千代田区 - Chiyodaの最近のブログ記事

大手町改造中


@ Ohtemachi, Chiyoda, Tokyo

端午タンゴ


@ Misakicho, Chiyoda, Tokyo

ゼロ戦@靖国神社


@ KudanKita, Chiyoda, Tokyo

2013-04-15 @ SotoKanda, Chiyoda, Tokyo


2010-07-16 @ SotoKanda, Chiyoda, Tokyo

相生坂下


@ SotoKanda, Chiyoda, Tokyo

3棟の小ビル


@ Uchi-Kanda, Chiyoda, Tokyo

神田川 曳航


@ Suidobashi, Tokyo, JP

ジンボーチョーで昼食を


@ KandaOgawamachi, Chiyoda, Tokyo

御茶ノ水駅展望


@ KandaSurugadai, Chiyoda, Tokyo

左上隅に見えるのは、日立製作所旧本社ビル跡にほぼ完成した新たなビルです(名称は「御茶ノ水ソラシティ」だそうです...)。しかし、こいつも、東京駅周辺に完成&完成しつつあるビルと同様、とにかく異様に巨大です。また、このビルの向こうにも、路地のまちを潰して建てた巨大なビルが控えています。

AKiBaの街角


@ SotoKanda, Chiyoda, Tokyo

AKIBAの街角


@ SotoKanda, Chiyoda, Tokyo

AKBの街角


@ SotoKanda, Chiyoda, Tokyo

今日は秋葉原に用があり、ついでにちょいと街を一周しましたが、なんだかAKB48のイメージが目につきます。トップ写真の子もメンバーのようですし、こんな具合にビルの壁全体に貼られていたり、高架下にAKB48のカフェ&ショップができていたり(写真は撮りませんでした(^^;)...です。

ひと息


@ Yurakucho, Chiyoda, Tokyo

本日2日、銀座では、おもだったデパートやショップが初売りをやっていました。僕が行った時間はもう遅かったようですが、それでもまだ、ところどころで「えっ」と思うような行列が見られました。写真は有楽町のコーヒーショップの窓際を撮ったものですが、初売りまわりの途中でちょっとひと息...というところでしょうか?

古本漁り


@ Misakicho, Chiyoda, Tokyo

斜 影


@ Takada, Toshima, Tokyo



@ Jinbocho, Chiyoda, Tokyo

Bookworms


@ Jinbocho, Chiyoda, Tokyo

追記:こちら、古書好きの間ではコミガレ(小宮山書店のガレージ)と呼ばれているそうです。原則週末のみ営業ですが、イベントがあると平日も営業なさるそうです(じんた堂さんから頂いた情報です)。

ラドリオ


@ Jinbocho, Chiyoda, Tokyo

追記:こちらはウィンナコーヒー発祥の地だそうです。しかも、ホットコーヒーもウインナコーヒーも同額の480円。また、喫茶店の定番メニューであるナポリタンもある...とのことです(じんた堂さんから頂いた情報です)。こちら...あまりに有名なお店なのに(だから逆に...か)未踏でした。これは行ってみなくては...です。

"元洋服店"古書店


@ Jinbocho, Chiyoda, Tokyo

こちらは元々、鶴屋洋服店というテーラーでした。が、今日通りかかってびっくりです。店の様子がなんとも妙...興味深いのです。洋品店と古書店が同居(^^;した感じです。「これは何かの催しで、その期間中だけ本を置いてらっしゃるのかな?」などと思いながら様子を見ていたのですが、ウインドーに近づいてみると、"FORMERLY TAILOR TURUYA" の文字が...。どうやら古書店に鞍替えなさっているようです。今日は時間がなくて通りすぎましたが、これは再訪せねば!です。

追記:こちらは週末のみ開店...とのことです(じんた堂さんから頂いた情報です)。

ひとまち


@ Yurakucho, Chiyoda, Tokyo

国会議事堂前庭


@ Nagatacho, Chiyoda, Tokyo / 議事堂前庭(南側)


@ Nagatacho, Chiyoda, Tokyo / 議事堂前庭(北側)

上の写真は、国会議事堂の皇居側にひろがる前庭で撮ったものです。毎週金曜日の夜に、この庭の外周沿いの歩道に多くの人が抗議に立っているわけですが、その背後に木立があることは知っていても、そのなかがどうなっているのか...ご存知ないという方も多いのではないかと思います。そこで、ほんのさわりだけですが、その内部の様子を紹介をしてみた次第です。
この一等地の庭の由来についてはこちらをご参照ください。ここが、江戸時代以来、特に明治以降、日本にとって何かと意味深い土地柄であることがわかります。また、軍国主義全盛の頃には、この地に、地理・地形などの測量・管理をおこなった陸地測量部(陸軍参謀本部に属す)が在った関係から、この庭(北側)には、日本全国の土地の標高の基準となる日本水準原点があります。こちらがその説明書きです。
そんな由来のある庭ですが、普段、訪れる人はパラパラです。午前9時から午後5時までは自由に入場できますから、国会周辺に抗議(に限らず...ですが(^^;)にいらっしゃる方は、そのちょっと前に(これが時間的に難しいのでしょうが(^^;)足を運び、散策なさってみては...と思います。あの周辺がまた違って見えるようになると思います。

■関連エントリー:地理系基準点景 / 永田町~霞ヶ関マップ
<<前のページへ 1234|5|67891011 次のページへ>>


ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa