江東区 - Kohtohの最近のブログ記事

ワンド 東西

| コメント(19)

つい先日、初めて大阪を散策しましたが、その多少の予習中に「ワンド」なる言葉に出会いました。恥ずかしながら、これまで、この言葉すら知りませんでしたから、どんなものなのか? ネットで調べてみると、淀川河川事務所HPに「淀川のわんど」についての興味深い記事が掲載されていました。そこから一部を要約すると「ワンドとは、川の改修工事によって(たまたま)生まれたもので、本流とつながっているか、水が増えたときにつながる、河川敷の小さな池のこと」で、「ほとんど流れがないため、さまざまな希少な生き物や植物が生息できる」とあります。
東京では、このような風景を目にした記憶がありませんし、上記HP中に「淀川特有」という文字も見えますので、これは、東京人が知らなくても、そう不思議はないのかもしれません。...と、自分を納得させたわけです(^^;
で、とにかく、大阪散策の際に、実際にワンドなるものを、この目で見てきました。確かに、とかく殺風景になりがちな放水路の河岸が、ワンドの存在で「水辺」に様変わりしています。釣り人や家族連れの姿が見え隠れする様子を眺めていると、「これは親水効果ありだな」と思えてきます。右の写真が、その、淀川のワンド風景です。
そんなわけで、ワンドが気になっている僕ですが、なんと、このところ歩いている、旧中川沿いで、それを造っているところを目にしました。左の写真がその現場ですが、もう工事は終わり、自然が、ワンドにしてくれるのを待つ状態になっているようです。
しかし、こんなことも大阪散策の効果ですね(^^; 大阪散策をしていなかったら、これがいったい何なのか?分らなかったでしょうし、もしかすると、ここで写真を撮っていないかもしれません。いや〜人間、日々勉強です(^^; そして、どうやら、水や低湿地との折り合いについては、江戸期以来、大阪は東京のお手本のようですね!(^^;

【場所】(左)墨田区立花3丁目 / (右)大阪市旭区中宮5丁目あたりです。

旧中川ドテミチ

| コメント(2)

旧中川は、墨田/江東区と江戸川区の境となる、昔から存在する川ですが、垂直護岸で整備されているため、見た目には放水路のようです。が、現在、それを、より自然に見える川辺と堤防に改修する工事が行われていました。また、莫大な税金が投入されてるのだろうな〜と、心配にもなりましたが(^^;
この写真左前方に見えているのは、昔ながらの垂直護岸が残っている部分です。これは、人の暮らしと川を切り離し、そうでなくとも工場が多く、やや殺伐としがちな川辺の風景を、より一層殺風景にする立役者ですね(^^; 実際に歩いていても、「垂直護岸を絡めて撮ろう」と思うことはまずありません。あったとしても、きわめて稀です。
この道は、二日連続で歩いたのですが、前日は、まったくの素通りでした。が、この日は、ビートルが駐車していました。しかも、前傾で、フロントを地面にめり込ませているように見えます。それだけで、殺風景だったこの場の雰囲気がまったく違っています。何か、妙にユーモラスで惹きつけるものがあります。で、ついには、その写真をブログ掲載です(^^;
ところで、余録ですが、このビートルの駐車態勢から、土手道と町の地盤との高低差が、かなりありそうだってことが分りますよね。

【場所】墨田区立花3丁目あたりです。

亀戸水神あたりで

| コメント(8)

前エントリーからのつづきです…。その東武亀戸線、最初は、東あづま駅で下車するつもりだったのですが、走りだした電車の窓から、「これはもう完全に地方の町…」としか思えない景色を眺めているうちに、「これは電車に乗っている場合ではない(^^;」という気になってきました。
そこで、次の駅・亀戸水神で下車し、いま来た方向に歩きはじめました。すると、もうまもなく…です。古びたモルタルのアパートや町工場、平屋の長屋などがたち並ぶ一画にでました。京島や文化、立花といった町からそう遠くはない町ですから、これまで歩いていなかったことが不思議なくらいなのですが、もっと早く来るべきだった…と、後悔したくなるほどです。これは田舎町です。良いです。
そして、実は、このエントリーの主役はこちらです。右の写真に写っている家の出入口に寄って撮ったものです。なんとも胸にくるものがありました。工夫の跡にも涙ぐましいものがあります。ふっと、「くらしぶり」という言葉を思い浮かべましたね〜。

