品川区 - Shinagawaの最近のブログ記事

ENDLESS SUMMER


Koyama, Shinagawa, Tokyo

五反田有楽街


@ HigashiGotanda, Shinagawa, Tokyo

旧街道沿い日常


@ Minami-Shinagawa, Shinagawa, Tokyo


@ Higashi-Ohi, Shinagawa, Tokyo

イタ・ストライプス

| コメント(4)
ここは南品川の新馬場駅南口からつづく商店街の一画です。そこで、言わずと知れた...よくあるパターン(隣の家が解体され更地となる)で出現した風景です。

この商店街は、昔は、南馬場駅の駅前商店街であったことが、古い地図を見るとわかりますが、現在は、その駅が北馬場駅と統合されて新馬場駅となり、その南口から左右に伸びる商店街というふうに、街の立ち位置とでもいうものが変わっています。

もっと時代を遡ると、第一京浜による街の分断...など、あれこれと興味深い事実があるのですが、今回はそれには触れません。とにかく、すぐ近くを旧東海道が通っているだけあって、深いです(^^;このあたりも...。

で、今日は、とりあえず、この建物です。正面から見ると、幅は1間ほどしかありません。商店がひしめいていた場所のようで、この先にも、同じように間口の狭い商店が隙間無く並んでいました。

が、側面から見ると、この状態です。商店が連なるまちではよくある、うなぎの寝床スタイルですね。しかし、このように、隣の建物が存在すれば人目に触れない部分に、こうしてきちんとした板をきちんと打ち付けている例というのは、これまで見たことがありません。

本当に、山椒は小粒でピリリ...という感じです。が、実は、僕が背にしているのは新築のビルです。そして、この建物の隣も、完成したばかりのコンクリートの建物(この写真ではたまたま重要な役割を果たしてくれていますが(^^;)です。というわけで、この山椒がいつ姿を消すとも限りません。見られるうちに...と思い、撮っておきました。

【場所】品川区南品川1丁目あたりです。

看板建築 "連"

| コメント(25)
超級のお天気に恵まれた体育の日、行こう行こうと思いながらなかなか...だった、菅沼書店(健在でした!)のある北品川に行ってきました。

これまでなら、北品川の駅で降りて、駅前を通る旧東海道を南下して...というコースで菅沼書店をめざしたに違いないのですが、今回は、自転車で行きましたので、駅から離れたところを通りました。

その途中で目に入ったのがこの看板建築でした。2階に"連"とあります。なんとなく看板のような看板ではないような...。で、ネット検索してみると、"連"という屋号の(洋風?)小料理屋さんのようです。

ところで、この建物ですが、右後方にある高台(御殿山)への登り口とも言える位置にたっています。また、こちらのお店のHPには以下のように書かれています。ちょっと長くなりますが、引用させていただきます:
「当店は、江戸落語でお馴染みの「居残り佐平次」に登場する鰻の名店「荒井家」さんの跡を拝借し開店しております。場所は旧東海道、品川宿へ上がる坂道の入り口角。」
「魚介類の宝庫・品川浦が目の前に広がり、背後には桜の名所・御殿山、紅葉の名所・海安寺の山が連なり、そして水清らかな目黒川が流れる。海と、山と、川に囲まれた品川宿は、江戸の人々にとって日帰りの観光にもってこいのレジャースポットでした。しかもそこは、大小の料亭が軒を連ねるグルメスポットでもあり、浮き世を忘れて遊びに興じるプレイスポットでもあったのです。それはまさに、日本に初めて登場した一大テーマパーク、24時間眠ることを知らないエンターテイメントタウンだったのです。」


なるほど...です。それで目の前に船溜まりがあったりするわけです。というわけで、この記述の雰囲気を地図(というタイムマシン(^^;)の力を借りて感じとろうと、『江戸・明治・東京 重ね地図』を立ち上げてみました。が、残念なことに、この場所は圏外...収録されていません( を参照ください)。ならば、先日発売されたばかりの iPhoneアプリ『東京時層地図』です。

こちらにはこの場所がカバーされていました。そこに収録されている地図の「現在」と「文明開花期(明治9年 - 19年)」を重ねて透過表示させた(パソコン画像ソフトで)のがこの地図です。そして、赤丸がこの建物がたっている位置です。もう海が目の前です。品川浦という語がぴったりであることが分かります。う〜ん、なんだか、この建物の2階から品川の海を見晴らしているような気分になってきました(^^;

