(谷中) 根津 千駄木の最近のブログ記事

路地のパン店


Nezu, Bunkyo, Tokyo

アンジェリカの微笑み


Nezu, Bukyo, Tokyo

冬のひかりを背にうけて...


@ Nezu, Bunkyo, Tokyo

ブロック壁のトールボーイ


@ Nezu, Bunkyo, Tokyo

雪の無い雪景色


@ Nezu, Bunkyo, Tokyo

根津陋小屋


2006 @ Nezu, Bunkyo, Tokyo

ぬいぐるみの鎖


@ Yanaka, Taito, Tokyo

人間の鎖ならぬ、ぬいぐるみの鎖です(^^; この写真を撮った時点(2009年)では、まさかこんなタイトルでエントリーしようとは思ってもいませんでしたが...。

なかよし文庫

昨日(1月25日)の東京新聞夕刊にこんな記事がありました。こちらのことです。再開を心待ちにしていましたが、それはならなかったようです...。
この写真は、2005年の1月に、なかよし文庫店内で、ご主人の田村芳子さんが、五歳の頃から一緒だったという人形"メリーちゃん"を抱いていらっしゃるところを撮らせていただいたものです。ご家族様には無断ですが、お許しいただけるもの...と思い、掲載させていただきます。また、膨大な量の本の整理は不思議(はてな)さんが担当なさるようですが、良い方が見つかったな...と思えます。
なかよし文庫に幕がひかれるのは残念ですが、もう、お疲れさまでした...というしかないようです...。

学校前の文具店

| コメント(4)
このところすっかり千駄木づいていますが、この写真も千駄木で撮ったものです。千駄木小学校の真正面に残っていた建物です。

先ずは、かなりヤレたトタンの店舗部分が目を惹きます。が、その部分と最近改修されたように見える住居部分、その左後方の新築建物の三者がうまく重なり合って、左右対称のひとつの建物のように見えます。そして、そのことが、視覚的にバランスの良いキリッとした印象を与え、魅力を倍増させているようです。

店舗部分の電光看板には、"三菱鉛筆"と"市川平和堂"の文字がありました。それからすると、こちらは、どうやら文房具店...だったようです。というのも、見たところ、電光看板の"文房具店"(と思われる)部分がテープで隠されていたことからも伺えたことですが、もう営業はなさっていないようです。駄菓子屋半分という雰囲気もあって、いい感じなんですけどね〜。

【場所】文京区千駄木3丁目あたりです。

団子坂下昨今

| コメント(2)
ここは千駄木です。団子坂下の交差点からすこしだけ奥に入ったところです。右手には不忍通りが、左手にはよみせ通りがとおっています。

この一帯は、よみせ通り...川を暗渠化した道...に近いことからも分かるように、土地の低いところです。いわゆる下町...庶民のまちが展開していた場所です。そんな性格の場所ですから、昔は、低層の小さな家が押し合うようにしてたち並んでいたはずです。

それが、いつの間にか、特に表通りに面した場所から、高層マンションへの立て替えが進み、一歩裏に入ると、マンションの城壁に囲まれたような様相を目にするようになりました。

写真をひどく大雑把に説明すると、写っているビルは全て、表通りに面して建つ10階以上のマンションの裏側です。まさに城壁です。そして(本末転倒ですが)違和感いっぱいに写っているなかほどの建物は、やはり表通りに面して建つ看板建築の裏側です。

このあたりには、元々、なかほどの建物のような家が身を寄せ合うように建ち、その裏手には生活感の溢れる路地がありました。それがこうまで変貌をとげています。それも、過渡期だからこそ変貌ということが分かりますが、それも分からない状態にまで...もうすぐのようです。

【場所】文京区千駄木3丁目あたりです。

律儀な屋号の店

| コメント(2)
このところ、千駄木に行く用事があり、そのおかげで、久しぶりに谷根千あたりを歩く機会を得ました。写真は、千駄木と谷中の町境にもなる道"よみせ通り"の商店街で撮ったものです。