【場所】江東区亀戸8丁目あたりです。

今日も、昨日にひきつづき、スカッと晴れた気分の良い日でした。あまりに光がきれいで、逆に、その光のなかで、どこを歩こうか?と、迷ってしまうほどでした。やはり大田区か…とも思ったのですが、このところ、ちょっと通い過ぎです(^^; 趣向を変えて、亀戸から出ている東武亀戸線に乗り、東あずま駅あたりで下車してみよう…ということにしました。
総武線の亀戸駅は、もう何度も通過していますし、下車したこともあり、まあ知ったところ感覚ですが、その亀戸が始発終着駅となる亀戸線には、まだ乗ったことがありませんでした。それどころか、実は、存在すら知らなかった…という感じです(^^;
というわけで、総武線の亀戸駅で下車し、東武線の亀戸駅に向かいました。これが、改札からホームを見渡してビックリです。まるで田舎の駅…という感じです。今日の光のせいもあるのでしょうが、夏休みに田舎を旅している…という気分にさせてくれます。こいつは良いです。しかも、ホームに入ってきた電車が2両編成。これがまたよろしいです、ローカル感覚がより強くて…。そして、もうひとつこんな光景も見られました。もう、いよいよローカルですね。
しかも、どの要素をとってみても全く「ローカルっぽくしている」匂いなどなく、"素"ローカル…という感じです。車窓からの眺めも、鄙びを感じさせます。この東武亀戸線、すっかり気に入ってしまいました。

【場所】江東区亀戸5丁目あたりです。

北砂の古老家屋

| コメント(6)

今日も砂町からです。砂町銀座という東西にのびる商店街がありますが、その北側に、この、いかにも古そうな家が残っていました。正面から見ると、こんな感じです。
2階部分の天井の低さなどから、なんとなく、江戸末期あたりに建てられた長屋に雰囲気が似ています。が、1階部分を見ると、表に面したところに廊下があり、それらとはちょっと造りが違います。また、こういった家屋は、とかく、長屋だったものを切り離したために一軒家になった…というケースが多いのですが、そういった場合は、通常、側壁面がトタンなどで覆われています。が、この家の側壁面は、押縁下見張りで、もうかなりの経年変化が見られます。ということは、元長屋…ではなく、建った当時から一軒家だったようです。というわけで、なんとも素性が想像つかず、不思議に思っていました。
それが、この家の前を何度目かに通りかかったときに、こちらのご主人とお話する機会を得ました。早速、この家の素性を伺うと、この辺りは、戦災で焼け野原になり、戦後、バラックが建ち並んでいたところ…ということでした。この家も、元々は、そんなバラックの一軒だったものを、改築・改修・増築を重ね、最終的にこういう姿の家になった…ということでした。したがって、意匠などとは全く無縁であり、偶然にこうなっただけだ…と仰っていました。
が…です。それにしては魅力のある形をしています。いや、それだからこそ…なのかも知れません。キチンと設計して造られたように見えますが、そこに、素性…バラック感覚…が見え隠れするからなのかも?ですね。しかし、よくぞ残っていてくれたものです。偉い!(^^;

【場所】江東区北砂3丁目あたりです。

砂町の断片

| コメント(6)






このところ三四日ほど砂町界隈を歩いています。実は、砂町あたりは、大型再開発の対象となりやすい土地柄だし、かなり建て替えも進んでいるので、さほど興味深い風景には出会えないのではないか?と、たかをくくっていました。が、それは大間違い。まだまだ元気いっぱいの砂町銀座商店街を中心にし、その裾野には、ひと頃の砂町を感じさせる、うなるような風景が潜んでいました。もう1日1枚では、追いつきません(^^; というわけで、今日は、ドンと並べて、砂町の魅力の一端をご覧いただくことにしました。

低湿地橋詰景

| コメント(6)

低湿地帯には、当たり前ですが、坂らしい坂というものが見あたりません。高低差が無いわけではありませんが、あったとしても、その多くは、階段にして2、3段程度です。が、そんな低湿地にも坂はあります。判で押したように、橋のたもとに…。
ここは、丸八通りと仙台堀川緑道が(立体)交差する位置です。したがって、仙台堀川が埋め立てられるまでは、それを跨ぐ橋が架かっていたわけで、この坂は、その橋のたもと…ということになります。
しかし、こうして見ると、高層マンションも見えてはいるものの、風景全体がフラットで、都心のビル林立景や長屋の路地景を見慣れた目には、なんとも不思議に映ります。
また、都心で、坂道は見慣れているはずですが、やはり、「道路は水平」と、頭のどこかに強くインプットされているらしく、更に、パッと目に飛び込んでくるブルートタンの工場がフラットかつ横長であることも手伝ってか、「どれが水平な線なのか?」迷ってしまいます。頭では分かっていても、目と三半規管がそれに付いてゆけない…といった感じです(^^; 結局ここでは、同じ構図で、かなりの枚数を費やすことになりました。

【場所】江東区南砂5丁目あたりです。

仙台堀川公園

| コメント(10)

江東区には、江戸期の運河の名残りがあちこちに見られ、それが、この辺りの風景を特徴づけている…と言えそうです。ここも、そのなかのひとつ、仙台堀川公園に含まれる広場です。場所的には、幅の広い緑道となっている仙台堀川公園と、丸八通りが交差するあたりになります。
北砂町から丸八通りを南下して、南砂町のこの辺りまで来ると、そこそこの規模の工場や倉庫が目に入りはじめ、いかにも埋め立て地…という匂いが強まってきます。そして、工場や倉庫ばかりではなく、中層の古そうな団地も建ち並び、その間隙をつくように、まばらに、新しい大型のマンションが聳えています。
そんな環境のなかで、仙台堀川公園の緑と水は、救いになっているようです。が、ちょっと歩いてみると、緑道の常ですが、稚拙な意図がイヤと言うほど見える設計が施され、どこを見ても人工的です。が、そのなかに、放置されたような空間がありました。おそらくは広場として残されたものでしょう。
その空間が問題です。正面には、「東邦ステンレスKK」と、右から左に書かれた文字看板のある工場が見えます。右から左に…ということは、この建物、かなり古そうです。広場との境になっている塀も、相当に古そうで、「もしや昔の堀の護岸か?」と思わせるものがあります。そして、手前は砂地です。これらの組み合わせの前では、木もほとんど無力です。なんとも殺伐とした風景です。しかし、ひと昔前の南砂町一帯は、こんな風景のまわりに葦原が広がる、寒々とした、いかにも埋め立て地といった感じの土地だったのでしょうね。
しかし…です。僕は、わざとらしい緑地公園内に居るときよりも、この殺伐感の強い風景の前に立ったときのほうが、ずっと平穏な気分でいられました。この空間、なぜか惹かれるものがありました。

【場所】江東区南砂5丁目あたりです。

北砂夕景

| コメント(8)

江東区にある砂町銀座という、いまだに賑わいのある商店街と並行に通っている道です。その商店街は、ほぼ東西に伸びているため、太陽が傾くと、通りの入口から出口まで、全体が照らし出されます。これは、当然のことながら、商店街と並行に走っているこの道でも同様です。
この日は、晴れていましたが、西の空には、雲がかかっていました。が、その雲が薄く、太陽が隠れても、辺りは、ド〜ンと暗くなるのではなく、フワッと減光しような感じて暗くなる…という状態でした。
ところで、僕は、このとき、写真のすぐ右手にある古い建物(写ってはいません)を撮り、そろそろ南砂町駅に向かおうかな?と考えていました。すると、この近所に住んでいるらしい、やたらに人なつこい男の子が近寄ってきて、「おじさんカメラマン?」から始まって、「何撮ってんの?」「なぜ撮ってんの?」など…あれこれと定番の質問をしてきます。仕方なく、しばらくは相手をしていたのですが、だんだん際限がなくなってきたため、「もう仕事だからね」と言いくるめ、とにかく写真を撮るふりをして振り切ろうと思い、カメラを構え、西の空に向けました。
すると、薄雲にかなり濃淡があるため、太陽が、様々なバリエーションで顔を覗かせたり隠したりし、その都度、この通りの明るさが微妙に変化しています。それとともに街の表情も…。「あ、なんとなく、昔、海沿いの街で撮っていたのと同じ光だな…」と、光の具合に懐かしさを憶え、そのままシャッターを切った次第です。

