NO NUKESの最近のブログ記事



昨日(11月21日)は、銀座で、ある展示会の打ち合わせをやっていました。それが終わってみると、ちょうど19時過ぎ...。「もしや右から考える脱原発デモ アフター5バージョンのデモ隊が銀座を通る時間では...」と思い、ソニービルの辺りで待ってみることに...。すると既にプランタンの辺りに幟が見えます。「おお〜お久しぶり!」とばかりに友人とともに飛び込むように合流。新橋まで参加させていただいてきました。

クラウンアーミーのルーツ



東京で行われる反原発デモのときに、デモ隊に華を添えかつ円満・円滑なデモの進行にひと役もふた役もかっているクラウンアーミーの中心人物です( "寺ベクレル和尚" の扮装でも有名)。
先日、あるデモの出発前に、彼としばらくお話しする機会がありました。その時に、彼らアーミーのルーツが、昨年末に日本にやってきた "2Wheels4Change" である...ということを知りました。これにはいささか驚きました。というのも、昨年、僕は偶然にも山谷で彼らに出会い、写真を撮っていたからです。世間は狭いです。
というわけで、2枚目以降は、日本にやってきて、日本の反原発デモのクラウンの種を蒔いていった4人のクラウンたちの写真です。

DeMoDe-3


@ Inokashirakoen, Tokyo, JP

パパママぼくの脱原発ウォークの出発前に撮らせていただいたショットです。3人でピッとポーズを決めてくださり、外せない仕上がりなのですが、これを先のエントリーに含めてしまうと、このカットが濃すぎて、エントリー全体がお笑い方向にシフトしかねません(^^; というわけで、前回は、こんな感じでご登場いただいたのですが、なんせこちらのカットの "怪しさ+おかしさ" がたまりません。また、このアクションのシンボルカラーである黄色を多用という律儀な一面も...。それにお洒落...。もうイイ感じです...。やっぱこれは別枠エントリーですね(^^; お名前も存知あげませんが、お三方...ありがとうございました!


■11月6日、武蔵野・三鷹で、"パパママぼくの脱原発ウォーク"が行われました。あいにくの雨模様でしたが、多くの参加者があり、ほのぼのとしながらも真剣なデモになりました。特に、子供さんの参加数は、これまでのどのデモよりも多かったのは間違いありません。その様子です。

脱原発デモ 11.05



■11月5日、渋谷で、もうすっかり定着した感がありますが、ツイッターでの呼びかけがきっかけとなったため、"ツイッターデモ"と呼ばれるようになった反原発デモ(第6弾)が行われました。その様子です。素晴らしい人々との出会いがあります。参加なさったことのない方...次回はぜひご一緒に!

九州電力前 緊急アクション



■九州電力は、11月1日の23時頃、玄海原子力発電所の4号機原子炉を起動。今後出力を上げつづけ、通常運転に復帰させる...ということが判明。あまりに唐突だし、あまりに愚劣...卑劣...。
というわけで、それに抗議するため、有志が、有楽町駅前の九州電力東京支社前に、ほぼ自然発生的に集結。真剣に抗議と怒りの声をあげました。その様子です。

DeMoDe-2



■反原発デモでよくお見かけするご夫妻...注目株です。ご本人は特に「目立とう」という気はなさそうですが、なんせにじみ出すユニークさ(^^; じわりと目立ってしまいます。例えば、大まじめな顔でフラリフ〜ラリこんな動き...どこかおかしい感じ(^^; 面白い! とにかく、ファッション感覚も凄いし、これからもデモのたびに楽しませていただけそうです!


■本エントリーは "アトミックサイト増殖ナイト" のつづきです。渋谷アップリンクでの展示 "アトミック・ショーケース" が、会期終了間際に模様替えされました。以下は、その部分に絞っての記録です。

DeMoDe-1


@ Shibuya, Tokyo, JP

反原発デモのたびにお目にかかる方です。
いつも奇抜なデザインの衣服や小物を身につけていらっしゃるのですが、
抜群にキレのある着こなしにより、それらがまったく浮くことなく、むしろ落ち着いてさえ見えます。
静かに強烈に視線を持っていかれます。



■10月30日、渋谷で、Act 3.11 Japanの主催による、反原発ハロウィンパレード(デモ)が行われました。準備期間が全くと言ってよいほど無かったこともあって、参加者数はそう多くはありませんでしたが、その分、家庭的(^^;とも言える暖かデモになりました。以下その様子です。