この通り沿いには、古い店舗建物がけっこう残っていて、そのなかには、いつか歪みの無い状態できちんと写真に収めておきたい...と思う店舗がいくつかありました。

しかし、今の東京では、しばらく疎遠にしているうちに...ということがままあります。というわけで、今回、とりあえず駆けつけるように、この店舗のある場所に行ってみましたが、こうして元気な姿を目にすることができました。

この典型的な長屋看板建築の店舗ですが、両店ともに、こぢんまりと、そして淡々と生真面目に...という感じがして、なんとも惹かれます。また、最近は珍しくなった、長いけれど分かりやすい屋号「小林仁成堂薬局」と「石川屋食品店」にもグッときます。

ま、とにかく、こうして写真に収めてブログにアップできて、理由もなく、なんだかひと安心...やれやれという感じです(^^;

【場所】台東区谷中3丁目あたりです。

根津あんぱちや裏

| コメント(6)
これは2006年の5月に撮ったものです。前々エントリーと同様に、以前撮った写真をブラウズしていて見つけた写真です。

この建物ですが、実は、根津の"あんぱちや"の裏側(あんぱちや裏手の家の側面かもしれません)です。建物の右上に四角いツノのようなものが伸びていますが、それは煙突などではなく、看板建築の看板部分を横から見たところです。

そんなことからも分かると思いますが、"あんぱちや"を表から見ると、テント幕や看板に覆われた、いわゆるモルタルの四角い看板建築です。が、裏にまわって見ると、こうして、ごく普通の三角屋根の建物が現れます。それがまた、双子のような形状や壁面の継ぎ接ぎ具合などに雰囲気があって、やけに愛らしい...です(^^;

このとき僕が立っている場所は更地ですが、その後わりとすぐに家が建てられ、こうして眺めることはできなくなってしまいました。が、こうした"まちの愛らしさ"が感じられる風景を隠してしまうのは残念なことでもありますから、せめてネット上にでもそれを残そうと思い、エントリーした次第です。

【場所】文京区根津2丁目あたりです。

谷中闇光景

| コメント(4)
ここは谷中です。が、10メートルも歩けばもう根津...という位置です。昨日の夕方撮った写真です。

最近は、ほんとによくある、建物が取り壊され、そのあとが駐車場になり...というパターンの風景です。ここは、場所は良いのですが、もうずいぶん長い間、駐車場のままです。シルエットになって見えている建物は、古い古い金物屋さんですが、建物そのものも相当に古く、そう遠からず...という感じがします。

ちなみに、その金物屋さんの隣は、中野パン店でした。というのは、まだ建物は残っていますが、お店は既に閉じてしまいました。また、通りを挟んだ反対側(写真では左)には、全体を新建材に覆われたやや妙な形をした家がありますが、その建物は昔はこんな姿をしていました。

ま、そんなわけで、この三角屋根のシルエットも「見られるうちに見ておかないと景」と言えそうです(^^;

【場所】台東区谷中1丁目あたりです。

初秋暮色

| コメント(5)
根津に、気になっている場所があり、そこの様子を見てきました。そして、そこから、千駄木駅あたりまで歩いてきました。

今日は、10月にしては気温も高く、晴れて気持ちの良い日でした。そこに日曜が重なっていましたから、観光客の多いこと...です。この傾向は、二三年前よりも強くなっていますし、これからもっと強まってゆくのでしょう...。まちって変わりますね。当たり前なんですが...。

で、まあ、そんなこんなで、千駄木駅あたりまで歩いたわけですが、そこから、そのまま駅に入るには時間が早い...。ということで、来たときとは違うコースで根津駅まで戻ることにしました。

すると、やはりもう秋なんでしょうか、周囲が暗くなるのが思ったより早いです。まだ明るさが残っているうちに根津駅に...なんて思って歩きだしたのですが、とんでもない...。途中ですっかり宵闇迫れば...です。