【場所】江東区北砂3丁目あたりです。

砂町原景

| コメント(15)

昨日につづき、今日も江東区の砂町あたりを歩いてきました。やはり東西線の南砂町駅で下車し、目差したのは砂町銀座です。が、やはり、今日の写真も、その砂町銀座で撮ったものではなく、そのすぐ近くで撮ったものになりました。
今日は、砂町銀座に向かう途中、 小さな公園(仙気稲荷神社の元境内)の花壇に水やりをなさっているご婦人にお話を伺うことができましたが、その方が砂町に越していらした昭和40年頃、砂町一帯には葦原が広がっていて、いまよりも海岸が近く、当時建設された公団からは、東京タワーや富士山が望めた…ということでした。う〜ぬ、隔世の感あり…です。
そのお話を伺うまで、僕は、砂町あたりも、「荒川を挟んで江戸川区の対岸になるのだから、沼地が多く、蓮田があって…」と、判で押したような想像をしていましたが、やはり、同じ低湿地帯とはいえ、場所が変わると、土地の質から事情から、違ってくるものですね。
また、砂町銀座付近では、戦前からお住まいの方のお話を伺う機会がありましたが、砂町銀座あたりは、戦災で焼け野原になり、戦後、バラックが建ち並ぶ一帯だったといいます。
そんなわけで、今日の写真は、そのお二方のお話の匂いの欠片を感じて撮ったものです。ま、葦原とバラック…とはかなり異なりますし、「ただの空き地じゃないか」と言われると、その通りなんですが、歩いた範囲では、これが、わずかにではあれ、昭和中頃の砂町あたりの匂いを感じさせる風景のように感じられ、アップした次第です。

【場所】江東区北砂町4丁目あたりです。

ノッペラ壁景

| コメント(10)

今日は、東西線・南砂町駅から北上し、砂町銀座へ行ってきました。が、この写真は、砂町銀座で撮ったものではなく、そちらへ向かう途中で撮ったものです。
見るからに、手前に在った建物が取り壊され、従来は目に触れることのなかった壁面が露出した…という状態です。手前にあった建物とよほど接近していたのでしょう、とにかく、窓というものがひとつもありません。これほどベタッとした壁…というものも、ななかな目にできるものではありません。しかも、いかにも敷地の都合でこうなった…という凸凹デザインです。まるで、コンクリートの屏風でも立てたように見えてきます。なんとも意図されないインパクトがあり、思わずシャッターを切らされた…という感じです。
ところで、上空に見える白い点は、ドット抜け…などではなく、いちおう月です(^^;

【場所】江東区南砂町5丁目あたりです。

好奇心

| コメント(12)

昨日のエントリー「州崎の生き残り (2)」に、飲み屋の写真を掲載しましたが、その向かい側には、かなり大きい町工場らしき建物がありました。と言っても、特に目につく看板もなく、1階正面のシャッターがほとんど下ろされているため、なかで何が行われているのやら?という感じでした。
ま、僕の興味が、工場ではなく、完全に飲み屋に行っていたこともあり、その建物には背を向けたままで、気にも留めていなかった...と言ったほうが良いかもしれません。

