千代田区 - Chiyodaの最近のブログ記事

先日、神保町を歩いていて、新鮮な感覚の古書店もあったと報告しました。その筆頭はキントト文庫という、昭和初・中期の本を中心に扱う古書店です。すずらん通りに面したビルの2階(他で営業したいたのが移転した模様)にあるのですが、まずは、1階入口にある看板に目が行きます。そもそも店名がキントトですからね〜。おそるおそる階段を上がると、左手にドアがあります。開けてビックリ。そこは一見駄菓子屋。そして狭い店内には、人が横になってやっとすれ違える程度の空間を残して、あとは書棚でいっぱい。8割が本で残りの2割が雑貨類という感じです。相当話題になっている古書店のようです。が、値段の設定はやや高め。そして古本というよりも古道具としての本が並んでいる感が否めないのが気になりました。もう1店は時刻屋書店[トキヤ書店]。こちらは漫画とアイドル本の専門店。3年ほど前に開店したそうです。こちらの若い店長(と思う)、かなり好感のもてる青年で、「本が好きで、自分でもかなりの量を買い歩く。いま神保町が秋葉原に負けているのが悔しい。いつか独立して秋葉原を抜きたい。やはり本はここ神保町が本場じゃなきゃ」というんです。嬉しくなりましたね。居るんですよ、頼もしいやつが…。というワケで、今日は時刻屋のロゴです。

【場所】千代田区神田神保町1丁目39あたりです。

本屋に行かなくなった。行くとしたら、近所の本屋で雑誌を買う程度だ。もう随分になる。インターネットのせいであることは間違いない。何軒も書店を歩きまわらなくても、ネット検索すればだいたい用は足りる。だが、この方法だと、ある本を探しているうちに、他に興味深い本が派生的に見つかるということは、ほとんどない。今日、久しぶりに神保町を歩いた。いつの間にか新鮮な感覚の古書店なども増えている。模様替えしている書店もある。ネットサーフィンも良いが、アナログな古書店サーフィンも実に面白いことを再確認した。今日は、昔から神保町の角にある大屋書房。看板に「江戸時代の古書・古地図と浮世絵版画の専門店」とある。一見入りにくそうに見えるが、店の人は、店構えから想像するのとは反対に、気安く親切だ。前を通りかかったら、思い切って店内に入ってみよう。入った途端に、時計がぐるぐると逆回転を始める。

【場所】千代田区神田神保町1丁目1番地です。

今日(18日)も暑かったですね。相変わらず。雨も降らないのでもうモワモワです。今日は、銀座に子供服を買いに行きました。え?そうです、孫のお洋服です(^^; 3連休のせいか、いつもの休日より人は少なかったですね。きっと東京脱出した人も多いのでしょう。このサイトは、いつもホコリ臭かったり線香臭かったりしますので、今日はピカピカの写真です。買い物ついでに有楽町のマリオンビルにも寄ったのですが、そこの映画館で、ちょうどスパイダーマン2を上映していました。そのビルの吹き抜けに、ビニール風船のスパイダーマンがぶら下げてありました。こうなるとスパイダーマンもなんとなくユーモラスです。どう見ても、壁を背負って飛んでいるように見えます。でも、このスパイダーマン、けっこう高い位置にぶら下げられているせいか、気がつかない人が多いんですね。僕が写真を撮っていると、そばを通りかかった人が「あ、すげっ」とか「あれ、スパイダーマンだ」などと反応する声が聞こえるのでそれと分かります。皆さん、せっかくなんだから見てあげましょう。
ところで、銀座はどこもセールの真っ盛り。30% - 70% OFFの文字が乱舞してました。ちなみに、今日のお買い得。GAPなんですが、阪急(東芝ビル)が改装で1ヶ月間閉館するせいもあって、通常は1600円のTシャツが600円になっていました。それをレジに持っていくと、さらに25%引き。2枚で900円也でした。

【場所】千代田区有楽町2丁目あたりです。

<<前のページへ 891011121314151617|18


ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2019 masa