練馬区 - Nerimaの最近のブログ記事

星が降った夜


Asahigaoka, Nerima, Tokyo

MaiMai - 星の基地


Asahigaoka, Nerima, Tokyo

Ravanello Special for Kids

| コメント(10)
先日、練馬にある自転車フレームビルダー"タカムラ製作所" を訪ねましたが、その経緯などについては、下記の関連エントリーに書いてあります。

この日、僕たちがタカムラ製作所に到着したとき、この自転車が、店舗の壁に無造作にもたれかからせてありました。やや異様な鈍いオーラを放っていて目をひきます。

近づいて見れば、溶接作業の跡がそのままに残っています。そして、各部のサイズとバランスがかなり変です。よほど背の低い人からの注文に応じて製作されているもので、様子を見るため、いったん組み上げた...という雰囲気です。

僕がかなり興味深げに眺めていたせいか、高村さんご本人が「これは子供用であること、その子がこの日引き取りに来る」といったことを説明してくださいました。ということは、この状態で完成車...ということです。

その時は、この自転車にあっけにとられ、思いを巡らせることもできませんでしたが、後になって考えると、この自転車は、子供と言っても、高村さんの親族のお子さん用で、タカムラ製作所内に転がっているパーツ(ということは、品質は保証されたも同然)を寄せ集め、確かな技術力にものを言わせて改変&組み上げてしまったものではないか?と思えるのです。

したがってこの自転車は、"材料費ゼロ+気持&技術料無限大" なるコストで製作されている作品と言えるだろう...と思うに至りました。これに乗れる子供は本当に幸せ者ですね。羨ましいかぎりです...。

■関連エントリー:
My Place "タカムラ製作所 モールトンの再生"
Kai-Wai 散策 "玉井さんとモールトン@ラバネロ"

【場所】練馬区桜台5-28-13です。
MyPlaceでおなじみの玉井さんと、相棒である自転車モールトンを一緒に撮らせていただいた写真です。撮ったのは昨日。場所は、練馬にある自転車ビルダー"タカムラ製作所(ラバネロ)"の前です。

どうしてこういった組み合わせの写真を撮るに至ったのか...は、玉井さんのブログエントリー "自転車が壊れた・・・" と "壊れたモールトンの救いの神" をご覧いただくのが手っ取り早いので、そちらをご一読いただきたいのですが、それも面倒(^^;という方のために、そちらのエントリー内容をはしょって書いてしまいますと、以下のようになります。

モールトンが駐輪中に何者かに悪戯され、それが原因で後輪側フレームが折れてしまいました。こういった場合、モールトンは稀少車であるため、部品の調達が困難です。事実、それが無理であることが判明。が、その矢先、練馬にある自転車フレームビルダーで、折れた部分を溶接してもらえることが分かりました。その作業はあっという間に完了。そして、昨日、玉井さんが、修理完了したモールトンを引き取りにいらっしゃるというので、同行させていただた...というわけです。

写真は、最初に書いたように、修理おわったモールトンを受け取り、嬉しそうに笑みを浮かべていらっしゃる玉井さんです。最近は、僕も自転車を愛好していますので、この喜び...ひじょうに分かる気がします。なんだか自分のことのように嬉しいとはこのことだ...と思いながらシャッターを切っていました(^^)

というわけで、あまりに嬉しい出来事でしたので、玉井さんには無断で写真を公開させていただきますが、ここでも、ものをつくる人がまちにいるということって、とても大切だし素敵なことだ...ということを、実地に教えていただいた気がします。

■玉井さんが、この話題について、ご自身のブログにエントリーなさっています。こちらです。

【場所】練馬区桜台5-28-13です。

ここは、練馬区の南東の端…旭丘…というところです。この写真の奥に見える木のすぐ向こう側を、西武池袋線が走っています。

このあたりを歩くことは、まず無いことですが、西武池袋線を利用する機会はちょくちょくあります。そして、電車で通るたびに、窓越しにチラリと見えるこの家が、以前から気になっていました。なんせタイトルにもしましたが「ブルートタンに瓦屋根」です。なんともゴロが良いですよね(^^; しかも、その瓦がとても古そうです。惹かれます。というわけで、今回、江古田あたりを歩く機会がありましたので、当然のことながら、現地に立ってみました。

で、結論から言いますと、これはもう…素晴らしいです(^^; 異様に長い側面全体がブルーの波形トタンに覆われていて、開口がひとつもありません。そこに古瓦をトンと載せただけ…というシンプルさです。そして、それはこの反対側の側面も同じなのです。やはり、ブルーの波形トタンで覆われています。開口部はありません。ということは、これは少なくとも三軒長屋だった建物が、切り離され、両側が取り壊された…ということを意味しているようです。

実は、この反対側のほうが、トタンが経年変化し、錆びも浮いていて、味があるのですが、残念ながら、そちらは月極駐車場になって、クルマが邪魔です。というわけで、この建物のシンプルさが強調されているこちら側の写真を…ということになりました。

【場所】練馬区旭丘1丁目あたりです。

江古田いちば

| コメント(20)

ここは、西武池袋線の江古田駅北口にある「江古田市場通り商店会」のなかです。
同商店会のホームページによれば、「大正11年 武蔵野鉄道(現西武池袋線)江古田駅開業と時を同じくし、肉屋・魚屋・酒屋・炭屋・衣料品店など日用品を扱う店が集まり、地域の中核として人々に親しまれ繁盛していました。」とあります。

僕は、中学・高校と6年間、江古田に通っていたのですが、高校卒業後、江古田からはすっかり足が遠のき、以来、まともに歩いたことがありませんでした。そんなわけで、江古田駅周辺を歩くのは本当に久々(何十年ぶり(^^;)なのですが、受けた印象をひと言でいうと「昔と変わらない駅舎、様変わりした南口、昔の面影を残す北口」といったところです。そんなわけで、当然のことながら、昔の面影を残す北口…のほうを中心に歩いてきました。

その北口のハイライトのひとつが上記の「江古田市場通り商店会」ということになります。この商店街は、僕が通学していた頃は「ミツワ商店会」と呼ばれていて、そのコチャコチャとした雰囲気は当時から健在…でした。もっとも、中高生である僕にはあまり用のない商店街でしたが、この商店街の道はよく憶えています。というのは、この商店会をちょっと入ったあたりに「ドガ」という喫茶店があり、このあたりの道が「ドガ」に通う道だった…というわけです。
とにかく、当時、学校に行かなくても「ドガ」には顔を出す…というくらいに入り浸っていたことを懐かしく思い出します。ママさんは彫金アーティストでご主人はトランペッター(勿論プロ)…という一風変わった喫茶店で、常連客の多くは、日大芸術学部の学生だったように記憶しています。

話が逸れましたが、そんな思い出のある江古田…やはり懐かしかったですね〜。そして、この一画の変わらないことにビックリ。そして発祥の古さに改めてビックリです。大正11年生まれ…ということは、震災と戦災をくぐり抜けてきている…ということになります。

【場所】練馬区栄町あたりです。

変なポケパーク

| コメント(20)



東池袋にあったポケットパーク集です。しかし、どれをとってもちょと変ですね。いったい、誰のためにどういう目的で造ったものやら?という感じです。東池袋という、戦火を逃れた古い家屋なども残る下町的な雰囲気からは、ちょっと浮き上がった感が否めません。
左のポケパークは、大塚から東池袋に抜ける道沿いに連なる「日出優良商店会」なる商店街の一画に突然現れます。商店会の「日出」から太陽を連想してデザインしたものでしょうが、これはなかなか鮮烈です(^^; 太陽の手前に据え付けられた椅子やテーブルが、月や星になっているというコーディネイト振りです。ま、できたら遊園地のなかに造ってよ、という感じです。
中央のポケパークは、住宅街のど真ん中にありました。なんとフェンスが富士山になっています。手前右に見えるのは、ごく薄い...何と言えばよいのでしょうか...造作物(^^;です。なんと、このなかに棚が造られていて、そこに本が並んでいました。雨が降ったら完全に濡れてしまうでしょうに...。ここは、左手に(写真には写っていませんが)、細い鉄骨で造った、鳥居を連想させる赤いゲートもあり、思わずお稲荷さんを探してしまう雰囲気でした(^^; お稲荷さんは不在でしたが...。
右のポケパークは、「日出優良商店会」からちょっと入った通り沿いにありました。なんと「日光広場」だそうです。もう負けそうです(^^; 脱力です。コンセプト(能書き)については、もう書く気力もありませんので、こちらをご覧ください。日本庭園の精神を現代に活かしてみました...とでもいうのでしょうか(^^;
いや〜世の中いろいろですね〜。このポケットパークたちには相当に度肝を抜かれてしまいました。

【場所】豊島区東池袋5丁目あたりです。

1


ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2016 masa