道の反対側から、向こう側の建物をカメラで狙っていると、当然のことながら、通行人やクルマの流れを気にしながら...という作業になります。そして、時に、通行人のなかに、狙っているターゲットを一時的に忘れさせるような、姿や行動が見られることがあります。
今日の写真も、そんなケースに当てはまります。僕の右手から親子が歩いてきました。スケートに片足をのせた女の子とその母親です。で、その子が...です。僕の前を通り過ぎてちょっと行ったときでした。ふと足を止め、半歩ほど後退し、町工場のシャッターの開口部から、なかを覗きはじめました。なんとなく、おそるおそる...という感じで...。何だろうと思い、僕も、立ち位置をずらしてみると、シャッターの隙間の奥に、透明感のある青い光が見えます。それが、暗がりのなかで実にきれいです。時々、赤い火花も飛び散り、鉄のマスクをかぶった男の姿がシルエットになって見え、なんだかSF映画のワンシーンでも見ているようです。
いやいや、この女の子が立ち止まらなかったら、僕は、ここが金属加工の工場であることも知らずにいたでしょうし、この光を見ることも、この写真を撮ることもなかったに違いありません。子供の頃の好奇心...これを忘れてはいけませんね(^^; それにしても、可愛い後ろ姿です。

【場所】江東区東陽3丁目あたりです。

州崎の生き残り (2)

| コメント(20)

昨日のエントリー「州崎の生き残り」に、複数の方から貴重なコメントを頂きましたが、そのなかで、じんた堂さんが「洲崎の入り口にあった橋はもうありませんが、その手前にあるかつての川に沿ってある地域は、いまなお原作の芝木好子の小説『洲崎パラダイス』の面影があるような気がします。このことは木村聡『赤線跡を歩く』でも同じような印象を書いてあります。」とお書きになっています。

そこで、その木村聡『赤線跡を歩く』から、該当するくだりを引用させていただくと、「いよいよ角をまがると、まず目にはいるのがやや盛り上がった橋の跡である。今は緑道公園をまたいでいるが、以前は堀割に石造りの橋がかかり、有名な「州崎パラダイス」のアーチが建っていた。橋の右手前に、こぢんまりとした一杯飲み屋が軒をつらねている一画がある。映画「州崎パラダイス」に興味をお持ちの方だったら、狂喜とまではいかなくとも、よくぞあったと驚くに違いない。芝木好子の小説集そのままのたたずまいが残り、中二階や三階のある建物も、その頃のままのように見える。」とあります。

ま、このエントリーは全て他力本願になってしまいましたが、今日の写真は、その「こぢんまりとした一杯飲み屋が軒をつらねている一画」を撮ったものです。そして、「中二階や三階のある建物」というのが、これです。その全景がこちらです。
いかがでしょうか? 僕は、映画「州崎パラダイス」を観ていませんが、この一画、そんなことはお構いなしに、強烈に訴えかけてくるもがあります。なんとも愛らしく...そしてどこか哀しくて...。迫りくるものがありました。
僕は飲めませんが、人間、いつ何時、こういった場所が救いになるか分からない...と、最近になって思うようになりました。こういう場所って、やはり必要なんですよね...。

【場所】江東区東陽3丁目あたりです。

洲崎の生き残り

| コメント(21)

意外と寒い日でしたね。今日は、東陽町に居ました。東陽町と言えば、やはり州崎…という地名を思い浮かべます。

以下は、google検索でヒットした『東京紅団』さんのサイトから抜粋させていただいたものですが、それによれば、「現在の東陽1丁目は、住居表示制度実施前は深川洲崎弁天町1丁目及び2丁目で、明治19年、根津遊廓の移転のために海面を埋立てて造成したところ」とのことです。詳しくは、同サイトの洲崎遊廓跡を歩くを参照していただければ…と思います。

と、まあ、そういった背景を持つ町ですが、いま歩いてみると、再開発が進み、とてもそんな匂いは感じられません。が、そんな状況にあっても、州崎当時の建物が2、3は残っていました。それらは、昔からこの地に在った建物なのですが、実際に現地に立ってみると、「この土地にはそぐわない…」という、逆転した感覚に捕らわれてしまいます。今となっては…というやつです。
今日の写真も、そんな生き残りの1軒です。現在は、八百屋さんとして使われています。しかし、異彩を放つ…とはこのこと…。周囲とはかけ離れた匂いをまき散らすその姿に圧倒されて帰ってきました。ほんとに…見ているだけで体力を消耗します(^^;
ところで、この八百屋さんですが、辺りが暗くなってから見せる表情にもたまらないものがありました…。"東陽亜細亜景" ですね〜こうなると…。