アトミックサイト増殖ナイト



■昨夜(10月26日)、渋谷のアップリンクで、「WHO CARES? ソーシャル・アートの可能性 Vol.7 アトミックサイト篇」なる催しがありました。ここでは、トークショーに先立って、この夏に「アトミックサイト展」で行われたライブ "原発供養の夜" のビデオ作品が上映されるということもあり、アトミック木枯らし1号(^^;の吹き荒れる渋谷の街に出かけてきました。以下はその催しの様子(...というよりも印象と言ったほうが適切?)です。


■10月22日、これまで数々の反原発デモを支えてきたグループが連帯し、渋谷で反原発デモが行われました。これは10月1日にアメリカで開催されたRally for a Nuke-Free Worldに呼応するアクションでもありました。以下はその様子です。

食堂アンチヘブリンガンで...







そうですね...もうかなり前のことになりますが、水道橋にある "食堂 アンチヘブリンガン" を紹介させていただいたことがあります。
今日、大切な友人と水道橋でミーティング。「それではアンチへ...」ということになり、ほんとに久々に、昼食がてら訪ねてきました。しかしこのお店...時を重ねるごとに魅力を増しています。やっぱご主人の素敵なお人柄からなんですね、これは...。で...です。店内に "NO NUKES !" の文字を見つけ「あ〜やっぱり」と思うと同時になんだか嬉しくなって、シャッターを押してきました。そして早速エントリーです!

OCCUPY TOKYO @ 六本木






冬支度


@ Ebisu, Tokyo, JP

怒りのドラムデモ10.09 の "音"

エントリー "反原発デモに響くドラムの音" で紹介したドラム隊の音ですが、怒りのドラムデモ10.09の際も、Across the Street Soundsの新島さんが録音をしてくださいました。

そして、本日、調整や編集を終えた"音"ファイルをネット上に公開してくださいました。こちらのエントリーからぜひお聴きになってみてください。

イルコモンズ 怒リノハーツ クラブバンド (^^;な素晴らしい仕上がりです!

■関連記事:Across the Street Sounds "311以降の東京に現出した音風景"
■関連記事:イルコモンズのふた。"怒りのドラムたちが街に残していったもの"

笑ってよ...ぼくのために



クラウン・アーミーのみなさん
いつも...デモのたびに、ありがとう...。

怒りのドラムデモ 10.09


@ Ebisu, Tokyo, JP

■エントリー「反原発デモに響くドラムの音」で紹介したドラム隊の方々の呼びかけで、「怒りのドラムデモ」が行われました。何かを叩く音によって、原発ムラ+周辺への怒りを表現しぶつけよう...というわけです。
というわけで、僕も「いっそドラムで参加したい!」とも思ったのですが、そこはそれ(^^; やはりカメラを抱えての参加になりました。以下はその様子です。

怒りのドラムデモ



"怒りのドラム デモ" が行われます。
日時: 2011年10月9日(日)16時45分スタート
場所: 東京・恵比寿 恵比寿公園 → 渋谷 神宮通公園
詳細についてはこれからこちらのサイトで順次発表されるようです。そちらをチェックのうえ、
できるだけ多くの方がご参加くださるよう願っています。

■関連エントリー:反原発デモに響くドラムの音


2011-04-24 @ Shiba, Minato, Tokyo

311以後、非力ながらも反原発の声をあげる身近な方法はデモに参加することだ...と思い、4月24日のデモ初参加以来、できるかぎりのデモに参加してきました。そこでいつも出会う人たちがいます。デモ行進のあいだじゅう、肩から提げたドラムを叩きつづけ、デモ隊を先導してくれる人たちです。固定されたメンバーはなく、人数が多いときもあれば、少ないときもあります。サウンドもその時々で流動的に変化します。
ただし、核となる人物は存在します。シャーマンの弟子・アクティビスト人類学者・現代美術(評論)家のイルコモンズさん(チェックシャツ姿)です。そして、もうおひとり、やはり中心的役割を果たす方がいらっしゃいます。アクティビスト音楽評論家の鈴木孝弥さん(黒キャップ姿)です。
<<前のページへ 45678910|11|121314 次のページへ>>


ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2019 masa