港区 - Minatoの最近のブログ記事

トワイライト


@ Mita, Minato, Tokyo

BikeTKO - 1


@ Mita, Minato, Tokyo

HER FAVORITE BAG


@ MinamiAoyama, Minato, Tokyo

新橋で空を仰ぐ


@ Shinbashi, Minato, Tokyo

Generations


2006 @ Minami-Aoyama, Minato, Tokyo

Stars &









山本真弘商店


@ ShibaDaimon, Minato, Tokyo

小さな森の妖精


@ Akasaka, Minato, Tokyo

ひとかげ



@ Akasaka, Minato, Tokyo

芝浦キュウポラ


2006 @ Shibaura, Minato, Tokyo

六本木裏空間


@ Roppongi, Tokyo, JP


六本木の交差点からそう遠くない場所です。ちょっと裏にまわると、最近の開発にあえばとても残ることのない、こうした"無駄"な空間がまだ見られます。しかし、ひと頃なら「なんだか落ち着くな〜」なんて呑気なことを言ってられる空間でしたが、今では「線量高そうだな...」がまず最初に思うこと...。

旅へ...


@ Shiba, Minato, Tokyo

高輪の看板建築

| コメント(8)

今日、東京ではしとしと雨が降っていますが、昨日は、よく晴れた実に気持ちの良い初冬日でした。きれいな光を浴びながら、キリッと冷えた空気のなかを、ペダルを漕いで駆け抜ける爽快感...悪くありませんでした(^^;

そんなことを思いながら、昨日は、蒲田方面に向けて走っていました。そして、田町あたりを過ぎ、品川駅がもうすぐ...というところで目に入ってきたのが、この看板建築です。

この場所は、上記したとおり、品川駅に近く、しかも第一京浜という大幹線道路に面しています。したがって、周辺は、この写真でもその一端を垣間見ることができますが、ピッカピカとしたビルで埋められています。そんな環境のなかにポツンと...しかしガツンと(^^;残っているのがこの建物です。

看板によれば、どうやら、自動車部品を製造する三徳部品という会社のようです。建物は、かなり古そうですが、状態がとても良いのは、現役で使われている証でしょうね。実は、このすぐ右手に同じ会社の社屋が在ることからも、そんなことがうかがえました。

それにしても、この建物、銅板張り・トタン張り・板張り...と、壁面の仕上げ方を網羅した...とも言えます。いやもう、ある意味、豪華絢爛です(^^;(^^; 魅せてくれます...この建物。素晴らしいです。永遠なれ!(^^;

【場所】港区高輪3丁目あたりです。

背伸びする街


汐留から虎ノ門にかけて、いまどき、幅広(40m)の道路が建設中です。その道路については以前にも触れたことがありますが、マッカーサー道路と呼ばれ、基本計画が構想されたのはなんと1946年のこと...。それが、これまたなんと、半世紀後の2005年になって着工された...という、いろんな意味でお化けのような道路です。

昨日、自転車で皇居のあたりを走っていて、ふとその工事のことを思い出し、そちらに向かってみました。

現地に着いてみてビックリです。工事は着々と進んでいて、昨年あたりまでポツリポツリと残っていた古い建物はすべて無くなり、ポッカリと空間の帯が出来あがっていました。

そればかりか...です。昨年までは無かった(と思う)ビルが建ちあがっていました。下階が商業スペースで上階が住宅...というつくりでしたから、きっと、道路建設によって立ち退かれた方々もこちらに住まわれるのだろうと思われます。

それにしても、なんという素早さ、なんという変わりかた...です。そして、こうしてみると、人の暮らす標高平均がどんどん上がっていくのがわかります。さすがに最近のこの傾向...ちょっとまともじゃない気がします。

【場所】港区新橋4丁目あたりです。

煙る東京湾

全国的に雨のところが多いようですが、東京も久々にお天気がぐずついています。

そのぐずついたお天気を記念して(^^;...ってことはありませんが、ま、なんとなく短絡的な発想から、今日のような、どんよりとした日の東京の風景をエントリーすることにしました。が、撮ったのはもうだいぶ前のことで、昨年の7月です。

しかし、東京湾...それもこうしてどんよりと雲が垂れ込めた状態では、撮った時期や季節なんか関係ありませんね。もしや、この辺りで一年を過ごす人だったら、何かを手がかりに、季節を言い当てることができるのでしょうか...。

ま、それはそれとして、晴れた日の港の風景も良いものですが、こうして、小雨に煙る埠頭の風景というものは、なにかもっと確信犯的に人を惹きつけるものがありますね。

【場所】港区港南・品川埠頭あたりです。

地理系基準点景

| コメント(4)


昨日、特にどこを目差すわけでもなく自転車を漕いでいると、なんとなく隅田川沿いに出ました。が、佃島にわたる橋に差し掛かったところで陽が沈み、そろそろ戻ろうかな...と思ったところに、なにやら妙なオブジェのようなものが...(左端の写真です)。

そばに行ってみると、説明板があり、霊岸島水位観測所...と書かれています。うかつにも、これまで存在すら知りませんでしたが、どうやら東京湾の水位を観測している施設のようです。しかも、明治6年から明治12年にかけて「日本の標高を測量するときの基準となる東京湾の平均海面を測定した」とあります。そして「この平均海面を基準として、明治24年、 永田町に日本水準原点が設置された」とあります。
(注:地殻変動や埋め立てなどの事情により、場所や数値に多少のズレが生じたりしているようですが、そのあたりについては、ネットで検索するといやというほどヒットしますので、ぜひそちらで...。)