追:『東京時層地図』の「現在」と「段彩陰影(凸凹地図)」を重ねて透過表示させた(パソコン画像ソフトで)地図を追加しました。こちらです。

追: 『江戸・明治・東京 重ね地図』に収録されていない...というのは間違いで、ちゃんと収録されていました。失礼いたしました。あらためて、同地図から、以下の部分を引用掲載させていただきます。左から、江戸、明治、現在です。



【場所】品川区北品川1丁目あたりです。

菅沼書店

| コメント(6)

ちょうど3年前の2007年に撮った写真です。場所は北品川...旧東海道沿いでした。

なぜこうも古い写真を...ということですが、それにはわけがあります。またも写真を保存していたハードディスクが壊れてしまったのです。こんどはMAXTORという会社の製品です。その会社(もう無い(^^;)の社員に「動作が静かで発熱しない。製品に自信あり...」と薦められ、まあ日本製品に比べればデザインは良いし「そこまで仰るんだから...」と、購入にいたったものでした。

確かに、言われた通りに動作は静かで熱くもならず、「これは良い買い物をしたようだ」と、けっこう満足度が高かったのですが、結局こんなことに...。まあ、ハードディスクだけは壊れてみるまで分かりませんね(^^;

そんなこんなで、そのディスクに保存してあった写真を他のディスクから探し出し、当座のバックアップをして、しかる後、後継機は何にしようか?などといった作業をしていました。そんなことをしてるうちに見つけたのが、今日の写真というわけです。

かなり古そうな建物です。それが夜になって街灯の光に照らされた状態で撮っていますから、うまい具合にアラが隠れかつ経年の味が引き出されているようです。簡素な造りの建物のようですが、どこか重くなり過ぎない重み(屏風感覚?)が感じられ、惹かれます...。

【場所】品川区北品川2丁目あたりです。

すごい立入禁止

| コメント(2)
ゴールデンウィークですね。皆様どうお過ごしになっていらっしゃるのでしょうか...。僕は、風邪で体調を崩した...以外は、日頃と何ら変わらぬ日々を送っています。

ところで、海へ山へ里へ...と、ゴールデンウィーク満喫組の方々は、そろそろ連休ボケに突入...という頃かと思います。そこで、その傾向に拍車がかかり過ぎないよう、この写真を歯止めにしていただこう...というわけです(^^;

この写真を撮ったのは、住所でいうと西品川ですが、感覚的には、戸越銀座のなかほどでちょっと脇にそれた辺り...という感じです。

わりと古い建物が残っている一画でしたが、再開発の途中だな...という感じの更地(駐車場)の奥に、雰囲気のあるトタンの二階家が残っていました。通りからはその側面が見えるのですが、正面を見ると、この写真のような有様です。

更地の奥の空き家...という、人目につかない条件が揃っているため、侵入が絶えなかったのでしょう。業を煮やした管理者が「これでもか!」とばかりにやってしまった(^^;という感じです。が、そういった事情を別にして見ると、これはもうポップアートの域に達していますね(^^; アッパレです(^^;

【場所】品川区西品川2丁目あたりです。

微速航行

| コメント(4)
お台場の潮風公園では、いま、GREEN TOKYO ガンダムプロジェクトという催しが行われています。

主旨はともかく、やはりガンダム人気は大変なもので、会場は、連日大賑わいしているようです。僕は、ガンダムにはさほど興味がないのですが、巨大なオブジェなどには興味がありますので、時間もあるし(^^; 現地に行ってみました。

結論から言うと、僕の場合は「ふ〜ん、そう(^^;」というところでした(^^; やっぱ、フランスのラ・マシンのように動いてくれたりすると、またひと味もふた味も違ってくるのでしょうが...。
というわけで、ガンダム世代ではない僕は、そうそうにガンダム像から離れ、潮風公園の岸壁沿いに散策です。

潮風公園の対岸は、埠頭 (大井と品川) で、大型船が何隻も接岸できるようになっています。そして、船から荷揚げするための巨大クレーン(キリンと呼ばれる)が林立しています。かなり壮観です。

また、岸壁から航路を眺めていると、思うよりも、大型船というものが行き来するものです。そして、林立するクレーンが象徴するように、ここを航行するのはコンテナ船が多いのか、ノペッとした腰高の船をよく目にしました。

この船もそんな船のひとつでした。白とグレーに塗り分けられた船体に、煙突だけが赤...です。その船が、ゆっくりと、赤白のクレーンの林のまえを進んでゆきます。が、クレーン林の一部に切れ目がありました。そこは、今日のお天気もあって、全体がほぼグレー一色の景色になっています。
というわけで、船がそこに差し掛かるのを待って撮ったのが今日の写真です。燃えるようなサンセットばかりがサンセットではないことを再認識です(^^;

【場所】品川区東八潮から...です。

大井町の飲み屋街

| コメント(14)

昨日は暑かったですね〜。日差しもけっこう強かったですし…。が、基本的に暑さには強い (と思っているが、歳なんだから、少しは考えないと(^^;) ので、この光を逃してなるものか!とばかりに、蒲田を目差しました。どういうわけで蒲田…という気になったのかは不明なのですが(^^;

ま、とにかく、そんなわけで、家を出て、秋葉原で京浜東北線に乗り換え、東京の南端地方(^^;に向かいました。乗った電車は磯子行き…です。普段、京浜東北線は滅多に利用しないので、「この電車に、このまま乗っていれば、横浜やその先まで行けるんだ…」というだけで、けっこう新鮮な感じがしたりします。これも旅か?(^^;

そうは言っても、田町あたりまでは、山手線も平行して走っていますし、見慣れた風景のなか…という感じです。が、電車が大井町駅のホームに入り、ドアが開いたときです。ホームの向こう側にモルタルの壁が見えました。これが古びていて、なおかつその上に、いまにも消えてしまいそうな「テレビ」の文字が…。思わずホームに降りたってしまいました。

ま、これも縁というものです(^^; てなわけで、蒲田に行くつもりが、大井町の駅前探検…に予定変更になってしまいました。が、実は、これが大成功でした。思いもよらなかったのですが、駅のすぐ近くに、一大飲み屋街を発見。どうやらかなり有名な飲み屋街のようです。
写真は、ややすっきりとした場所を撮ったものですが、実際にはかなりゴチャゴチャとした一画で、迷宮的な雰囲気すらあります。路地に連なるマンホールの蓋をご覧になっただけでも、その片鱗がお分かりいただけますよね…。

【場所】品川区東大井5丁目あたりです。

【お知らせ】実は、明日から4~5日の予定で、郷里・山口に行きます。観光ではなく、事務処理です(^^; また、ネットへのアクセスはまずできませんので、ブログの更新も帰京してから…になります。よろしくお願いいたします。

五反田歓楽街

| コメント(8)

先日、池上に住む友人に会うため、これまで馴染みのなかった五反田へ行ってきました。
JR五反田駅の東口に出ると、正面に、古い看板建築の残る一画があります。その裏手には、鍵に曲がった路地があり、廃業した酒場や、ツタに絡まれた古いレストランなどが並んでいました。レストランは「グリル エフ」といい、知る人ぞ知る…有名な店なのだそうです。
その路地を出ると、その先に、おやっと思わせる風景が出現しました。俗にホテル街とか歓楽街と呼ばれるやつです。後になって話しを聞くと、五反田のホテル街はよく知られているようですが、僕は、それを全く知りませんでしたので、かなりな驚きでした。
この土地にこうした街が形成されるには、それなりの理由があるに違いありませんが、いまは調べている時間がありません。どなたか…(^^; ま、追々…です。

というわけで、待ち合わせの時間がくるまで、ちょっとだけ周辺を歩いてみました。すると、いくらも歩かないうちに、歓楽街が途切れてしまいます。しかも、一部はネオンもキラキラで元気そうですが、もはやこれまで…という無惨な姿を晒している一画もあります。なんとなく、大きな転換期のまっただ中にある…という感じを受けました。

今日の写真は、その歓楽街のなかにあった八百屋さんの店先を絡めて撮ったものです。そこだけを見ると、どこか下町の風景ですが、歩道には「優良風俗店案内」と書かれた電飾看板が立っています。その向こうには、写真では見えませんが、閉鎖して野ざらしになった、小さな劇場だったのかな?と思わせる建物などがつづいています。かなり寂しさを感じさせる一画です。
そこに、ちょうど、帽子をかぶり、荷物を引きながら歩く高齢男性の姿が入ってきました。これがこの場面を決定的に色づけしてくれました。もう妄想の世界に突入です(^^; この初老の男性は、田舎から、五反田で働く娘に会いに来たんですね…。そして、何年ぶりかで会う娘は、想像とは全く異なる姿で、年老いた父親の前に現れます。が、父親は、この時点では、まだそれを知りません…。いや〜切ないです(^^; あとはご覧になった方々それぞれにストーリーを展開なさってください(^^;

【場所】品川区東五反田1丁目あたりです。

戸越銀座で

| コメント(2)

今日は、用あって五反田へ…。その用を済ませ、五反田駅に戻り、時計を見ると6時半。ちょっと雲行きが怪しいものの、まだ明るさが残っていましたので、そのまま帰るのも勿体ないな…と思いながら、都営浅草線の路線図を見ると、隣の駅が戸越です。短絡的に「戸越銀座を見ておこう」と思い立ちました。
戸越銀座は、僕のなかでは、銀座銀座(^^;につぐ知名度を誇っている商店街です。が、訪れるのは初めて…と言ったほうが良いくらいです。かなり以前に歩いた記憶はあるのですが、イメージの記憶は完全にとんでいます(^^;

そんな戸越銀座ですが、地下鉄の駅から地上にあがり、商店街を見通してびっくりです。こんな長い商店街というのは見たことがありません。どこまでも延々とつづく…という感じです。しかも、ほぼ直線で伸びていますから、その長さがいっそう強調されて見えます。すごい…。さすがに戸越銀座です(^^; 歩き甲斐がありそうです(^^;
が、歩きはじめてすぐに、雲行きが怪しかった空からポツポツと雨粒が落ち始め、そうこうするうちに雨脚が強まり、カサをささざるを得ないほどになってしまいました。しかも寒い。残念ながら、金物屋さんのような店に置いてあった295円(^^;のカサを買って、早々に引き上げてきました。

今日の写真は、東急池上線の踏切から、戸越銀座の通りを撮ったものです。このすぐ左手が戸越銀座駅です。このあたりは、電車利用客の姿も多いせいか、とても賑やかに見えました。戸越というより人越し…です(^^;
ま、冗談はさておき、さしもの戸越銀座も、外れに近づくと、さすがに人影もまばらになります。が、「ここは商店会がしっかりしていそう」というのが、今日受けた印象です。

【場所】品川区平塚2丁目あたりです。

ハンガー

| コメント(4)


これは、先日、立会川から北品川に向かって歩いていたときに、東大井 (駅で言えば鮫洲あたり) に残っていた古い長屋の路地で目にした光景です。ご覧にように、どうと言うこともない植物の鉢がぶら下がっていました。が、これがなかなかのものです。

写真左端に見えるのは、実は、物干し竿を掛ける支柱の一部です。そして、写真上端に見える板は、支柱がぐらつかないよう固定するために、家の柱に渡された板です。その両者が、額縁効果を生んでいて、そのなかに、奥の風景がうまい具合に収まって見えます。そして、前景には、この植物です。どう曲げたものか不明ですが、ハンガーを利用して、ちょうど良い位置にぶら下げられていました。右下には、ちゃんと錆びたトタンも…。無彩色に近い光景ですが、この渋さ…。ワザあり!です(^^; 参りました。

【場所】品川区東大井あたりです。

北品川の幻景

| コメント(6)

何でこんな写真を?と、疑問にお感じになると思います。確かに、単に駐車場として利用されている空き地です。近所の方の話では、30年ほど前から空き地のまま…ということでした。が、ということは、30年ほど前までは、ここに建物が在った…ということになります。そして、それがどんな建物だったのか?が問題です。
ここは北品川です。江戸期には品川宿が在った場所です。と言うと、もうピンときた方もいらっしゃると思いますが、そうなんです、ここには遊郭があったのだそうです。
近所にお住まいの、年配のご婦人の話では、「あさひ楼と言ったかな、この辺りでは、(改修していたため)いちばん新しい建物でしたよ」とのこと…。また、狭い路地1本隔てたところにお住まいの、やはり年配のご婦人からは、「通りに面した部分が3階建てで、後方は平屋。周囲には、女郎さんが逃げないように、高い塀が巡らされていましたね。女郎さんはいつもお腹を減らしていたので、私の母などは、よく、塀の隙間からパンを差し入れしてあげてました。それは可哀想でしたよ」との話を伺いました。
その前に、実は、この風化した石垣が気になって、写真に撮っていたのですが、そのご婦人の話では、この石垣が、ここにあった遊郭の唯一の名残だ…ということでした。妙な迫力を感じて撮っていたのですが、まさか…でしたね〜。この話、聞いたのは良かったのですが、その後、ズシ〜ンと響いてきました。この地の霊は、まだ眠りについていないだろう…なんてことを、本気で考えてしまいました。かなり重いですね。

【場所】品川区北品川2丁目あたりです。

南品川の一芸家

| コメント(14)

今日は、大田区を歩くつもりで家を出たのですが、京浜急行が鮫洲を出て、立会川に差し掛かる辺りで、瓦屋根の長屋が連なる一画が目に入り、急遽予定を変更。立会川駅で下車し、そこから、旧東海道沿いに、鮫洲、青物横丁、新馬場を経て、北品川まで歩いてしまいました。
どの町もそうですが、この辺りも、細かく歩いてみれば、思っていた以上に、興味深い風景が…散在状態ではありますが…潜んでいます。漁(撮影)から帰ってみれば、結構な水揚げ(^^;で、紹介したい風景が多々あります。が、ま、拙ブログの性格上、コツコツと…ということになります。
というわけで、今日の写真は、南品川にあったアート系家屋(^^;を撮ったものです。この家は、旧東海道に面しているわけではなく、ちょっと脇に逸れた場所に、人知れず(^^;建っている…という感じです。最初に目にしたときは、この左手に、波形トタン使用のバラック系の小屋のようなものがあるため、そちらに気をとられますし、この辺りは木々の陰に入ってやや暗いため、この建物の意匠に目が行きません。が、目が慣れてくると、超淡いピンクに塗られ、かなり経年変化した下見張りの壁や、格子やドット柄に塗られた板塀など、ひどく魅力的な家であることに気づきます。特に、板塀は、上半分にトタンらしきものが張られていて、それがペイントされています。部分的に切り取ると、もう完全に絵画の世界です。
これは、どう見ても、アーティストのお住まい…という雰囲気です。そうではない…とすると、逆に、ちょっとコワイものがありますが(^^;、実際にはどうなのでしょうか。気になります…。

【場所】品川区南品川2丁目あたりです。

これはもう何の説明も要らないと思います。ただただ凄いですね。
店先に、あれこれと書いた看板が置いてありますが、最初に気になったのが「フオ・カズが紹介した店」という看板でした。しかし、「フオ・カズって何?人?」状態で、ピンときませんでした。が、よく見ると、濁点は「ス」ではなく「か」にふってあり、「フオ」と「カス」の間の「・」は「ー」のつもりのようです。正解は「フォーカスが紹介した店」だったんですね。それに気づくまでに、ずいぶんと時間がかかってしまいました。というのも、この写真を撮ったのが、帰国して間もない頃だったため、「フォーカス」という写真週刊誌文化のことをさほど知らなかったのです。それを知っていれば、これを見た途端に「フォーカスが紹介した店」と読めるのでしょうが、日本のジョーシキを知らなかったがための悲劇でした(^^; [いまになって見ると、FOCUSとも書いてありますね]
しかし、「お気軽にお入りください」とも書いてありますが、ちょっと気軽に入るって気分にはなれませんよね。決死の覚悟で突入するって感じですか(^^; そして帰りは裏口から、なんて(^^;(^^; このお店、いまでも元気でやってらっしゃるのでしょうか?

【場所】品川区東大井あたりだと思います。

京浜運河

| コメント(6)

この河は、東京と羽田をつなぐ京浜運河です。浜松町からモノレールで羽田に行くときに、左手にこの景色が拡がります。
僕が立っている場所は、運河に架かった橋のうえです。右手に見えるのは八潮団地と呼ばれる集合住宅群ですが、そこへ渡る橋で、かもめ橋という名前がついていました。
この辺りは、異様に視界がひらけていて、都内の雑踏のなかで暮らしている者にとっては、かなりな異空間です。が、逆に言うと、殺風景で、工場地帯のような感じもあります。しかし、このときは太陽の光がとてもきれいでした。そこに消防庁の赤いパワーボートが曳き波を立ててこちらに向かってきます。その両者のおかげで、風景がガラリと表情を変えていました。一瞬、日本ではないような…。
ところで、この写真は十数年くらい前に撮ったものですが、ここの風景は変わりません。今でも、ほぼこのままです。

【場所】品川区八潮5丁目あたりです。

さめず昭和薬局

| コメント(12)

この写真は、おそらく1985年前後に撮ったものだと思います。が、撮った経緯も何も憶えていません。実は、場所すら記憶にないのです。ただ、看板に「さめず」とあるので、「そうだったかな〜」という程度で…(^^; 地図で調べてみると、鮫洲駅周辺の住所表記が東大井になっているので、「きっとその辺りで撮ったのだろう」という程度です。ま、この前に立ってシャッターを切ったという記憶だけはあるんですけどね(^^; あったり前ですか(^^;
でも、なんとなく、このクスリ屋さん、元々民家だったところに無理矢理お店スペースを設けたという感じがしませんか? なんとなく造りに無理を感じます。が、そこに想定の範囲外(^^;の魅力も感じるんですね。そして、「オットここにかい」という感じで唐突に立っている棕櫚の木も、風景に興を添えています。
街路灯から万国旗が伸びているところを見ると、ここは商店街の外れにでもあたるのでしょうか? このお店、いまでも健在なんでしょうかね? これを探すってのがまた大変です。でも、この可愛さですからね〜。そのうち鮫洲駅に降りてみることになりそうです。

【場所】品川区東大井あたりです[たぶん(^^;]。

1


ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2016 masa