【場所】江東区東陽1丁目あたりです。

深川軍艦アパート

| コメント(19)

深川散歩東京クリップを運営していらっしゃるじんた堂さんにご案内いただき、未踏の地(^^;深川を歩いてきました。今日は、さほど暑くもなく、散策にはもってこいの日和。ラッキーでした。しかし、そのせいか、思わず歩く距離が伸びてしまい。散策を終えた頃には、思わず「歩き過ぎましかね〜」などという始末でしたが…。
歩いたコースは、単純に言うと、森下を出発し、清澄白河辺りを経て、門前仲町にいたる…という感じです。勿論のこと、途中、脇道には逸れますし、かなりジグザグな行進になります。結局、歩いた距離は9kmに及びました。森下から門前仲町まで、素直に歩けば、その距離は約2kmですから、やはり随分と寄り道をしていたことになります。
が、そのおかげで、わずか半日で、かなり深川の様子を感じ取ることができました。ここ数日で、偶然にも、足立区から墨田区、そして江東区と、東京のゼロメートル地帯を南下したことになりますが、歩いてみてのおおまかな印象をひとくちで言ってしまうと、「農工業地帯から商工業地帯へと変化してゆく…」という感じです。「足立にあるのは工場だけど、深川にあるのは工房」って感じですかね〜。ま、東西の違いもあるので、微妙なんですが…そんな感じです。
で、今日の写真は、見た途端に「エエッ」と驚いた建物です(写真か映像で見た気がするのですが…)。これは清澄通り沿いに、清澄庭園に貼り付くようにして建っています。まだ、建物の名前も素性もわかりませんが、ここは、いずれまた訪れ、そのあたりもチェックしておこうと思っています。ので、今日はとりあえず、写真だけご覧ください。
元々の建物は、かなりガッチリとした鉄筋コンクリート2階建てで、建った当時は、相当にお洒落な建物だったに違いありません。それを、住人が、好き勝手に改築・増築を重ね、いまの姿になっているようです。これを見ていると、かなり違いはあるものの、つい先日取り壊された(追記:まだ取り壊されていないそうです)、大阪の軍艦アパートのことを思い浮かべてしまいました。深川、やってくれます(^^;

(じんた堂さん、いま、特にお忙しいのに、遅くまでお付き合いいただきまして、ありがとうございました。ほんとに穏やかに楽しい一日を過ごすことができました。)

【場所】江東区清澄3丁目あたりです。

活字直彫り

| コメント(26)

今日は、7月6日から東京ビッグサイトで開催されていた東京国際ブックフェアの最終日でした。実は、この二、三日というもの、これがムチャクチャに気になっていました。と言いますのも、またも実は...先日、根津のCafe NOMADに立ち寄ったのですが、ふと壁を見ると、こんなイラストがかかっていたのです。なんと「最長老 活字鋳造機」とあります。つい先日、中村活字さん三英印刷さんで活字インフルエンザに感染したばかりの僕です。完全に反応が出てしまいました。
Cafe NOMADのご主人にうかがうと、「"本と書斎の解剖図"展の一部だ」ということです。しかも、その日が初日で、作者がいらっしゃるとのこと...。その方に声までかけてくださいました。奥から出ていらした作者に差し出された名刺を見てビックリ。その方は内澤旬子さんでした。で、しばらくお話をしているうちに、「もうすぐ始まるブックフェアで、活字直彫りの実演がある。ぜひ観ておいたら...」とお勧めいただたのです。そんな経緯があり、最終日の今日、午後になって東京ビッグサイトに駆け込んだ次第です。長い前フリになりましたが、そんなわけで、どうやら大日本印刷のブースに辿りつき、活字直彫りの様子を写真に収めることができました。

<<前のページへ 123|4


ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa