NO NUKESの最近のブログ記事

反原発チャリデモ隊 11.02


@ Nagatacho, Chiyoda, Tokyo

前回紹介したチャリデモ隊...11月2日の官邸前&議事堂前抗議でも、ゆるやかに編隊を組んで周回を重ね、しっかり集会を盛り上げてくれました。もうドラム隊同様...欠かせない存在です。今回は写真4枚だけですが、とりあえず...。

永田町~霞ヶ関 11.02


@ Nagatacho, Chiyoda, Tokyo

冬の感触を強く感じるようになった11月2日の金曜日。この日も、 夕方から、官邸前と議事堂前で、これまで通り粛々と反原発抗議行動が行われました。/ トップの写真は、参加者を迎える準備がほぼ整った抗議ブースです。日が暮れるのが早くなりました...。

経団連会館前抗議 10.30


@ Otemachi, Chiyoda, Tokyo

これまで通りに私腹を肥やすことさえできれば、「原発ゼロ」を望む国民の声そして世界的趨勢など眼中にない日本経済界。その代表たる経団連に対し、10月30日、大手町の同会館前で、抗議が行われました。その様子です。トップの写真は、大手町1丁目の交差点に、経団連会館を覆うようにひるがえる、KY生さんご愛用のフラッグです。

永田町~霞ヶ関 10.26


@ Nagatacho, Chiyoda, Tokyo

秋なのにいつまでたっても暑いな〜などと思っていたら、突然気温が下がり、不意をつかれて風邪をひいた...という方も多いのではないかと思いますが、かくいう僕も、寒さには弱く、風邪気味で、しばらく反原発アクションをお休みしていました。が、どうやら体調が持ち直した昨日(10月26日)の夜、恒例の官邸前アクションに参加してきました。その様子です。

ケロミンのコール


@ Nagatacho, Chiyoda, Tokyo

【追記】このカエルくんですが、実は電子楽器で、大きいほうがケロミン、小さいほうがコケロミンという名前だそうです。紹介ページがこちらにありました。

NO NUKES 手芸系


@ Shibuya, Tokyo, JP



@ Funabashi, Chiba, JP

■手芸系というとこちらも欠かせません!

旅の途上デモ


@ Nagatacho, Chiyoda, Tokyo

荷物満載の自転車にまたがり、5日の永田町〜霞ヶ関のチャリデモに参加なさっていた方です。すごい荷物です。この角度から見るとその満載ぶりが分かります。
どう見ても、日本縦断とか一周といった旅の途上...という匂いがします。直接お話ししませんでしたので、実際にどうなのかは不明です。が、強者であること...間違いないですね。

反原発チャリデモ


@ Nagatacho, Chiyoda, Tokyo

チャリデモという言葉...聞き慣れないな...とお思いの方も多くいらっしゃると思います。これは、毎週金曜の夕方に官邸前で行われる抗議行動のときに、歩道に立って抗議をするかわりに、永田町〜霞ヶ関一帯を自転車で走りまわりながら抗議をする...という新しい抗議行動スタイルです。このチャリデモは、警察による歩道での規制が強まるにつれて参加者の数を増やしていった...という印象があります。最近では、数十台以上(100台を超えているかも?です)の自転車が走りまわり、壮観になってきました。そして、もう誰の目にも、"金官"風景の一部として定着した感があります。
そんなわけで、その様子を特集(^^;を組んで紹介しなくては...と思っていたのですが、なんせ相手は自転車...動きます(^^; 撮るのが大変。なかなか思ったようにはいきません。が、今回やっと「なんとかこれなら...」という程度ですが、まとめることができましたので、チャリデモの様子...紹介です。

永田町~霞ヶ関 10.5


@ Nagatacho, Chiyoda, Tokyo

恒例になった金曜夜の永田町〜霞ヶ関一帯での反原発抗議行動...10月5日の金曜日も粛々と行われました。その様子です。

graswurzelrevolution 10月号



ドイツのアナーキスト新聞「graswurzelrevolution (草の根革命)」10月(372)号に「拡大する日本の反原発運動」という記事が、本ブログの写真を添えて、掲載されました。興味をお感じになる方もいらっしゃるのでは...と思い、紹介させていただきます。新聞の該当ページのPDF記事訳文を用意しましたので、よろしければダウンロードし、ご一読ください。これまでの反原発運動の展開がわかりやすくまとめられています。

10.2 緊急!自民党本部前抗議


@ Nagatacho, Chiyoda, Tokyo

10月2日、自民党本部前で、長年与党として原発を推進し事故の原因を生み出した責任があるにもかかわらず、その過去への反省すらないまま民意を軽んじている自民党に対する抗議行動がありました。その様子です。

反原発デモ 9.30


@ Jin'nan, Shibuya, Tokyo

9月30日、渋谷で、"ツイッターデモ"と呼ばれる反原発デモが行われました。が、あいにく台風17号が接近中。デモがスタートすると間もなく、ザーッと雨が降りはじめてしまいました。その後、小降りになり、デモ隊は頑張って最終地点まで到達したとのことですが、僕はカメラのこともありますので、早々に離脱させていただきました。頑張った皆さん、申し訳ありませんでしたm(__)m というわけで、デモの行程のほんの一部の記録になりましたが、ともかく、その様子です。

永田町~霞ヶ関 9.28


@ Nagatacho, Chiyoda, Tokyo

恒例になった金曜夜の官邸前&議事堂前での反原発抗議行動ですが、9月28日の金曜も当然のように行われました。写真は、昨夜の、主に議事堂前の抗議ブース周辺の様子です。

Pattiwolf


@ Nagatacho, Chiyoda, Tokyo

永田町~霞ヶ関マップ



このところ、総理官邸前や国会議事堂前、省庁前などに(抗議に)行く機会が多いのですが、それらのある永田町から霞ヶ関にかけては、とにかく区画がゆったりというより大き過ぎ、道路幅も広過ぎで、なんとも地理的位置関係が把握しにくいところです。
そんなわけで、自分用のメモを兼ねて、一帯の地図(ちと古い)をアップしました。ついでですので、あの一帯の土地歴をちょいと知ることができるよう、明治期の地図(中央)と江戸切絵図(右)も掲載です。
また、ご興味おありの方もいらっしゃるか...と思い、"現代と明治期を重ねた地図" も用意してみました。

■掲載した地図は『江戸明治東京重ね地図』から切り出したものです。

永田町~霞ヶ関 9.21


@ Nagatacho, Chiyoda, Tokyo

毎週金曜日の夕方、国会議事堂や省庁の集まる永田町・霞ヶ関一帯で行われる野田政権や官僚に対する抗議行動ですが、もう特別どうのこうのというものではなく、すっかりカジュアルな感じ...日々の生活の延長感...が感じられるようになりました。かく言う僕も、最近では、準備整えて早めに官邸前のブースへ...というのではなく「ちょいと金官行ってくるか」と、自転車のペダルを踏んで...という感覚になってきました。そんな調子でブラリと出かけた昨日金曜日の永田町の様子です。
トップの写真は議事堂前の歩道で撮ったものですが、こうして人影が少ないと、何か異様な雰囲気が漂います。

反骨ラプソディ


@ Funabashi, Chiba, JP / 600x900

@ Funabashi, Chiba, JP

9月17日、野田首相の地元・船橋で "野田退治" と銘打ったデモの第4弾が行われましたが、このデモ...なかなか趣向が凝らされていて、すんなりとは紹介しきれません。というわけで、こちらこちらこちらのエントリーで、その前哨戦や集合場所の雰囲気などをお伝えした次第です。そして、今日やっと、そのデモの様子です。

@ Funabashi, Chiba, JP / 写真は、9月17日、野田首相の地元・船橋で行われた "野田退治デモ 第4弾" の集合地点(天沼弁天池公園)での風景です。で、こちらがチャリ発電です。ペダルを踏むと、最初はヘルメットのランプが点灯します。そして、もうすこし(実はかなり)頑張っていると、扇風機が回りはじめ、ペダルを踏んで汗だくの自分にいくらか風を送ることができるようになる...という趣向です。このバカバカしさが非常に良くて、見てると嬉しくなります。もう大笑い。運営している彼らの表情も見てください。人柄の良さを正直に物語っています(^^; いいもの見せてもらいました。ありがと〜。(緑Tシャツの胸のマークがPUMAではなくBUTAというのも注目です!)



@ Funabashi, Chiba, JP / こちらはソーラー発電かき氷のコーナーです。左手前に黒く見えるのがソーラー発電パネルです。その上に見えるのが蓄電池。そこから削氷器に給電しています。一杯100円だったかな...。暑かったので大人気でした。で...こちらも思いのほか味のある写真になりました......(^^;

希望の牧場から







9月17日、野田首相の地元・船橋で行われた "野田退治デモ 第4弾" の集合地点で、"希望の牧場 ~ふくしま~" さんによる、被災地の動物たちのひどい状況を写した写真展示がありました。思わず目をそむけたくなるのですが、それではいけないのですね。この若い女性は、写真一枚一枚を、どこか遠くを見つめるような目で丁寧に見てまわり、さらに、それらを自分のカメラに収めていました。[記:この写真展示は、支援団体の方によるものかもしれません。]
<<前のページへ 34567|8|910111213 次のページへ>>


ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2019 masa