つい先日、ブログを巡回していて "PACIFIC PEDAL LIFE DESIGN / アジア-パシフィックの自転車生活デザイン展" が開催されていることを知りました。

これは、東京ミッドタウンデザインハブなる団体による企画展...という位置づけだそうですが、その主旨は以下のように記されています:
アジアの都市生活の未来は、自転車とともに、快適に楽しく生活することにある。
クリーンでエコロジカルな移動手段として、ファッションやカルチャーとして、またインダストリーとして、いま改めて注目されるのが自転車です。 急速な経済成長をとげつつあるアジア諸国、とりわけ中国では、3.2人に1台、じつに4億台以上の自転車が、移動、運搬、販売など、生活のさまざまなシーンに重要な役割を果たしています。一方、クルマ社会が成熟した欧米では、メッセンジャーなどの仕事をはじめ、マウンテンバイクやBMX、知的に、オシャレに自転車を楽しむ生活など、新しいカルチャーが次々と発信されています。 本展ではこうした自転車を、「働く」「考える」「食べる」「走る」「遊ぶ」の5つの動詞から考え、実車と映像を交えて紹介します。

" s m i l e "

| コメント(8)

昨日、六本木の東京ミッドタウンの前庭で出会った笑顔です。

実は、このところ、とかく気持ちが曇りがちでした。が、その曇りをぱっと払ってくれたのが、この最高の笑顔でした。

僕は、彼のことは何も知りません。このとき初めて出会い、彼の足もとにちょこんと佇むイングリッシュコッカー君が可愛くて、写真を撮らせてもらい、その後、コッカー君と彼の組み合わせがこれまた素敵なので、「ご一緒に...」と1枚だけ撮らせていただいたのがこの写真です。

それなのに、なんて素晴らしい笑顔なのでしょうか...。

この笑顔を見ていると、いやがおうにも "Smile" のメロディーが頭のなかを流れだします。「微笑もう たとえ心が痛んでいても / 微笑もう たとえ心が折れそうな時でも / 空が雲におおわれていても / だいじょうぶ...微笑みさえすれば / 人生まだ捨てたもんじゃない...」といった歌詞にのって...。

【場所】港区赤坂9丁目あたりです。

"NO MAN'S LAND" FLAG

| コメント(10)


既にウェッブ上で語り尽くされた感もありますが、タイトルの "NO MAN'S LAND" について簡単に説明すると、以下のようになります。

2009年11月にフランス大使館が新庁舎に移転し、旧庁舎(1957年築)は取り壊されることになったが、その前に、あらゆるジャンルの創作の場として、建物と敷地全体を内外のアーティストに提供し、その製作課程や作品とともに旧庁舎建物を広く一般に見てもらう最初で最後の機会とする催し。

この催しについては、発表された頃から気になっていたのですが、何かとバタバタと日々を過ごしているうちに、会期最終日が過ぎてしまいました。が、最後の最後になって、会期が2月18日まで延長されたため、その最終日の夕方にやっと "NO MAN'S LAND" にすべり込むことができました。

時間が無かったため、機関銃を撃つように(^^;写真を撮ってきはしましたが、作品紹介的な写真はネット上に多々見られます。また、 "NO MAN'S LAND" の全貌を二三枚の写真で言い現すことも難しいことですから、ちょっと自己満足的(^^;ですが、こうした素敵な催しを実現してくださったフランス大使館に敬意を表し、3枚の写真を並べ、"NO MAN'S LAND" の国旗に見立てた次第です。

■関連エントリー■
KARAKARA-FACTORYNo Man's Land/ 在日フランス大使館・旧庁舎
MADCONNECTION在日フランス大使館・旧庁舎

【場所】港区南麻布4丁目です。

タワーとツリー

| コメント(35)
スカイツリーの背が相当に高くなり、街を歩いていると、「え、ここから...」と思う場所からも、姿が見えるようになってきました。

そんなこともあってか、最近は、ネットや新聞、TVなどで頻繁に目にするようになり、ついには、スカイツリーが見える...ことをウリにしたホテルまで建設されるとか...。スカイツリーを新たな観光資源に...という動きが活発化してきているようです...。

そんなスカイツリーに圧倒され、最近ちょっと影が薄いのが東京タワーです。ライトアップに変化をつけてみたりと、あれこれ工夫はしているようですが、やはり、世界一背が高くなる新人を相手の競争は、なかなかしんどいようです(^^;

ところで、スカイツリーの表情がかなりハッキリしてきたいま感じるようになったことがあります。それは、"人間が造った建造物...東京タワー" に対し "ロボットが造った建造物...スカイツリー" という違いです。そこには決定的な温度差を感じます。

風景として見るときに、この違いは、ボディブローのように、いずれ効いてくるような気がしてなりません。エッフェル塔に比べると貧相な東京タワーですが、スカイツリーに比べればずっと暖かみがある...と感じるようになりました。スカイツリーの世界一はいいですが、競うポイントがもう既に前時代的ですね...。

【場所】港区三田3丁目/芝5丁目あたりです。
<<前のページへ 1|2|3456 次のページへ>>


ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa