。展示の中心となるのは、やはり、部屋いっぱいに敷設された鉄道モデルでしょうが、それ以外にも遊びながら感覚の保養となる品々が多々展示され、さらにそれらは、おそらく、日々入れ替わりがあろうことが予想されます(^^; ま、モノを前に、秋山さんと直接お話できる...というだけで...です。

鶴川駅周辺で


@ Nougaya, Machida, Tokyo

鶴川(住居表記は町田市能ヶ谷)というところに初めて行ってきました。明日から始まるこちらの設営の様子を見せていただくためです。和気あいあいとした雰囲気のなか、展示の骨太の骨格が組み上がってゆくところを、いろいろと遊ばせていただきながら、目で追ってきました。もちろん写真も撮らせていただいていますので、明日にでもエントリーさせていただこうと思っています。今日の写真は、設営が始まる前に、鶴川駅周辺をブラリしたときに撮ったものです。

秋津駅前ストアー


2012-04-26 @ Noshio, Kiyose, Tokyo

西武池袋線に秋津という駅があります。その駅前に、このちょっとしたアーケード商店街があります。と言っても、現在まともに営業なさっているのは、この鶏肉屋さんくらいのものになっています。上の写真は今日通りかかった時に撮ったものですが、続きを読むをクリックしていただくと現れる写真は、2005年の1月に撮ったこのストアの様子です。まだまだ元気が残っていました...。

下目黒路


@ Shimomegro, Meguro, Tokyo

左にカーブしながら下ってゆく道。正面には無骨な電柱...まわりには素っ気ないビルの壁面ばかり...。どうと言うことも無いありふれた風景です。が、なぜか濃密な気配のようなものが感じられ、通りかかるたびに歩を止められます。

蔦屋書店ふたたび


@ Sarugakucho, Shibuya, Tokyo

先日も紹介した蔦屋書店に関するエントリーです。こちらは、その後も印象に変わりはなく...というよりも更に印象が良くなっています。このところ、目黒や中目黒方面に積極的に用をつくっている感がありますが、その理由のひとつに「そっち方面に行けば蔦屋書店に寄れる」というのが確実にあります。ま、それはそれとして...。

地下鉄駅


@ Megro Station, Meguro, Tokyo

柳橋から


@ Yanagibashi, Taito, Tokyo

神田川河口にかかる橋のうえからの眺めです。昔の人の目には「風情が無くなった...」と映るのでしょうが、それでもまだ、この風景には、いま都心の風景がどんどん失いつつある "温かみ" が感じられ、通りかかると、ついレンズを向けることになります。

Times Square


@ Yanagibashi, Taito, Tokyo

Graffiti "GBAK"



@ Yanagibashi, Taito, Tokyo

アメ横夕刻


@ Ueno, Taito, Tokyo

こころはずむ


@ Kashiwa, Chiba, JP

IMPOSSIBLE Instantfilm Op.02



" IMPOSSIBLE SX-70 + IMPOSSIBLE PX100 film " の組み合わせで撮った写真です。

SX-70のその後ですが、購入後早々に、露光したフィルムが最初の2~3枚はカメラから排出されるのですが、その後排出されなくなる...というトラブルが発生。修理のため IMPOSSIBLE TOKYO に持ち込み。それが1週間ほどして戻って来ました。で、今日、試し撮りしてみると、この写真(2枚目)を撮った直後から、またも同じトラブルが...。こんなことも IMPOSSIBLE Project のうち...とは分かっているものの、ちとガクリ(^^;です。また修理か...。

花見の記憶


@ Kashiwa, Chiba, JP

苔庭で


@ Kashiwa, Chiba, JP

柏市の花見名所として知られるあけぼの山ですが、隣接する日本庭園の苔庭で、これを目にしました。もっと近づいた写真はこちらです。

旧吉田家住宅の門桜


@ Kashiwa, Chiba, JP

柏市北部の花野井というところに、旧家・吉田家から市に寄贈され、現在は市の文化財となっている旧吉田家住宅があります。その長屋門の前に、一対の桜の老木があり、それが枝いっぱいに花をつけていました。清らかで華やかで...見事でした。

@ Kashiwa, Chiba, JP

アメ横裏手


@ Ueno, Taito, Tokyo

あけぼの山の花見


@ Kashiwa, Chiba, JP

昔の職場の先輩にお誘いいただき、柏市布施にあるあけぼの山へ満開の桜を見に行ってきました。下戸のせいか、ゴザやシートのうえでの酒宴には興味が無い僕ですが、今日見た花見風景には、その手のイメージとはちょっと違った趣がありました。なんだか、これまで都内で目にした花見風景に比べると、ずいぶんのったりとした感覚が強く漂っています。来ているグループの大半が家族連れで、ドンチャン騒ぎする人が居ない...などということも影響しているのかもしれませんが...。ともかくも、つい「日本の花見原風景」とでも書きたくなる光景がひろがっていて、見ていて飽きることがありませんでした。花見って良いものだ...と、初めて思った本日でした(^^;

国鉄高架下


@ KandaSudacho, Chiyoda, Tokyo

単なるコンクリート製の高架下倉庫なんですが、こうして "実用一点張り" で鍛えられた風景は、見るものを圧倒します。何かが宿っているかのようで...。

犬旗印


@ Kamimeguro, Meguro, Tokyo

犬猫用の首輪やリードなどを扱うショップです。場所柄(中目黒駅から遠からず)...洒落た高価な商品が多いのでしょう...。しかし、この犬の旗が良いですね。スカーフとして欲しい!と本気で思いました(^^;

目黒川うらら


@ Aobadai, Shibuya, Tokyo


@ Aobadai, Shibuya, Tokyo

用あって中目黒へ。今日は今年はじめて気温が20度を超えたのだとか...。いよいようららな春がやってきました。目黒川沿いの桜もほぼ満開。平日の昼間だというのに、花見客でそうとうに混雑していました。

桜花爛漫


@ Marunouchi, Chiyoda, Tokyo

丸ビル1Fにあるショップのショーウィンドウです。大振りな桜の枝を使った小細工無しの展示...見事でした。

区界トンネル


@ Nihonbashi-Honkokucho, Chuo, Tokyo / Kanda-Kajicho, Chiyoda, Tokyo

神田駅と大手町のあいだに残る空間です。山手線や中央線の高架下が、飲み屋が軒を連らねるトンネルになっていました。キラめくオフィス街に敷設した旧風景のチューブのようにも見えます。
住居表記を見ると、この左手は中央区日本橋本石町、右手は千代田区神田鍛冶町になっていました。このトンネル路地が区界ということです。ぬぬ...と思って地図にあたってみると、なるほど...です。この路地は竜閑川という堀川を埋めた跡でした。

東京観光


@ Marunouchi, Chiyoda, Tokyo

東京駅丸の内駅舎の復元工事もほぼ終わったようで、駅舎を覆っていた足場・シートが取り払われていました。丸ビルの展望デッキに出てみると、その駅舎を真正面に見ることができました。向こうに見えるクレーンは、やはり東京駅の八重洲駅舎の工事現場のものです。

両国から望むスカイツリー


@ Yokoami, Sumida, Tokyo

つい先日、第一ホテル両国の上階にのぼらせていただく機会があり、そのときに撮った写真です。スカイツリーが間近に見えるホテル...と謳うだけのことはあります。


ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa