葛飾区 - Katsushikaの最近のブログ記事

夏そら


Yotsugi, Katsushika, Tokyo

スケートボーダー


HigashiYotsugi, Katsushika, Tokyo

リトル・ヒーローズ


HigashiYotsugi, Katsushika, Tokyo

夕陽を浴びに...


HigashiYotsugi, Katsushika, Tokyo

極たそがれ商店街


@ HigashiYotsugi, Katsushika, Tokyo

立石仲見世 年の瀬


@ Tateishi, Katsushika, Tokyo

小さな忘年会


@ Tateishi, Katsushika, Tokyo

線路脇の家 裏手


@ Takasago, Katsushika, Tokyo

久々にトタンの匂いが恋しくなって(^^; こちらの裏手です。
葛飾区の北西端にある小菅というまちは、東京拘置所のあるまちとして知られていますが、拘置所が置かれるずっと前から人の暮らすまちが存在し、その歴史が思いのほか古いことは、あまり知られていないように思われます。
しかし、現地を歩き、住人の方々にお話をうかがうと、とても興味深い土地柄であることが分かってきます。そんなことから、自分でも思いもよらず...でしたが、つい、地図を広げたり、何度か足を運んだり...ということになってしまいました。
というわけで、小菅はこれからも注目の地(^^;になりましたので、ここに地図や資料をアップしておくことにしました。

以下は、『江戸明治東京三層重ね地図』で見た、小菅から北千住一帯の地理的変遷地図です。
左が明治期、右が平成期、中央が両者を重ねた図です。


小菅むら風景

| コメント(2)
晴れた日の小菅です。いちばん奥に見える白いビルは、東京拘置所(左手)と最近建ったばかりの公務員宿舎(右手)です。小菅のまちと拘置所&関連施設とは、こんな距離関係にあります。

これまでは数メートルの高さのコンクリート壁が、まちと拘置所とを隔離していました。が、いま、その壁が取り壊されつつある最中です。そして、元拘置所の敷地であったところに、数棟のマンションのような宿舎が建ち、もうすぐそこへの入居も始まろうとしています。

そういった変化が、このまちの過疎化傾向を止める効果があろうことは容易に想像できますが、その他にどんな効果をもたらすことになるのか...。単純に活性化につながるのか否か...見守りたい気にさせられます。

写真は、そんな嵐の前の静けさを感じさせる小菅のまちの風景です。空き地にしげった雑草と二軒長屋の瓦屋根に、この日は、ちょっとけだるい夏の日差しが注いでいたせいもあって、なんとも長閑な風景です。そして、戦争前後からついこの間までは、こんな風景だらけの土地だったのでは...と思われます。が、それもそろそろ...なのでしょうね。

【場所】葛飾区小菅1丁目あたりです。
ここは小菅(こすげ)のまちのなかほどです。看板などはありませんが、店の構えから分かるように、駄菓子屋さんです。この裏手には小学校、はす向かいには銭湯もあることから、小菅1丁目の住人であれば、どうあっても日々通りかかる場所のようです。

数日前に、初めてここを通りかかったときは、こちらは閉まっていました。ガラス戸にはカーテンがひかれ、なかは見えませんでした。上記したとおり、看板なども出ていません。が、それでも、きっと駄菓子屋さんだな...と思わせるものがありました。また、お店の多いところではありませんから、ちょっとした生活用品や雑貨なども並んでいるのかな?とも...。

それが、先日、再度ここを通りかかると、戸が開かれていて、店内を見ることができました。僕の想像は半分当たりで半分外れ...でした。こちらは、ちょっとしたオモチャなども置いてある、100%駄菓子屋さんでした。

見ていると、けっこう子供たちが集まってきます。ちょっと嬉しそうな表情を浮かべて...。小菅1丁目の子供たちにとっては、この駄菓子屋さんは、日常の小さなワクワクが詰まった基地のような存在なのでしょう...。

ところで、こちらは昭和33年の開業で、以来、この場所でご商売をつづけていらっしゃるそうですが、ごく当たり前感...といいますか、ごく普通感...といいますか、日常という言葉がピッタリとくる、そんな感じがとにかくたまりませんでした。

追:タイトルにある「小菅むら...」ですが、これは、小菅1丁目住人のおひとりから「ここは村だよ、町へ行く...と言うくらいだから(笑)」と聞き、それが何だか言い得ている気がし、タイトルにいただいた...というわけです。僕なりに親しみを込めて...。

【場所】葛飾区小菅1丁目あたりです。

小菅の路地

| コメント(4)
前エントリーでは、小菅の東京拘置所まわりの事情を採り上げましたが、それは、あまりの変化に驚かされたゆえ...ということで、僕本来の興味からは、実はちょっと逸れたエントリーでした。

が、拘置所の塀が取り払われたり、その敷地に建てられた集合住宅に相当数の住人が移転してくることなどを考えると、このまちは、これからしばらく、注目に値するように思います。

ま、それはそれとして、この地区は、荒川と綾瀬川と裏門堰で一種の島状態になっていますが、拘置所の南側には、こぢんまりとした古いまちがありました。

上記したように、物理的に中ノ島化しているようなものですから、そこは、まとまった集落としてやってゆく以外になかったと思われます。実に狭い範囲ですが、実際に歩いてみると、住人の誰もが知り合い...それも親戚のような親しさで交流なさっていることが見てとれます。

そして、あちこちで目にした立ち話し風景やすれ違いざまのやりとりの様子...などを見ていると、ここではツイッターは不要だな(^^;という感じです。それよりも早く、アナログに情報が飛び交っていそうです。「カメラ抱えた怪しげなのが歩いている。が、無害のようだ」などと...(^^;

今日の写真は、そんな小菅のまちの路地を撮ったものです。なんだか久々に味わう良い路地感覚でした...。

【場所】葛飾区小菅1丁目あたりです。

小菅事情

| コメント(2)
先日来、何度か松戸に行く機会がありました。都内から行く場合は、JR常磐線や地下鉄日比谷線で行くわけですが、途中、千住や小菅あたりを通ります。

小菅では、やはり何と言っても目につくのは東京拘置所の建物です。トップ左側の写真がそれですが、かなり大きな建物です。が、僕はまだ、この建物のまわりを歩いたことがありませんでした。そんなわけで、この機会に初めて小菅駅で降りてみました。

駅を出て、拘置所方面を目差すと、まず目につくのが、裏門堰と呼ばれる水路です。すぐに考えたことは、「拘置所の在る一画は、荒川と綾瀬川そしてこの水路で、陸から切り離された状態にあるわけだな」ということでした。

その裏門堰に沿って拘置所の裏手を歩いていると、最初は拘置所職員の団地などが見えていますが、そのうちトップ右側のような背の高い古びた塀が見えてきます。いかにも刑務所とか監獄という語の響きを思わせる風景になってきます。

そんなちょっと暗い風景を見ながら綾瀬川まで歩き、そこを右(南)に曲がると、こんどは突如として、夢でも見ているのか...という風景を目にすることになります。

必殺ヤレトタン!

| コメント(5)
この家は、中川から遠からず...の位置にあります。視界に入った途端、あまりのト耽美に、ガックリと地面に膝をつく(^^;という感じです。
トタンを使った味わいのある家というのは、都内をまめに歩けば多々ありますが、こちらは、やはり、5本の指に入るか...と思われる出来映えです。ほんとに心惹かれます。

こちらのご主人は、あまり細かいことは書けませんが、30年ほど前にこちらに越していらした...とのことですが、この家は戦前のものかも?というお話でした。この一帯は、戦災に遭っていませんから、あり得ることですね。

話は逸れますが、この辺りでちょっと興味深いことがあります。この一帯の住所は西新小岩ですが、昔は上平井町と呼ばれていました。そこで「ん?」と思い出すのが、荒川放水路の対岸にあるまち...平井です。
いまでこそ、でっかい放水路によって切り離され、しかも、かたや葛飾区...かたや江戸川区ですが、もとは地つづきの隣まち...です。そう言われてみると、同系の建物を対岸の平井でも目にしたな〜などと、やや強引に(^^;思えたりするのは、妄想の部類でしょうか...(^^;

ところで、ついでですが、実は、この左隣にも、やはり味のある平屋が残っていました。が、先日通りかかってみると、そちらはもう取り壊され、新たな家が建っていました。この家だっていつなんどき...です...。

【場所】葛飾区西新小岩あたりです。

トマソン川

| コメント(4)
新小岩駅北口の、さほど規模の大きくない商店街を抜けたあたりです。右端に少しだけ見えているのは蔵前橋通り。その先(写真でいうと奥のほう)は、ほどなく、中川/荒川放水路にぶつかります。そして、僕の背後には、荒川放水路とほぼ平行にはしる平和橋通りがあります。要するに、蔵前橋通りと平和橋通りの交差点ですね(^^;

が、その交差点、2本の通りが交差するだけの、素直な交差点ではありません。そこには、「どうしてここにも通りが?」と思わせるような、脇道...にしては立派な道路が合流しています。ちょっと不可解な交差点です。

そんな交差点ができた理由がこの写真です。橋(巽橋)の欄干が残って(残した?)いることから、ここに川が流れていたらしいことが分かります。その川は、西堀井川と呼ばれる運河だったようですが、それが暗渠化され、このような風景が生まれた...というわけです。

しかし、この欄干があるばかりに、立派な道路(もと川)が、突き当たりになっています。これは無用の長物...としか言いようがありません。が、そのおかげで、ちょっと想像力を働かせると、川の流れはよく見えますね! 暗渠にされた川がこれだけよく目に見える風景もそう多くはありません。トマソン川 水清く...(^^; かなり貴重な風景かもしれません(^^;

【場所】葛飾区東新小岩1丁目あたりです。

柴又夕景

| コメント(10)
ここは柴又です。ここから右方向にちょっと行ったところに柴又駅があります。

この写真ではよく見えませんが、ここから先に進むと、すぐに踏切に出ます。その踏切を渡ると、正面に、自転車屋さんがあります。その建物が、かなり古く、味のあるものですので、もうちょっと暗過ぎ...ではあるのですが、とりあえずそれを撮ってから...と思い、そちらに向かって歩いていました。その途中でふと気になったのがこの風景でした。

平日の夕方の柴又は、予想していた以上に静かなものでしたが、ここはいちおう駅前商店街のはずれです。したがって、それを示す街路灯とサインがあります。このとき、周囲は暗く、街路灯は点灯していましので、いやがおうにも、そちらに目が行きます。

その街路灯とサイン、そしてプラスチックの花...。それらは、この商店街の景気づけに設置されているはずですが、皮肉にも、枯れ木も山のなんとやら...状態。逆に、この夕焼け空とあいまって、侘びすら感じさせます。が、実は、それが何とも良かったんですけどね。ふっと力みが抜けてゆくようで...。

【場所】葛飾区柴又4丁目あたりです。

青木書店@朝日新聞

| コメント(6)

本日(2009年03月06日)の朝日新聞の記事です。

僕の写真集を、特別のはからいで取り扱ってくださっている、堀切の青木書店のご店主のお父上とご著書について...でしたので、こうして切り抜き記録させていただくことにしました。

■Amazon.co.jp で購入できます:古本屋群雄伝 (ちくま文庫)

■関連エントリー:堀切の青木書店 / 青木書店を訪ねる

葛飾 柴又駅前

| コメント(8)
一昨日のエントリーのコメント欄に、初めて、iPhoneから返事を書いてみました。現地(高砂)から返事を書く...というのは、中継でもしているような感触があり、なかなか面白い体験でした。が、ソフトキーで小さな画面に入力するのは、隔靴掻痒の感が強く、「これからは外出中でも...」という気にはなれませんでした(^^;

しかし、町を歩いている時にコメントすればこそ...の出来事もありました。僕がコメントを記入した直後に、高砂から遠からず距離にある青木書店のユーコさんから、「そんなに近くに居るのなら寄ってって!」というコメントをいただいたのです。そんな展開は予想もしていませんでしたので、ビックリするやら嬉しいやら...でした。このときは、コメントに気づく前に、柴又方向 (青木書店さんとは反対の方向) にかなり歩いていましたので、引き返すことはしませんでしたが、もう少し早く気づいていたら、きっと、堀切菖蒲園にまっしぐらだったに違いありません(^^;

ま、そんな経緯があって、その後、寅次郎の聖地・帝釈天から江戸川土手へと歩き、そこで「あれが、寅さん記念館か...」と、遠目に眺めた頃には日没を迎えていました。しかし、平日の夕方の帝釈天周辺というのは、静かなものでした。僕は、寅さんファンではありませんが(今後は分かりませんが...)、黄昏れてゆく空のもと、一瞬鄙びた感覚すら感じさせる、その穏やかさはなんだか良かったですね。てなわけで、寅次郎の佇む柴又駅前の夕景です...。

【場所】葛飾区柴又4丁目あたりです。

線路脇の家

| コメント(10)
東京はとても広く、既に歩いているつもりが意外にも歩けていない...という場所がイヤというほどあります。視野視点というものを加味して考えると、それは尚更...ということになり、気が遠くなりそうです(^^; ま、そんな場所のひとつに、京成高砂駅の北側がありました。寅さんで有名な帝釈天が、遠からずの位置にありますから、過去に歩いてはいるのですが、完全に記憶が薄れている...という状態です。そんなわけで、先日、京成線に乗ってそちら方面に行ってきました。

高砂駅に降りて、駅の北側を歩きはじめると、しばらくは、「ああ、歩いたな...」という町並みがつづいていました。が、その範囲はきわめて狭く、駅からちょっと離れると、まるで新鮮な町並みが出現です(^^;

そして、しばらく歩いたところで、いかにも不自然な、「川の匂いがするぞ」という、妙に開けた感覚の道路に出ました。周囲はかなり建て替えが進んではいるものの、あっと驚くような古いバラック系の家も在ったりします。 そしてさらに先に進むと、踏切があり、それを越えると、なんと池があり (釣り人の姿もあり)、その畔には神社が...。これは臭い!(^^;...と思っていると、ついには、こんな風景に遭遇です。川がかなり雑に暗渠化or埋立られた後の姿です。消えた川は、『川の地図辞典』(398-401頁)によると、小合用水...というようです。しかし、鉄橋が残っているというのが凄いですね。

で、その鉄橋のすぐそばで目に入ってきたのが、今日の風景です。なんとも良い感じの総トタンの家です。線路のすぐ脇に建っています。総トタン系としては、かなり大きい家と言えます。後方は広いグランドになっていますから、家がが建て込んだりということはありません。木々も見えますし...。そのせいでしょうか、ここに立っていると、なんだか北の大地にでも居るような気分でしたね(^^;

【場所】葛飾区高砂7丁目あたりです。

四つ木のクロスケ

| コメント(6)
tk1252.jpg先日、葛飾区の四つ木を歩いていたときに出会った建物です。実は、以前に四つ木で撮った写真のファイルが壊れてしまったため、同じ構図の写真を撮り直そうと思い、同じ場所に行ってみたのです。が、残念ながら、その構図自体が、もう存在しませんでした。空振りです。

とはいえ、せっかく四つ木まで来たわけですから、そのまま帰るのも能がありません。というわけで、四つ木の、商店街からやや離れた、まだ歩いたことのない一帯に入ってみました。そこでも、もうかなり建て替えが進んでいましたが、所々に、昔のこの一帯の雰囲気を想像させる建物が残っています。ほんとにポツンポツンなのですが...。

そんななか、特に目を惹いたのが、この真っ黒なトタンの塊でした。この大きさですから、総トタン...というだけでもソートーなものですが、さらに、全体が真っ黒に塗られています。まるでデカい影が建っているようです(^^; その上に、樹が、まるで日傘のように枝を伸ばしているのも秀逸です。ま、ともかく、コイツ、凄い存在感でした...。

【場所】葛飾区東四つ木あたりです。
1|2 次のページへ>>


ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2016 masa