NO NUKESの最近のブログ記事

永田町 08.16


@ Nagatacho, Chiyoda, Tokyo

先週につづき、金曜夕方に永田町で行われる反核抗議アクションに参加してきました。その様子です。ところで、トップの写真に写っているEuthanabe (ユータナベ)なる単語ですが、最近欧米に登場した造語で、フランス語のEuthanasie(ユータナジー/安楽死)とAbe(アベシンゾー)をかけたものだそうです。意味は「アベノミクスは日本経済を安楽死させる」とのこと...。ま、そればかりか...ですね(^^;

おひとがら


@ Nagaracho, Chiyoda, Tokyo

先週に引き続き、総理官邸前反原発アクションの頭数になりに行ってきました。その様子は明日にでもアップしますが、先行してこの1枚...。言うまでもありませんが、左から...吉良よし子さん(参院議員)、笠井あきらさん(衆院議員)、ミサオ・レッドウルフさん(反原連)です。吉良さんや笠井さんは、選挙の前ばかりではなく、そのずっと前から...そして選挙が終わった後も、こうして、アクションに"参加"なさっています。今日はもうお一方、以前から、こうしたアクションの場でいつものようにお見かけする姿もありました。福島みずほさん(衆院議員)です。やはり、こうした距離感ってとても重要だと思います。信頼感の基盤...というのか...。

この映像中で紹介されるジョー・オダネル(Joe D'Donnell)氏撮影の写真は、同氏の言葉を添えて、『トランクの中の日本 - 米従軍カメラマンの非公式記録』として出版されています。

永田町 08.09


@ Nagatacho, Chiyoda, Tokyo

永田町で、金曜日の夕方、恒例のように行われる反原発抗議行動に、久しぶりに参加してきました。トップの写真は、総理官邸前の抗議ブースで撮ったもの..。トリコロールが決まってるし、抗議行動とはいえ、素敵な図でした.[こちらが全体図]! てなわけで、以下...その様子です。

ゲリラカフェ@永田町


@ Nagatacho, Chiyoda, Tokyo / Guerilla Cafe

昨日、ひっっさしぶりに、金曜日の永田町(官邸前反原発抗議行動)へ行ってきました。で、噂には聞いていたゲリラカフェ(かくめい喫茶)にも立ち寄り、写真を撮らせていただきました。しかし、どことなくグレイトフル(^^;で良い感じ。常連になってしまいそうです。

DeMoDe-14


@ Iwaki, Fukushima, JP



@ Shinjuku, Shinjuku, Tokyo

赤鬼と青警官


@ Nagatacho, Chiyoda, Tokyo

DeMoDe-13


@ Nagatacho, Chiyoda, Tokyo

DeMoDe- Grateful Leica


@ Jingumae, Shibuya, Tokyo

DeMoDe-11


@ Uchisaiwaicho, Chiyoda, Tokyo

DeMoDe-10


@ Shinjuku, Shinjuku, Tokyo


@ Kasumigaseki, Chiyoda, Tokyo

DeMoDe-9


@ Shinjuku, Shinjuku, Tokyo


@ Shinjuku, Shinjuku, Tokyo

去年の6.29官邸前


2012-06-29 @ Nagatacho, Chiyoda, Tokyo


2012-06-29 @ Nagatacho, Chiyoda, Tokyo

こんなことが起きたのが、ちょうど1年前...去年の6月29日でした...。

第五福竜丸と死の灰


@ Yumenoshima, Koto, Tokyo / Daigo Fukuryu Maru


@ Yumenoshima, Koto, Tokyo / Nuclear Fallout

nonuke magazine - Italy



イタリアの反核サイトに本ブログの写真が掲載されました。記述がすべてイタリア語なので僕は読めないのですが...。

夜 警備


@ Nagatacho, Chiyoda, Tokyo

迷 走


@ Udagawacho, Shibuya, Tokyo

グローバル・ボイス


TUNAGU&TUMUGUとゼロノミクマ


@ Kasumigaseki, Chiyoda, Tokyo / ☞ TUNAGU&TUMUGU

国会前 03.22


@ Nagatacho, Chiyoda, Tokyo
<<前のページへ 1234|5|67891011 次のページへ>>


ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2019 masa