が、路地の隙間から見える空には、まだ明るさが残っています。この時間が、なんとも路地の黄金の時間かもしれません。この微妙な時刻の、路地の暗さというのか明るさというのか...は、実に絶妙で、時代を超えた空気の艶ようなものを感じさせてくれます。家路を急ぐばかりの時間にしては勿体ない...ですね。

【場所】文京区千駄木2丁目あたりです。

あかぢ坂で...

| コメント(8)
谷中のあかぢ坂の下にある道案内板です。そこで、こんなユーモラスな場面に出会いました。

今日は、その指がさす方向に坂をのぼってゆくと、途中にこんな風景が見られました。もはや谷根千名物となった感のある一箱古本市です。この場所には、催しに参加なさったじんた堂さんが出店をなさっていました。こんな感じで...。

ご覧いただくと、お分かりいただけるか?と思いますが、今年のじんた堂さんの箱では、あの「タモリ倶楽部に登場!」のコレジオさんの『川の地図辞典』他の書籍と、拙写真集『時差ボケ東京』を前面に押し出した品揃えで頑張ってくださいました。

そのご奮闘のお陰で、コレジオさんの書籍はかなりの好成績をおさめたとのことです。また、拙写真集も、まさか!と思う冊数をお求めいただきました。お買いあげくださった方々(おひとりは存知あげていますが(^^;)、大変ありがとうございました。

そんなこともさることながら、じんた堂さんは言うに及ばずですが、久々にコレジオの芳賀さん、M.Niijimaさんにお会いできたことも嬉しかったですし、じんた堂さんの隣に出店なさってた "vegeca"さんとその関係者(^^;の皆さん...に出会えたことも収穫でした。体調不良であちこち動けませんでしたが、ま、良い一日になりました。

【場所】台東区谷中2丁目あたりです。

根津の貸本屋

| コメント(38)
船橋ボックスを見学した後、場所を根津に移して懇親会...ということに...。なんだか、ずいぶんと久しぶりに根津を歩くきがします。

目指すは根津駅に近い居酒屋さんなのですが、根津神社からそちらに向かう途中、藍染大通りをかすめました。...と、やはり懐かしさを感じます。しかも、谷根千ウロウロさんの記事によれば、あのなかよし文庫が入っていた長屋も、ついに取り壊されるとか...。もしや、もう解体されているかもしれない..と思い、そちらにまわってみました。

すると、姿はかなり変わっていましたが、建物自体は、まだ残っていました。おそらく、山と積んであった本などは、もう店内には残っていないのでしょう。が、入口の上にぽつ〜んと残されている「貸本」の看板...この存在がたまりません...。

以前、拙ブログで紹介させていただいた頃は、「なかよし文庫はきっと再開なさる」と信じていましたが、現実には、難しかったようです。しかし、あのときの、ご店主の「きっと再開する」という気力...それはとても大切なものだったような気がします。が、もう「お疲れさま」の声をかけるときが来たことを知りました。

【場所】文京区根津2丁目あたりです。

根津儚景

| コメント(12)

ここは根津です。左奥に明るく見えているのが不忍通りで、その辺りからは、もう根津駅入り口が見えます。そんな位置関係ですから、多くの人が通り抜けます。こういった通路も路地と呼ぶのでしょうが、ここを昼間見ると、いわゆる路地という言葉からくる雰囲気は感じられません。こうして、お店もあるにはありますが、商店裏の空間といったほうが適当だな...という感じです。
それが...です。夜になって、周囲が黒くつぶれ、小料理屋の灯りが店の前を照らすと、この空間の雰囲気は一気に変わります。照明デザイナーという職業が存在するわけですね(^^; ま、それはそれとして...。こうなると、なんだか夢のなかで見ているような儚さを感じます。浮世の儚さってやつですね〜(^^;
しかし、その儚さが、現実には、再開発の波にいつ飲み込まれるかわからない...というところにあるというのが、なんとも...なんですが(^^; ま、どちらにしても、存在とは危ういものですね。

ま、ともあれ、明日は、谷根千で一箱古本市があります。我らがじんた堂さんも参加なさいます。僕も、応援という名目で、邪魔をしに行くつもりです。もしかすると、旧藍染川あたりでの催しだけに、ビックリするようなゲストがいらっしゃるかも?とのこと...。これも楽しみです。

【場所】文京区根津2丁目あたりです。

千駄木すずらん通り

| コメント(8)

ここは、千駄木にあるすずらん通りです。すずらん通り...というと、神保町にある通りを思い浮かべますが、同名の通りが各地にあるようですね。赤羽にもありますし、ここ千駄木にもあります。どうやら、銀座通りと並んで人気のある通り名のようです。

ま、そんなすずらん通りですが、このすぐそば (僕の背中側) に、よみせ通りと呼ばれる通りがあります。その通りは、藍染川と呼ばれる川を暗渠化したものであることが知られています。そして、実は、その上流は、谷田川と呼ばれる川 (やはり現在は暗渠) で、その旧川筋を歩いたのがこの企画だったわけです。

また、このあたりは、川沿いの低地ですから、千駄木の高台から坂をくだったところにある町...というわけで、昔は、千駄木坂下町と呼ばれていたそうです。ま、そんな川沿いの横丁ですから、ほぼ湿地と言ってよいように思います。実際、その匂いを感じさせる風景が展開しています。特に、このすずらん通りは、両側に、小さな飲食店やバーなどが連なっていて、特に、その匂いが濃厚です。

この日は、午後になって雨があがり、路地に、いっせいに、傘の花が咲きほこっていました。ここ、すずらん通りでも、ソレッとばかりに、洗濯物と傘の花が...。ここは飲食店街ですが、実は、こうして、住人の気配や生活の匂い...といったものが、強く感じられます。それが、よその町の、こうした通りとの大きな違いのような気がします。

【場所】文京区千駄木3丁目あたりです。

雨上がりの根津で

| コメント(10)

今日は、所用で千駄木へ行っていました。16時頃に用事が済み、その後の予定がありませんでしたので、ひっさびさに、千駄木から根津あたりを歩いてみました。さすがに長い間留守にしましたので、けっこう変化もあります。でも、まあ、変わったと言えば変わったし、変わらないと言えば変わらない...というところです。そう言ってしまうと、すべて終わってしまいますが(^^;
最近、谷根千からは足が遠のいていましたが、久々に歩いてみると、高層マンションなどが増えてはいるものの、やはり、ひとのサイズが単位になっている町...という感じがします。

今日は、根津神社のつつじ祭り期間中なのに、平日の雨上がり...ということもあってか、観光客の姿もなく、町にしっとりと落ち着いた雰囲気が感じられ、ほっとひと息つけた気がします。カメラを、従来通りに町の風景に向けたのも久々のことでしたし...。

そんなわけで、今日の写真は、根津駅に向かう途中の路地で撮った写真です。この路地をもうすこし行けば、不忍通りにでます。そこを左に折れて、またすこし行くと、地下鉄の駅入口があります。僕の前を行く男性も、やはり根津駅に向かっているのでしょう。右手に握られている傘が「持ち主は通勤者です」と言っているようでした...。

【場所】文京区根津2丁目あたりです。

謹賀新年 2008

| コメント(44)


明けましておめでとうございます。
昨年にひきつづき、本年も拙ブログを宜しくお願いいたします。

この写真は、2005年のお正月に、谷中で撮ったものです。青い屋根のお寺です。初めて気づいたときは「銅板が、緑青を吹く前って、こんな色になるのかな?」などと思っていましたが、いつまでたっても、この色のまま...でした。このお正月中にでも、その後の様子を見に行ってみようかな?と思っています。

その下に垂らされた幕が、日本的なのでしょうが、実に派手で、お正月の空気を、華やかに染め、かつキリッと引き締めていました。清々しいものでした。こういう図を見ると、やはり、ジャパンデザイン(日本の意匠と言うべきか(^^;)って良いものですね。

【場所】台東区谷中6丁目あたりです。

1|23456789 次のページへ>>


ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2016 masa