荒川区 - Arakawaの最近のブログ記事

都電沿線風景


Arakawa, Arakawa, Tokyo

近所の買い物


Arakawa, Arakawa, Tokyo

泪橋のすごい薬局


MinamiSenju, Arakawa, Tokyo

休日のスーパー堤防公園


MinamiSenju, Arakawa, Tokyo

カワヅサクラの季節


MinamiSenju, Arakawa, Tokyo

平日の南千住


MinamiSenju, Arakawa, Tokyo

汐入でサンセット


MinamiSenju, Arakawa, Tokyo

休日のスーパー堤防


@ MinamiSenju, Arakawa, Tokyo

落書き以上


@ MinamiSenju, Arakawa, Tokyo

スーパー堤防公園


@ MinamiSenju, Arakawa, Tokyo

南千住、隅田川縁


@ MinamiSenju, Arakawa, Tokyo

制限高


@ HigashiNippori, Arakawa, Tokyo

近頃の泪橋


@ MinamiSenju, Arakawa, Tokyo

近頃の山谷界隈


@ MinamiSenju, Arakawa, Tokyo

不適材不適所


@ HigashiNippori, Arakawa, Tokyo

ツイン三角屋根の家


@ HigashiNippori, Arakawa, Tokyo

久しぶりにホッとサビトタン系です(^^; 三角屋根のところに、消えかかっていますが、糸栄産業...と描かれています。ひと頃は(今でも...か?)東日暮里と言えば繊維産業。こちらは現役でいらっしゃるようですが、昔のそれを支えた名残りでもあるようです。

ネオテニー化社会


@ Arakawa, Arakawa, Tokyo
このところ、五軒長屋エントリーがつづいていますが、またまた五軒長屋の看板建築です。

この日は、南千住に向かっていたのですが、道草ばかりで、到着した頃にはもうすっかり陽も落ちて...というパターンです(^^;
そんなわけで、目的のひとつだった、円通寺の黒門は、そばをすり抜けるがごとく眺めてUターン...ということになりました。

その後は、混雑を避けるため、大通りの一本裏の通りを選んでひた走り...です。その道は、以前よく歩いた道だったのですが、自転車で走ってみると、記憶にある道筋以上にくねっています。これがちょっとイヤな感じです。方向感覚を狂わせてくれます(^^;

案の定、途中で、コッチだ!と判断して折れたところ、記憶と実際とがズレてしまい、予期していたのとは異なる風景が出現です(^^; GPSを持っていても迷う...この方向感覚の悪さよ(^^; 何とかならないものか?(^^;

が、まあ、そんなわけで遭遇したのが今日の建物でした。後になって調べてみると、この場所は、三河島駅と鶯谷駅のなかほど。両駅をほぼ直線で結ぶ道路沿いです。

こうして見ると、建物表面に銅板が張られているわけでも、左官による紋様があるわけでもありません。ノッペリとしたモルタル仕上げで、さして愛想もありません(^^; が、なんせ都心では数少ない五軒長屋...それに物語性が強く感じられます。どこか...ロバート・ウェストール好みの匂いが感じられてならないのだ(^^;

【場所】荒川区東日暮里5丁目あたりです。

シブオウ

| コメント(14)
拙ブログでは、サビオウとかヤレオウとかワビオウとか(^^;いろいろとオウたちを紹介してきましたが、今回は、シブオウの登場です(^^;

ま、ふざけた書き出しになりましたが、この三軒長屋の看板建築は、住所で言うと南千住ですが、感覚的には三ノ輪にあります。もっと具体的には、荷風所縁の浄閑寺のはす向かいにたっています。

見るたびに、本当によくもこんなにオリジナルに近いと思われる姿で、それも素晴らしいコンディションで、残っていたものだと思います。ツノ部分も全て残っているなんて、ほんとに拍手ものです。

そして、なんと言っても、ここで感心するのは、外壁の色です。左端部分は、やや残念なことに、新建材で覆われていますが、それでも、抑えた渋い色が使ってあります。その隣二軒の色はもう言うことありません。小豆餡と黒胡麻の色(^^;とでもいいますか、和菓子の世界...。地味で実に良い感じです。

というわけで、満を持して(^^;のシブオウ紹介でした!

【場所】荒川区南千住2丁目あたりです。

魚や 魚一

| コメント(2)
まだ梅雨は明けていないらしく、蒸し蒸しとした暑い日がつづきますね。今日は、いくらか夏らしい光が射していましたが、蒸し暑さに変わりはありませんでした。いやはや...です。

が、とにかく、光に誘われて、まちに出ました。三ノ輪から歩きはじめ、東日暮里や根岸あたりをうろついてきました。

実は、三ノ輪駅の近くにあった、黄色い塗料で塗られた古い写真館を久々に見よう...というのが三ノ輪に行った理由のひとつだったのですが、行ってみると、既に取り壊されていました。まったく油断も隙もあったものではありません(^^;

というわけで、目的のひとつはあえなく果たせなかったのですが、まあ、最近はよくあることです。気落ちすることなく、足の向くまま東日暮里のほうへ...。

そこで出会ったのが、今日の写真の魚やさんでした。実に可愛い一軒家全体が店になっています。ヤレたモルタル壁や板壁とグリーンの暖簾と黄色のシャッター収納部兼看板が、なんとも良い感じにマッチしています。そして、左の電柱に隠れてしまってますが、そこにも白地にブルーの文字で"魚や"と書いた立看板があって、それがまた相当に雰囲気があるのです。

ちょっと店内をのぞかせていただきましたが、料理にまったく疎い僕でも「あ、これは鮮度も揃えも良い!」と思える感じです。なんとなく分かりますよね...そのあたりって...。それを証明するかのように、お客さんの出入りが多いです。

そんな忙しいお店なので邪魔だな...とは思いながらも、これは素通りできない...と、撮影させていただいてました。すると、しばらくして、なかからご主人(雰囲気ある!)が出てきて僕のほうに歩いてきます。で、差し出された手のなかを見ると、よ〜く冷えた缶コーヒーが...。嬉しいですね〜こういうのって...。いや、すっかり魚一さんのファンになって帰ってきました...。

【場所】荒川区東日暮里1丁目あたりです。
1|234 次のページへ>>


ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa